NHK札幌放送局

旭川の「川村カ子トアイヌ記念館」が新設され再来年に開館へ

ウピシカンタ

2021年10月29日(金)午前9時21分 更新

老朽化が進む、旭川市にあるアイヌ文化を伝える資料館、「川村カ子トアイヌ記念館」の新しい建物が建設されることが決まり、再来年に開館することになりました。

「川村カ子トアイヌ記念館」は100年余り前の1916年(大正5年)に開設された資料館で、アイヌ文化を伝える道具や衣服など、およそ500点が展示されています。

現在は1965年(昭和40年)に建てられた木造平屋の建物が使われていますが、老朽化が進んでいることから、今の建物のとなりに新しい建物が建設されることが決まりました。
建物は広さおよそ380平方メートルの2階建てで、アイヌ文化の展示スペースだけでなく、伝統舞踊を披露する舞台やアイヌ料理を作ることができる調理室も整備される予定です。
建設費は2億円で、すべて旭川市が国に申請した交付金をあてる計画で、再来年7月の開館を予定しているということです。
「川村カ子トアイヌ記念館」の川村久恵副館長は、「新しい建物の建設が決まり、本当にうれしい。アイヌ文化を知るだけでなく、感動できる場所にしていきたい」と話していました。

関連情報

ウポポイ開業から1年 学校教育との連携強化へ

ウピシカンタ

2021年7月12日(月)午後5時44分 更新

日本テレビ アイヌ不適切表現の放送 BPO審議入り

ウピシカンタ

2021年4月10日(土)午後8時51分 更新

サケ漁の権利回復求める署名提出

ウピシカンタ

2021年3月15日(月)午後7時29分 更新

上に戻る