NHK札幌放送局

野鳥の聖地 苫小牧市ウトナイ湖

ぶらりみてある記

2021年12月24日(金)午後3時56分 更新

12月25日のおはよう北海道土曜プラス、ぶらりみてある記は苫小牧市にあるウトナイ湖。 全国的に希少な野鳥の生息地であるウトナイ湖に魅せられ、豊かな自然と関わる人たちを訪ねました。 (室蘭局 森 柚葉)

ウトナイ湖で冬のバードウォッチング

まず訪ねたのは、野生鳥獣の保全を行うウトナイ湖サンクチュアリ。耳を澄ませばチュンチュンと小鳥の声が聞こえてきました。渡りの最盛期は過ぎましたが、湖面にはハクチョウやカモの姿が。

オオハクチョウ

冬は木の葉が落ちて、木にとまる鳥たちの姿がよく見えるのでバードウォッチング初心者の私もたくさんの鳥を見ることができました。野鳥の会のレンジャーの方に案内してもらうと、この時期しか見られないマヒワという小鳥も発見。小さなクチバシでエサを食べる姿の可愛さに癒されました。

マヒワ

ウトナイ湖の絶景を撮る

ウトナイ湖の魅力は鳥だけではありません。朝日を撮ろうと、早くから多くの人がカメラを構えていました。撮った写真を見せてもらうと、少し凍った岸の向こうに見える太陽がこの時期ならではで、とても素敵でした。日の光が湖畔の雪に反射してキラキラ輝く様子も美しかったです。

「撮影 藤村さなえ」

開発と保全

豊かな自然を今に残すウトナイ湖ですが、過去には開発計画によって干からびてしまうかもしれないという危機もあったそうです。当時、その計画を止めようと立ち上がった男性に話を聞きました。トランクいっぱいに保管された資料を見ると、活動への熱意が伝わってきました。

傷ついた野鳥から自然と人との関わりを学ぶ

また、ウトナイ湖には傷ついた野鳥を保護する施設もあります。建物などとの衝突で飛ぶことが出来なくなった鳥もいて、人間の生活が知らず知らずのうちに傷付けてしまっていることを学びました。

苫小牧という工業都市の中にあるウトナイ湖という自然。その美しさに感動するとともに、環境の一部である人間としてどのように自然に関わっていけば良いのか考えるきっかけになる旅でした。

放送予定
12月25日(土)午前7時30分
おはよう北海道土曜プラス
ぶらりみてある記


関連情報

春うらら にぎわう農業の町~音更町~

ぶらりみてある記

2022年4月22日(金)午後1時36分 更新

大空の下に広がる魅力 ~大空町~

ぶらりみてある記

2021年4月30日(金)午前11時59分 更新

移住者が見つけた町の魅力~岩見沢市・美流渡~

ぶらりみてある記

2021年5月7日(金)午後2時33分 更新

NHKニュース おはよう北海道

NHKニュース おはよう北海道

道内の最新ニュースと、どこよりも詳しい気象情報で“北海道の朝”を生き生きと! 親しみやすく活気のあるスタジオから、北海道の今を映し出すリポートや中継、暮らしに役立つ生活情報、知って得する天気企画など情報満載でお伝えします。 また、プロ野球・日本ハムファイターズやサッカー・コンサドーレ札幌などスポーツ選手の活躍を紹介するコーナーや、気になる旬の人物に迫るインタビューなども。土曜日のワイド版「土曜プラス」は5分拡大。タイムリーなテーマを深く掘り下げる特集や、リポーターが道内各地を訪ね歩く「ぶらりみてある記」などの人気コーナーを継続する他、北海道各地の工芸品から生活用品、雑貨、食べ物まで“てしごと”のこだわりを紹介する「てしごと 北海道」、近代北海道を発展させた知られざる外国人たちに迫る「お雇い外国人」など新コーナーを拡充します。

上に戻る