NHK札幌放送局

島牧村ヒグマ対策 1年半ぶり猟友会出動 #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年7月29日(水)午前3時05分 更新

島牧村では、村が地元の猟友会に支払う報酬をめぐって調整がつかずクマが出没してもハンターが出動しない状態が続いていました。今月、村が猟友会の経費の一部を助成することで合意し、およそ1年半ぶりに猟友会が出動するようになりました。

ヒグマ対策費用をめぐって
島牧村ではおととし、クマの警戒にあたった地元の猟友会に村が支払う費用が1000万円以上にのぼったことから村議会などから「高額だ」と批判を受け、村は猟友会に支払う金額を年間240万円までとする条例を制定しました。
しかし猟友会は、この条件では活動を維持することが難しいとして条例に反対し、去年からクマが出没しても出動しない状況が続いていました。

村ではことし4月から今月27日までの間に寄せられたクマの目撃件数が去年の同じ時期の3倍近い76件となっていて、住民からは猟友会の出動を求める声が上がっていました。

条例改正を受けて
事態を打開するため村は今月、猟友会が狩猟免許を取得したり猟銃を購入したりするための費用の助成を増額できるよう条例を改正しました。
これを受けて猟友会は今月20日、およそ1年半ぶりに村の要請を受けて出動し、クマを駆除するためのおりを設置したり、パトロールを行ったりしています。

北海道猟友会寿都支部島牧分会高島紀彦分会長
「わなは設置したがまだ捕獲できたわけではない。最近は毎日クマが出ていて、電気柵を越えて住宅の方にも来ている。要請が来たときには出動し危険を減らしたい」
島牧村 藤澤克村長
「クマが出没していた地域の住民のみなさんには大変不安な思いをさせてしまった。村としても関係機関と一緒になって最大限の努力をしていきたい」

2020年7月28日

ヒグマ情報まとめページ
ヒグマ情報2020はこちら

関連情報

砂川市 空知太で8日連続クマ目撃 #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年9月3日(木)午前10時38分 更新

厚岸町太田小付近でクマを駆除 #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年7月20日(月)午後2時02分 更新

草刈りでヒグマが来るのを防ぐ #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年6月15日(月)午後8時38分 更新

上に戻る