NHK札幌放送局

行き交う列車に“ザ・釧路”を満喫!

NHK釧路放送局

2021年12月24日(金)午後8時27分 更新

ことし全線開通100周年を迎えた花咲線。そこで、尼子が沿線の魅力を再発見する一人旅へ!いよいよ最終回??は、花咲線のはじまり「釧路駅」。駅構内にある、列車を見ながらゆっくりご飯を食べられるという場所を取材しました!懐かしい展示品の数々も必見です!

釧路駅は移動している!

今回訪れたのは、道東のターミナル駅「釧路駅」です。

今までにご紹介した駅舎と、規模が違います!大きいです!
場所はもちろん、釧路市。

NHK釧路放送局からも近いので、ロケも一番、気楽かと思いきや…
寒すぎる!!風が強すぎる!!カメラの操作で、5秒手を出しただけで「しもやけ」になります✋

実は釧路駅、はじめからこの場所にあったわけではありません。
1917年(大正6年)に、釧路から今は廃駅になった「浜厚岸駅」までの延伸開業時に移転してきたそうです。
かつての釧路駅は、「釧路市交流プラザさいわい」近くにあったみたいですよ。

いるだけで楽しい!釧路駅のお店

釧路駅の駅舎内には、花咲線の中で一番多くお店があります。
(ほかにお店があるのは根室駅の駅舎ですが、一度建物から出ないと入ることができませんよ😊)
土産店やコンビニ、カフェ、おにぎり屋さんにパン屋さん。様々なお店がありますが…

この日お邪魔したのはこちら!!

ことし7月6日にリニューアルオープンしたお店です。中に入ってみると…昭和を感じる展示物の数々!

昔の釧路の写真や、

さらにはアイドルやアーティストのCDジャケット!!

全てこのお店の社長さんが個人的に集めたものだそう。ジャンルも様々!!きっとあなたの“懐かしい”がありますよ。

そしてここでは、釧路のソウルフードも楽しむことができるんです!
ミートソーススパゲティの上にカツが乗っているボリューミーな一品「スパカツ」。

写真左に写っているのが釧路発祥とも言われている「ザンギ」。(唐揚げに似たもの。分かりやすく言うと、唐揚げの北海道版なのですが、唐揚げとは少し作り方が違うとか…同じとか…論争があります(笑))

右は、漁師まちだった釧路で早く作れて温かい料理を、ということで生まれた、細いちぢれ麵で作る「釧路ラーメン」です。

そしてもう一つ、店長の工藤有梨伽さんがおすすめしてくれたのが「紅白たい焼き」。

白の中身が餡、ピンクはクリーム!どちらも、とってもモチモチ生地です。
他の場所で白いおやきを食べてモチモチでとっても美味しかったという経験から、このお店でも作りたいと思っていた工藤さん。去年、夢がかない、商品になりました。

紅白色は花咲線のイメージカラーとも一緒!旅のお供や何かお祝い事のときに買ってくれると嬉しい、と話されていました。もちろん、おなじみの色合いのたい焼きも売っていますよ。

このお店の最後のポイントが、この窓!!

汽車や列車を見ながら一息つけるんです。鉄道好きには持ってこい?の場所なのではないでしょうか。

取材に協力してくださったみなさんと。とてもアットホームで温かい雰囲気でした😊

釧路駅には、ほかにもさまざまなお店があります。ぜひコンプリートしてください(^^♪

ぼっち旅、第一章完結!!

ことしの6月ごろからお伝えしてきた「花咲沿線ぼっち旅」。この半年でぴったり10駅、訪ねることができました!今回の花咲線のはじまり「釧路駅」で、一旦終了という形にさせていただこうと思っています。

道東の春~冬、全ての季節を花咲線で旅をしながら過ごすことができ、初めて知ることがいっぱいあってとても楽しい半年でした!端から端(釧路駅~根室駅)まで旅をしましたが、まだ、全ての駅には行っていません。もしかしたら!2022年も旅を始めるかもしれません(笑)そのときは、ぜひまた、この旅物語を読んでいただければ嬉しいです!そして、コロナが落ち着いたら、みなさんも花咲線沿線を訪れてみてください。2021年、半年にわたる“尼子のぼっち旅”にお供していいただき、本当にありがとうございました✨

2021年12月24日(金)

ほかの「NHK釧路放送局のアナウンサー・キャスターブログ」はこちら
「花咲沿線ぼっち旅」の特設ページはこちら


関連情報

食べられる花!?@鶴居村

NHK釧路放送局

2021年6月7日(月)午後6時08分 更新

We are クレインズ!第3回はクールな日本代表DF!

NHK釧路放送局

2021年12月15日(水)午後5時56分 更新

さよなら キハ283系!糸魚沢駅!!

NHK釧路放送局

2022年3月16日(水)午後6時43分 更新

上に戻る