NHK札幌放送局

旭川からミス・アース・ジャパングランプリに!吉田小夏さんの素顔

道北オホーツクSP

2022年3月2日(水)午後3時40分 更新

こんにちは!影島亜美です。 3月1日(火)の「ほっとニュース道北オホーツク」では、 「ミス・アース」の日本大会でグランプリに輝いた、 吉田小夏さんへのインタビュー企画を放送しました。 ご覧いただいたみなさん、ありがとうございました! 

この記事では、放送では描ききれなかった、吉田さんの素顔をたっぷりとお伝えます!

ミス・アースとは

写真提供:ミス・アース・ジャパン

世界4大ミスコンテストの1つ、「ミス・アース」。地球環境を守るため、人々の意識を高めるのを目的に、2001年から毎年開催されています。グランプリに選ばれた人は、1年間を通して「美」と「環境保全」の代表として活動します。

旭川からバレエで世界へ羽ばたいた、吉田小夏さん

去年の「ミス・アース」日本大会で、応募者3500人の中からグランプリに選ばれたのが、旭川市出身の吉田小夏さん、27歳です。

20年以上、吉田さんが熱い思いで続けてきたことがあります。それが、クラシックバレエ!市内のバレエ教室で、5歳の時に始めました。

高校卒業後には、ドイツへと単身でバレエ留学。現地で本場ヨーロッパのバレエを学び、プロのバレリーナとして活躍しました。

幼い頃から、“バレリーナになりたい!”という夢を持ち、学生時代のほとんどの時間をバレエのレッスンに捧げてきた、吉田さん。しかし、18歳の若さで、たったひとりでバレエ留学をすると決めた時、周囲からは応援の声だけではなく、反対もされたといいます。

吉田小夏さん
体を使うことだから、いつけがをするかも分からないし、最初は両親に反対されました。それでも大好きなバレエを諦めきれなかった。高校生の時には焼き鳥店でアルバイトをして、自分で留学費用を貯めました。両親も、最後は結婚指輪を売ってお金にしてくれて、頑張っておいでと応援してくれました。大好きなバレエをやるとすごく気持ちも明るくなりますし、バレエが私をいろいろな国に連れて行ってくれたと思っています。いまも練習をする時には感謝をしながら踊っています。

日本に帰国後、ミス・アースに挑戦!

ドイツのバレエ団に入団し、充実したバレリーナ生活を送った吉田さん。
家族との時間を大切にしたいと帰国しましたが、帰国後すぐに国内で新型コロナが広がってしまいました。日本で予定されていたバレエの舞台も、新型コロナの影響を受け、すべて中止になってしまったのです。

そんな時、以前から所属していたモデル事務所に声をかけられ、知ったのが「ミス・アース」でした。“きっとお金がかかるだろう、候補者どうしバチバチするんじゃないか…”と、最初はミスコンに良いイメージを持っていなかったそうですが、妹のすすめが挑戦する大きな決め手となったといいます。

吉田小夏さん
新型コロナの影響で公演がない状況下で、舞台に立つ機会があるんだったら、舞台人として挑戦してみたらって。誰にどう思われるかとか、賞がとれるとか、とれないとかそんなことを気にしなくてもいいと思うって、妹がすすめてくれたんです。バレエの舞台とは別ですが、舞台人として新しいことを学びたいと思って、挑戦することを決めました。

ミス・アースの候補者として活動し、気持ちの変化が…

「ミス・アース」の候補者として活動する中で、ミスコンに対する吉田さんの意識は、どんどん変わっていったといいます。“自分が努力をするから、相手のことも認められる” 同じようにミスコンに臨む仲間の姿に、吉田さんはとても支えられたそうです。

上の写真は、ともに北海道大会に出場した仲間たちと。吉田さんの日本大会出場前には、神社に行って応援の絵馬を奉納してくれるなど、とても仲良しなんだそうですよ!

ドイツ留学時代に感じた環境問題。環境への意識を高めていきたい!

そんな吉田さん、ことし1月には、旭川グリーンアンバサダーに就任。地元で環境保護の大切さを訴える活動を本格的にはじめました。これから、旭川市民と一緒に環境について学び、緑を守るための活動をしていく予定です。

環境先進国ともいわれるドイツでの6年間の生活は、吉田さんが環境について興味を持つ大きなきっかけになったといいます。

例えば、ドイツではお肉やチーズは量り売りをしていて、個包装のプラスチックは使わないのだとか。また、水をむだづかいする人も少なく、ペットボトルは必ずリサイクルに持って行くなど、ドイツの人々の環境保護への意識の高さに驚いたといいます。

“大雪山や川の美しさ、橋から見る夕焼けなど、旭川の自然が大好きです!”と語る、吉田さん。北海道・旭川の自然を守るため、海外で自分が感じたことや学んだことを、旭川グリーンアンバサダーとして発信していきます。

吉田さんとお話をして感じた、心の強さ

“旭川出身で、世界で注目を浴びた女性がいるなんて、ぜひお話を聞いてみたい!”と思い、実現することができたこの企画。今では、キラキラと輝く吉田さんですが、実はたくさんの苦労もありました。バレエ留学の費用を自分のアルバイト代でまかなったり、周囲からの「夢ばかり見ても…」という反対に負けず自分の夢に向かっていったり…!逆境の中でもバレリーナの夢を諦めなかった姿、コロナ禍で公演がなくなっても自分にできることは何か考えて行動する姿が、とてもかっこいいなと思いました。

そして、そうした飾らない人柄だからこそ、みなさんに愛されているのだなとも感じました。これからの、吉田さんの活躍がとても楽しみです!

2022年3月2日 影島亜美

2月28日(月)~3月4日(金)午後6時40分~
「ほっとニュース道北オホーツク」

影島亜美キャスターのプロフィールはこちら

道北のコンテンツをお探しですか?
NHK旭川放送局 道北チャンネルをご覧になるのはいかがでしょう?



関連情報

コロナ禍でも土産物の販売を

道北オホーツクSP

2021年5月19日(水)午前11時20分 更新

“香り”でリラックスしませんか?

道北オホーツクSP

2021年5月21日(金)午後7時00分 更新

オホーツクで今コロナに感染したら?道北との連携も?

道北オホーツクSP

2021年9月16日(木)午後1時00分 更新

上に戻る