NHK札幌放送局

1/19(水)ひるナマプラス 「水引を楽しく結ぼう」

ひるナマ放送記録

2022年1月21日(金)午後4時51分 更新

ご祝儀袋などでよく目にする「水引」。もともと手芸店、文具店で買うことができましたが、最近では100円ショップでも扱うお店が増えてきました。というのも、最近、水引を使ったアクセサリーや小物が人気で、水引結びをする人が増えているのだそうです。 そこで今回は、簡単な結び方と日常使いできる使い方を専門家の方にうかがいました。 教えてくれたのは、和モダン水引協会の公認講師 青野紗代(あおの・さよ)さんです。 

そもそも水引とは、和紙をこより状にした飾り紐のこと。水引には物事を清め邪気を払う力、人と人を結びつける縁結びの意味があることから、大切な贈り物に水引を結ぶという伝統文化が生まれました。贈り物に使うときは目的によって結び方が異なり、本数、色にもそれぞれ意味があります。(昔からある結び方だけで20種類くらいはあるそうです)

水引結びは、日常生活のなかでも様々なものに応用することができます。
●季節に応じた壁掛け

●アクセサリー

●立体的な小物

今回は水引結びの基本となる「あわじ結び」と「梅結び」を教えていただきました。
(水引は長さが90㎝。長いままだと扱いづらいので1/3か半分に切ってから使います)

★結び方① 「あわじ結び」
①水引は結びやすくするため、最初にしごいて、やわらかくしてから使う
②水引の中心あたりで右側が上にくるように交差し、しずくの形にする
③交差したところを右手で持ち、水引を1本ずつ引っ張る
④左手側にある水引で輪を作り、先ほどのしずくの上に重ねる

⑤重ねた部分を左手で持ったら、左に90度回転させ、ひらがなの「め」のような形にする
⑥左手側の水引を右手側の水引の上を通るよう、手前に持ってくる
⑦「め」の右側のスペースに水引を裏側から表側に通す

⑧続けて真ん中のスペースに表側から裏側へ、左のスペースに裏側から表側へ、ジグザグに水引を通す
⑨通した水引の端を引っ張る(内側の水引から1本ずつ引っ張る)

⑩結びを小さくしたい場合は、上の左右の輪を両手で持ち、左右下方向に引っ張る
⑪締まった中心部分を持ち、左右の水引を1本ずつ引っ張り形を整える
⑫3つの輪を整えたら、完成

★結び方② 「梅結び」
①あわじ結びの左を持ち、水引の端を中央の輪の中に、表側から裏側へ入れる
 (水引を1本ずつ引っ張り輪を小さくしていくと、4枚の花びらのようになる)

②右側の端を4枚目の花びらの輪の中に、表側から裏側へ入れる
 (この時も水引は1本ずつ、少しずつ引っ張り、輪の大きさを整える)

③裏返して、花びらからはみ出した余分なところをハサミで切る
④切ったところに木工接着剤をつけて固定する
(接着剤をつけたら洗濯ばさみなどで押さえると◎)
(扱いに慣れてきたら、ワイヤーを巻き付けて固定する方法もあり)
⑤切り口を固定したら、完成

※水引の本数、色を変えると雰囲気も変わります。
 本数が増えると輪を整えるのが少し難しくなりますが色の組み合わせも楽しめますので、慣れてきたら本数を増やしてチャレンジしてみましょう、
 (まずは1本から練習して、徐々に本数を増やしてみましょう)

※「あわじ結び」「梅結び」は見た目もかわいいので、そのままプレゼントの袋や包装のワンポイントにつけるだけでも◎
専用のパーツをつけると、ブックマーカーやアクセサリー(指輪、ピアスなど)にすることもできます。

水引は、結び目の美しさや豊富な色合いなど日本の伝統文化らしい魅力がたくさんあります。冠婚葬祭、特別な日だけでなく、普段からもっと気軽に、日常で楽しんでみてはいかがでしょうか。

【出演】和モダン水引協会 公認講師  青野 紗代(あおの・さよ)さん

関連情報

ひるナマ+「変わりました シニアドライバーの運転免許証更新」

ひるナマ放送記録

2022年6月15日(水)午後6時07分 更新

おうちで簡単!和菓子作り

ひるナマ放送記録

2021年6月17日(木)午後6時53分 更新

ひるナマトークスペシャル『星空の神秘に魅せられて』

ひるナマ放送記録

2021年9月22日(水)午後6時12分 更新

上に戻る