NHK札幌放送局

札幌市街地にクマ出没で4人重軽傷 対策話し合う会議

ヒグマ情報

2021年7月12日(月)午後9時16分 更新

札幌市東区の市街地にヒグマが出没し4人が重軽傷を負った6月の人身被害について、市や警察などが対策を話し合う会議を開き、市民の安全を確保するため情報発信の徹底など今後の課題について確認しました。

6月18日、札幌市東区の市街地にクマ1頭が出没し、4人が重軽傷を負いました。
札幌市は12日、「ヒグマ対策委員会」を開き、警察官や専門家など60人が出席しました。

会議では、当日、ハンターに出動を要請し駆除したことは適切だったと評価しつつも、5月末に、隣接する北区に出没したヒグマが川や水路を伝い東区に出没したと考えられることから、市民の安全を確保するため、▼関係機関の連携や▼市民への情報発信の徹底などを今後の課題としていくことを確認しました。

専門家からは、札幌市周辺は緑地に囲まれているため、クマが身を隠す草を定期的に刈り取るなど緑地の管理を適切に進めるべきだという指摘がありました。

会議に参加した酪農学園大学の佐藤教授は「クマの生息地と人間の生活域のゾーニングを徹底するためにも中間となる地域の管理が必要だ」と話しました。

2021年7月12日放送

関連情報

札幌市南区石山1条7丁目でヒグマ目撃

ヒグマ情報

2022年10月15日(土)午後9時25分 更新

留萌市のクロスカントリーコースでクマ目撃 市が注意呼びかけ

ヒグマ情報

2022年2月10日(木)午後9時03分 更新

知床のヒグマの主食判明 エサ確保が人里にくる時期と関係か

ヒグマ情報

2021年4月4日(日)午後8時18分 更新

上に戻る