NHK札幌放送局

川にコンクリートの塊が放置!?堰の洪水リスクを調べました シラベルカ#53

シラベルカ

2021年6月9日(水)午後9時06分 更新

皆さんの疑問に答える「シラベルカ」、今回の投稿は「川の安全について」です。 

「石狩川に設置されている堰(せき)の上流側では水位が高いです。堰があると水があふれやすくなりませんか?」
(深川市在住の70代男性)

川に設置されたコンクリートの塊、その名も「堰」。
堰は、主に農業や発電に使う水を確保するなどの目的で川の水位を調節するものです。
投稿者は「堰」によって生じる川の水位の違いに着目。
上流の水位が高くなることで大雨の際にあふれやすくなっているのではないかと心配しています。

今回の疑問を担当したのは
大学時代は河川系の学問を専攻していた災害担当の臼杵記者と、
河川の知識がゼロの状態から取材をスタートした梁取ディレクターです。
今回の取材では、ちょっと見ただけでは気づかない「堰」の重要な役割も見えてきました。

投稿者の疑問は?

今回の投稿者の疑問は大きく2つに分かれています。

1 「堰があることによって上流側の水はあふれやすいのか」
2 「堰の上流にある深川市中心部、その浸水予想が周りより深いのはなぜなのか」

取材班はこの2つの疑問に答えてくれそうな2人の人物を見つけました。
1人目は河川を管理している「北海道開発局の担当者」岩井真央 河川計画課長。
2人目は川の流れのメカニズムを研究している「北海道大学の専門家」泉典洋 教授です。
さっそく疑問に対する2人のお答えを順番に紹介していきます。

(写真左:岩井課長/右:泉教授)

その1.堰があると上流側の水はあふれやすい?

1つ目の質問に対する2人の回答はこちら!

岩井課長
「堰の影響というよりは、上流側の河道、川の器の大きさが問題となっている。器の大きさが足りていないところについては、計画に基づいて掘削を行っていくことになっています」
泉教授
「堰の上流の方が下流に比べて河床(川底)が高くなっているので、川岸にある堤防の高さが同じであれば、あふれやすくなります。ただし、上流側の川底が高いというよりは下流側の川底が掘れて下がりすぎてしまっていると思います」

2人の話を要約すると、

▼川底が高い上流側のほうがあふれやすくなるのは事実
▼一方で、堰のせいで上流側の川底があとから高くなったわけではない
▼高い方の川底も建設用の大型機械などで掘る工事を進めているので心配はいらない

ということでした。
実際、泉教授は次のように話しています。

泉教授
「どうしても堰があると、周りの住民の方が、それによって被害が大きくなるのではないかと思われますけど、きちんと流れの流量を計算してみると、それほどでもないということが分かります」

コラム① 今回の舞台はどこ?

順番は前後しますが、今回の舞台を紹介します。
投稿者の男性が疑問に思った堰があるのは、北海道の深川市。
石狩川に架かる深川橋から下流に500メートルほどの場所にあります。
その落差はなんと4.3メートル。
石狩平野に農業用水を引き込むために昭和39年(1964年)につくられました。

その2.深川市中心部は浸水が深い予想だけど、堰は関係している?

2つ目の質問に対する2人の回答はこちら!

岩井課長
「堰の要素というよりは、その地区の地盤の高さや低さが影響している可能性が高い」
泉教授
「直接関係ないと思う。支川が入っている部分に、おそらく旧河道とかがあり、もともと低い土地だったんじゃないかと思います」

2人の話を要約すると、

▼深川市のハザードマップの浸水予想と「堰」は関係なし
▼浸水予想が深くなっている要因は、地盤の低さが考えられる

ということでした。
実際、岩井課長は次のように話しています。

岩井課長
「昔の古い地形を見ていくと、ちょうど深川市の中心部には古い河川が流れていたという記録もあります。一般論で言えば河川があった場所というのは周りから水が集まってくるという箇所になるので、洪水が起きた際に浸水の深さが深くなる可能性はあるかと思います」

その3.使われていない取水堰、なぜ残されている?

これにて、投稿者の2つの疑問も解決し一件落着。
そう思いましたが、取材班は1つの事実に気がつきます。
今回取材した「堰」は農業用水を取水する役割をすでに終えているのです。
では、なぜ役割を終えてなお残されているのか。
新たな疑問をぶつけたところ、2人は驚きの回答をしました。

「「堰を取り外すと、最悪の場合には深川橋が倒壊します」」

えっ、橋が倒壊するってどういうことですか!?

実は、堰には農業用水を引き入れる以外にもう一つ大きな役割があるというのです。
それは、「川底の安定化」。
つまり、川底が削れすぎないようにする効果です。

泉教授
「堰があることによって上流の川底の高さがある程度維持できている。それを取ってしまうと、堰によって止められていた土砂が下流に流れていってしまいます。橋は十分な強度を計算して、基礎を川底の下に埋めてあるから、それが露出してしまうと十分な強度を発揮できなくなってしまうのです」
岩井課長
「深川市の取水堰は、もともと2段の落差がありました。しかし、そのうち上段の落差については農業用の役割がなくなった段階で平成11年(1999年)に撤去されているんです。
ただし、下の段も撤去してしまうと堰より上流側の川の底が掘れすぎてしまい、橋や護岸といった構造物への悪影響が懸念されます。ですので、現在も引き続き設置をされているという状況です」

今回取材した堰はもともと2段式、それでも1段残された背景には橋の安全を維持する役割があったのです。こうした役割、専門用語では「床止め(とこどめ)」と言うようです。

コラム② 河川の洪水対策の現状は?

今回取材した、石狩川は1級河川と呼ばれる大きな河川のため国の出先機関である北海道開発局が管理をすることになっています。
こうした大きな河川では、河川を管理する組織が今後の整備方針などを決めた河川整備計画というものを策定することになっています。
この河川整備計画に基づくと、石狩川では「56水害」(昭和56年(1981年)8月に石狩川が氾濫するなどして10人が死亡、建物被害が4万3000棟あまりとなった災害)に耐えられるように整備を進めることになっています。
実際、今回の「せき」の上流については、現在も川の底を重機で掘るなど洪水対策の工事が進められているということです。

その4.堰は今後どうなる?

しかし、急激な気候変動により予想外の災害が頻発している現代。
過去の災害時以上の大雨が降って、大規模災害になる可能性も否定できません。
こうした状況を踏まえて、「堰」は今後どうするべきなのか2人に聞きました。

泉教授
「堰は土砂が流れてしまうのを防ぎ、川に造られた橋や護岸といった構造物の安全性を確保するために現在は残されています。しかし、いまはいろいろなところで大雨が増えている。川底が削れるということは、川で流せる水の量が増えるということにもなりますので、使われていない堰、いわゆる床止めのために使われているような堰は、是非見直していく必要があると思います。その上で問題になるのが予算です。撤去するにしても、莫大なお金がかかる。どっちが優位なのか、撤去することでさらに橋を造り直して、護岸を造り直すほどに洪水で困っているのかですよね。そのバランスをみて、行政は整備していると思います。というか、税金ですから、そうやってもらわないと困ります。また、インフラ社会基盤、土木、道路、トンネルなど高度経済成長期に造られたものが続々と寿命を迎えていて更新しないといけない時期になっている。地方公共団体は沢山老朽化した橋とかを持っているので、それをいかにメンテナンスするのかという問題にもつながってきます」
岩井課長
「当面の対策としては堰より上流側について川の掘削、掘る工事を進めていますが、将来的には気候変動による災害の激甚化とか頻発化といった観点、影響も踏まえながら堰の取り扱いについて検討を進めていく可能性があるかなと思っています。その上で、もし堰について工事を進めるとなった時には上流側の橋等々にも影響を与える可能性がありますので、そういった橋にも影響をなくす、あるいは少なくするような工事を行っていく必要が出てくるかと思っています」

最後に

みなさんのご自宅の近くの川もいつ氾濫するかは分かりません。
道内でも2016年には4つの台風がもたらした大雨による洪水で死者・行方不明者あわせて6人の被害が出ました。
自分の命を守るためにも日ごろから災害リスクの把握に努めていただければと思います。

「シラベルカ」では皆さんの疑問やお困りごとなどを募集しています。
専用の投稿フォームから小さなことから大きなことまで、感じた疑問をお寄せください!
一緒に北海道を「シラベ」尽くしましょう!

「洪水リスク」が気になる方は、こちらの記事もどうぞ↓
#52北海道にはなぜ梅雨がない?蝦夷梅雨との違いは? 
北海道にも梅雨はあるの?調べてみると、北海道で雨が増えてきていることがわかりました。
「気象災害」が気になる方は、こちらの記事もどうぞ↓
#45火山性地震と火山性微動の違いは何?
噴火の予兆は火山で異なる!?キーワードを押さえておきましょう。

取材チーム

NHK札幌 臼杵良記者(左)/梁取祐紀ディレクター(右)

シラベルカ トップページ

2021年6月9日

関連情報

シラベルカ#15 ~夜になると赤く光るハウスの正体は?

シラベルカ

2020年7月10日(金)午後6時39分 更新

スピードスケートの記録 シラベルカ#43

シラベルカ

2021年3月5日(金)午後1時07分 更新

大学は夏までオンライン授業。不安です!シラベルカ#12

シラベルカ

2020年6月19日(金)午後3時03分 更新

上に戻る