NHK札幌放送局

ファンに突撃インタビュー! #ローカルフレンズ出会い旅 のどこが好き?

番組スタッフ

2020年9月3日(木)午前10時30分 更新

今年度から始まった #ローカルフレンズ出会い旅。実は少しずつ、全国にファンが生まれつつあります…!今回、いつもSNSで滋賀からエールを送ってくれるファンの方にインタビューしてきました!(カワバタD)

わ~ほんとに会えました~!!

スーツケース片手にNHK札幌局の前にやってきてくれたのは、滋賀県在住のフリーライター、菊池百合子さん

我ら制作陣、実は菊池さんにとてもお会いしたかったのです…。なぜなら、SNSでいつもローカルフレンズを応援してくれているから↓↓

ついに滋賀で観られた #ローカルフレンズ出会い旅 #道東は世界一な件 。プレイヤーとNHKの本気がかけ合わされたらこれだけのことができるって、全国に届けてくれた。日本中で「かずきゅんの企画と拓郎くんの案内で」と出るとは。この熱量をぜひ見て。(5月6日 ツイッターより)
岩手の友だちが、#ローカルフレンズ出会い旅 の全国放送をきっかけに、NHK北海道ファンになってくれた!放送エリア外でも制作の様子や番組の内容ができるだけわかるように積極的な発信を続けてくれているし、NHKチームとプレイヤーの本気は確実に届いていっているんだよなぁ。(4月25日 ツイッターより)

番組企画者のかずきゅん(さのかずやさん)や #道東は世界一な件 で旅をプロデュースしてくれた拓郎くん(中西拓郎さん)とつながっていたことがきっかけで、滋賀県にいながらローカルフレンズの全国放送やweb記事を見るようになったという菊池さん。制作陣にとって嬉しすぎるローカルフレンズファンなのです…!
今回、取材兼旅行で北海道を訪れているという情報をキャッチし、菊池さんと同い年のカワバタDが話を聞いてきました!

D)お会いできて嬉しいです!ローカルフレンズのことはどうやって知ったんですか?

雑誌の取材でさのにい(兄のように慕うさのさんを「さのにい」と呼ぶ)と会った時に知りました。車の助手席でインタビューしてたんですけど、「この前はその席にせたちゅーさんっていうアナウンサーが座ってたんだよ」と。企画書を出しに行った経緯も聞きました。

D)そうだったんですね!番組を実際にご覧になっていかがでしたか…?

さのにいや拓郎さんが地域の中で動き回ってきたことは知っていたんですけど、実際どんな風に動いてきたか、番組を通して知ることができました。
私が感動したのは、「地域の人たちをつなげて良くしたい」という個人の思いだったものが、公共放送と組み合わさって、同じ方向を目指せたということ。拓郎さん、さのにい、NHKという今まで交わっていなかったものが交わったことが、大きな一歩になると感じました!

D)そんな風に感じてくださって嬉しい…。印象に残った場面はありますか?

道東編は何回も見たんですけど、二人が最後に海をバックに話しているところは泣けました…。あと、さのにいが車をスレスレに停めて瀬田さんが車を降りるの苦労するとか、普通の旅番組で出てこないじゃないですか(笑)。「かずきゅん運転下手説」ってテレビに流れるのは面白かったです。

D)たしかに他にはないかも(笑)。見るだけじゃなく、SNSなどでつぶやいたのはどうしてだったんでしょうか?

「感動がここまで届いてるよ~!」ってことを、離れていて会えないからこそちゃんと伝えたいなと思ったんです。それに、さのにいや拓郎さんがこうやって輝けるのは、後ろで二人の意思を尊重したり支えたりしてくれた人がいるんだろうなと思って。だから二人以外にも届いてほしかったのかも。制作チームにまで届くと思っていませんでしたが…。

D)ありがとうございます、ちゃんと届きましたよ!web記事はどんな風にご覧になっていますか?

ここまで愛を持って取り組まれているのがブログで見られるのは新鮮ですね!想像でしかなかった制作側の人の思いを知れて、こんなに思いを持って楽しんで作っているんだ、こういう人が守ってくれているんだ、と感動しています…。

D)菊池さん、オンライン旅の函館編をニュースで放送した時にも、webに上がった動画を見てこんなつぶやきをしてくれています。

#ローカルフレンズ出会い旅 、今この映像を届けてくれて、ぼろぼろに泣いてもうた。さのにいが深夜3時につくった企画書から始まり、めちゃ大変な思いで親方と道東をめぐり、番組続行が決まり、次はせいらさんが函館の友だちを紹介……北海道全体でバトンが確実に受け継がれているの最高じゃんすき……(4月24日 ツイッターより)

D)函館のローカルフレンズ、せいらさんともつながっていたんですね。

はい、さのにいを通してつながっていました。函館のオンライン旅の収録前に、せいらさんから「緊張する〜」とメッセージがあって。せいらさん自身がいつも通り楽しむことが一番良いんじゃないでしょうか、と伝えました

D)なんと、菊池さんがせいらさんの背中を押してくださっていた…!

いえいえ(笑)。オンライン旅はハードル高かっただろうなと思うんですけど、あの時期にあの形で出してもらえたことは、すごく希望になりました。コロナでこの先いつ会えるかわからない不安が一番大きかった時期、会えなくてもつながれる、いつか出会えることを教えてくれた気がして。コータローさんの歌も良かったです!

D)オンライン旅も頑張って良かったです…。これからローカルフレンズに期待していることはありますか?

そうですね…全国版もできたらいいな、なんて思ったりしています。北海道以外にも必要だと思うんですよね。私が今住んでいる滋賀県の長浜も、行政に頼らず民間の力で頑張っている人が多いんですけど、ローカルフレンズで「もともと違う役割の人たちが手を組んだら良い方向に進める」ことがわかったので、ローカルフレンズをきっかけに違う可能性が広がるんじゃないかな…とか。
さのにいの企画書をスタート地点にして、プレイヤーとNHKが「未来はこっちだよね」と同じ方向を向けているってすごいですよね。これからの旅も楽しみにしています!

菊池さん、お話しできてとても嬉しかったです、ありがとうございました!全国展開も目指して(!?)、これからますます頑張ります。
地域の皆さんと一緒に作る、#ローカルフレンズ出会い旅 。フレンズとしての応募はもちろん、SNSでハッシュタグをつけてのご意見・ご感想もお待ちしています!

まとめページに戻る

関連情報

第2回 照り焼きうま牛ロール #おうちでごちそう北海道

番組スタッフ

2020年7月20日(月)午後3時00分 更新

もうすぐ真夏の文芸館 あと3日

番組スタッフ

2020年8月14日(金)午前9時58分 更新

今年も放送!北の文芸館

番組スタッフ

2021年1月29日(金)午後8時30分 更新

上に戻る