NHK札幌放送局

北海道まるごとラジオ 放送記録 ▼2019/11/7放送

北海道まるごとラジオ

2019年11月20日(水)午前11時05分 更新

今回のテーマは、「天気とこころ」。
ゲストは、精神科医香山リカさん。 

変わりゆく季節や、日々の天気にまつわる言葉などを、私たちの「こころ」はどう感じるのか、伺いました。

この日は(7日・木曜日)昼すぎに、札幌市で初雪が観測されました。
まるごとラジオの冒頭でも天気にまつわる話をしましたが、普段、あいさつや会話の中で天気の話をすることがありますよね☆
香山さんによると、天気は会話のきっかけにもなりますが、それぞれ苦手な季節や天気の変化によって体調が悪いなどがあるように、私たちにダメージを与えることもあるそうです。これまでは、この体調の変化が気のせいだとか、冬は寒いから気持ちが落ち込むのではないかとしか考えられていなかったそうですが、最近は研究が進み、天気の変化に伴って体に影響があり、心の調子も変わることが証明されてきているそうです。

香山さんがラジオの中でお話ししてくださった、天気は体・心と関係しているということを紹介します。

【天気と体や心】

気圧が変わると頭痛がする。特に低気圧が通ると、めまい・吐き気・頭痛がするなどが・・・。
低気圧が原因で頭痛が起きるというのは、気の持ちようじゃないことがわかってきたそうです。頭痛は、耳の奥の「内耳」という、バランス感覚をつかさどるところで、ここが敏感な方は気圧の変化を、「乗り物酔いが起きている」ととらえる説もあるそうです。

漢方医学では、気圧が下がってくると体の中に水分がたまりやすくなってしまうので、耳や血管に影響が出るのではないかという話もあるのだとか。水分(汗)を出すような漢方薬を使ったりすると、頭痛が治まるという方が多くいるそうです。

普段、漢方薬を使わなくても、水を適度に飲んで半身浴に浸かってじんわり汗をかくと、頭痛が楽になることがわかってきているようです。

【冬になると気持ちが滅入る?】

みなさんは冬になると気持ちが滅入る、春になると気持ちが明るくなるという経験、ありますか?香山さんによると、最近、冬だけうつ病になるという方もいるそうです。冬の日照時間(光を浴びる時間)がうつ病と大きく関係しているということもわかってきたといいます。

そんな冬の季節でも気持ちが滅入らないようにするために、
予防としては…
・冬の間でもなるべく規則的に起きて、夜は寝る。
・天気が良いときは外に出て、日光を浴びる
・自分の生活の中の工夫で、楽しいことを増やす、面白くできることをやってみる

ということが大事だそうです。
「寒くなりましたね~」ではなく冬はいいものということを前向きに、明るい言葉を言っていくことがおすすめだそうです。

天気を前向きに受け止める言葉を発するという方法です。

・けっこうなおしめりですね
・すごしやすくなりましたね
・子どもたちが雪合戦を楽しむ季節になりました
・鍋やホットワインがおいしい時期ですね など

最後に、香山さんから一言!
これから訪れる冬。なるべく今年は前向きに冬を楽しむようにして、元気に乗り切ってほしいです。

▼番組で紹介した曲
金木犀の花/キンモクセイ
TAKE ME HIGHER/山木将平
オレンジ/SMAP
冬がはじまるよ/槇原敬之


関連情報

北海道まるごとラジオ 放送記録 ▼2020/3/5放送

北海道まるごとラジオ

2020年3月11日(水)午後3時29分 更新

まるごと雑談ラジオ~がんばろう北海道~

北海道まるごとラジオ

2020年3月9日(月)午後5時10分 更新

北海道まるごとラジオ 放送記録▼2020年2月27日

北海道まるごとラジオ

2020年3月26日(木)午後4時03分 更新

上に戻る