NHK札幌放送局

北門信金 企業再生の最前線

ほっとニュースweb

2021年2月5日(金)午後7時30分 更新

金融機関である信用金庫の主要な仕事は、もちろん「お金を貸すこと」ですが、コロナで経営が厳しくなる企業が増える中で、取引先の破たんや廃業を避けながら、どう再生させるかが、いっそう大事になっています。滝川市に本店がある北門信用金庫が取り組んだ、企業再生の事例を紹介します。

地元文房具店の危機

滝川市の中心部にある、創業75年の文房具店「今野商事」。「ボールペンからコンピューターまで」という目標を掲げ、文房具の販売だけでなく、地元企業や官公庁向けに事務用品の卸売りなども手がけてきました。市内の取引先は300に上り、地域に欠かせない存在です。しかし、激しい競争の中で、売り上げは年々減少。10年ほど前から赤字が続いていました。

そこに追い打ちをかけたのが新型コロナウイルスでした。去年4月以降、売り上げは3割ほど落ち込み、借金は5000万円を超えるまでに膨らみました。

今野商事 3代目 今野義一さん
「会社をたたむことを何度も考えた。これはもうあすから営業できないと思ったこともあった」

動き出す北門信金・企業支援室

文房具店に対する抜本的な対策を考えたのが、融資をしていた北門信用金庫でした。担当したのは企業支援室長の伊藤貢作さん。店がなくなれば、地域の人たちが困るだけでなく、雇用も失われると強く懸念しました。

北門信金 伊藤貢作 企業支援室長
「滝川では文房具を頼む、事務用品を頼むなら今野商事だというのは当たり前のこと。高校の教科書販売も行っていて、なくなってしまったら大変なことになる。その信頼は維持しないと、どの業者でもいいってことにはならない」
「なくなってしまったら大変なことになる」


地元の信金ならではの提案

伊藤さんが考え出した解決策は、合併や買収、「M&A」でした。今野商事を別の企業に買収してもらい、再生を図ろうというのです。引き受ける会社には、借金の一部を引き継いでもらう一方で、長年の営業で築いてきた取引先を得られるメリットがあります。

伊藤さんが買収先として白羽の矢を立てたのは、信金と取り引きのある市内のソフトウエア会社でした。全国のゴルフ場のシステム管理を行い、業績を伸ばしていますが、課題は地元での仕事がほとんどないことでした。伊藤さんは、今野商事を買収すれば、懸案となっている市内での事業を拡大できると説明しました。さらに買収に必要な資金は、信金が融資することを約束し、去年11月に買収を実現させました。

市内にあるたくさんの企業に対して、自社のシステムを売り込みたいというソフトウエア会社のねらいに、地域に深く浸透している今野商事の買収は合致しました。買収によって経営者は代わったものの、文房具店の営業は続けられることになりました。

ソフトウエア会社「エー・エル・ピー」笹見孝夫社長
「われわれはIT企業で、地元には馴染み深くない。その点、今野商事は老舗で誰もが知る会社で、長年にわたって築いてきた信頼がある。それを生かしてIT分野の事業を伸ばしていけば、まだまだ伸びしろがあると考えている」
「今野商事には長年築いてきた信頼がある」
今野商事 3代目 今野義一さん
「本当によかった。事業は継承されて今後もずっと残っていくのだから、こんなにありがたいことはない。私が引退しても裏から静かに応援していきたい」

信金の正念場、なお続く

北門信金では、連日、コロナで苦しむ企業への対応を協議しています。取引先のうち、少なくとも20社ほどは、買収のような抜本的な再生が必要な局面になっているとみています。企業がなくなり、地域の経済が沈んでいく事態を避けるために、いかにして再生を実現していくか、手腕が問われています。

北門信金 伊藤貢作 企業支援室長
「事業の再編を地元企業と一緒に積極的にやっていかないと我々も生き残ってはいけない。もっと踏み込んで、この加速度的に早くなってしまった地域の衰退をなんとか止めるために頑張っていかないといけない」

【取材後記】
今回取材した文房具店は、ソフトウエア会社、それに信金の3者の思惑が合致し、円滑に買収が行われたと言って良いと思います。一方で、北門信金でも、引き継ぎ先が見つからなかったり、引き継ぎ先を探す余裕がないまま、破綻や廃業を余儀なくされる会社のほうが多いということです。企業再生は専門的なノウハウが必要な上、債権のカットが伴うことも多く、簡単には進められないという金融機関が多いようです。それでも、うまく事業を存続させることができれば、地域経済に対する打撃を避けることができます。信金だけでなく、銀行を含めた各地の金融機関には、新型コロナウイルスで疲弊した地域経済を立て直すために、覚悟を持って再生に取り組んでほしいと思います。
(札幌放送局・五十嵐圭祐)

2021年2月4日放送

特集 コロナ禍の信金 トップページへ


関連情報

活火山”アトサヌプリ”空から魅力に迫る

ほっとニュースweb

2020年11月26日(木)午後3時05分 更新

コロナ禍でことしのハロウィーンは

ほっとニュースweb

2020年10月13日(火)午後8時13分 更新

特集 コロナ禍の信金

ほっとニュースweb

2021年2月5日(金)午後9時30分 更新

上に戻る