NHK札幌放送局

北海道・初山別村のコンビニで「ドキュメント72時間」 担当ディレクターが語る舞台裏

道北チャンネル

2023年3月6日(月)午前10時20分 更新

毎回ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間模様を72時間にわたって定点観測する「ドキュメント72時間」。3月10日(金)の放送の舞台は、日本海に面した北海道・初山別村のコンビニです。担当ディレクターに制作の舞台裏を聞きました。

偶然出会った人たちの話に耳を傾け、“今”という時代を切り取る「ドキュメント72時間」。3月10日(金)の放送の舞台、北海道の留萌管内・初山別村は、日本海に面した、風の強さや厳しい寒さで知られるところです。「ドキュメント72時間」のロケは1月下旬の3日間行われました。

制作にあたったのは、長く続く番組「ドキュメント72時間」の制作本数が誰よりも多いというベテランディレクターの佐藤理幸さん。

佐藤さんは今回なぜ72時間の舞台に初山別村のコンビニを選んだのでしょうか?

北海道の中でも特に冬の環境が厳しいといわれる地域で、人口1000人ほどの村に1軒だけあるというコンビニ。
どんな人たちが、何を求めてやってくるのか。
東京にいてはわからない地域の暮らしが見えるのではないかと思い、今回の現場を選びました。

ロケが行われたのは1年で最も寒さの厳しい時期の1月下旬。映像的には寒さが厳しいほうが他の地域との差がはっきり出るのでいいのかもしれませんが、どんな感じだったのでしょうか。今回のロケ中に最も苦労した、困った点はなんでしょうか?

寒さと雪です。東京から伺った私たちにとって、寒さと雪は想像以上のものがありました。
この番組では、3日間、街の風景や建物の外観を撮影し続ける定点カメラを設置するのですが、カメラが寒さで止まらないように保温したり、雪除けの屋根を作ったりと、苦労しました。
なんとかカメラは止まらずに撮影できたので、そこも注目して見ていただければと思います。

ロケチームは様々な人間模様を72時間にわたって定点観測します。この72時間の撮影内容をおよそ30分間の番組にまとめる編集作業ではどんな感じだったのでしょうか。今回の編集作業で最も悩んだ、苦しんだ点はなんでしょうか?

特別に悩んだり苦しんだりしたわけではないですが、雪や寒さなど、この地域の冬が伝わるようになっているか、また、お話を伺った方々を通して、この地域での暮らしぶりが描けているか、そのあたりを気にしながら制作しました。
ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

同じ時代に居合わせた私たち。 みんな、どんな事情を抱え、どこへ行くのか。北海道・初山別村のコンビニで定点観測した「ドキュメント72時間・冬の北海道 村のコンビニで」は3月10日(金)午後10時45分から総合テレビで放送します。ぜひご覧ください。


関連情報

サタデーウオッチ9「推しプレ」

道北チャンネル

2022年7月27日(水)午後3時21分 更新

“美瑛町の風土感じるチーズを”  小熊章子さん

道北チャンネル

2023年1月19日(木)午後1時02分 更新

「春の翼」特集第3弾!地元・羽幌町の方々へのインタビューを…

道北チャンネル

2022年5月27日(金)午後4時01分 更新

上に戻る