NHK札幌放送局

退路を断ち、プロの世界へ ~米山幸希選手~

NHK釧路放送局

2021年12月10日(金)午後6時45分 更新

ひがし北海道クレインズ特集コーナー「We are クレインズ!」。 今季2人目のゲストはDF・米山幸希選手。 11月中旬の日本代表候補合宿にも選出されています。高いレベルを目指し、大学を中退してプロの世界に飛び込んだルーキーの今に迫りました。(取材:釧路放送局  西阪太志尼子佑佳)

地元出身、期待のルーキー
米山選手は釧路町出身。十勝の白樺学園から中央大学に進み、年代別の日本代表なども経験してきました。2000年生まれの21歳。学年で言うと大学3年生の年齢ですが、より高いレベルを求め今季からクレインズでのプレーを決断、大学を中退してプロの世界へ飛び込みました。

米山選手:自分のレベルアップや、地元である釧路のアイスホッケーをもっと盛り上げたいという気持ちで決断しました。実際にプロの世界に入ると、厳しいところもありますが、クレインズは練習のレベルがとても高いです。日々の練習や試合で自分がレベルアップできているなと実感しています。すごく充実しています。

充実のルーキーイヤー。地元のチームであるクレインズでプロになったということも、自らを奮い立たせていると言います。

米山選手:自分も小さいころからファンとしてクレインズを見ていたので。ファンの立場からクレインズの選手になったということを考えるとすごく感動していますし、これからのホッケー少年たちに夢を与えられるような存在にならなくてはいけないなと思っています。

背番号4の秘密?
そんな米山選手が尊敬するのは同じDF・背番号74の河合龍一選手。

米山選手:プロとしての意識の高さを尊敬しています。朝、リンクでの練習前に体育館で1人ストレッチをしている姿や、試合や練習で皆を盛り上げる声。そういうところはやっぱりすごいと思っています。

大学時代の米山選手の背番号は74。
これも河合龍一選手を尊敬してのことだそうです。

米山選手:本当はクレインズでも74をつけたかったんですが、龍一選手がいるので。笑
4番は年代別の日本代表時代につけていたので、4番にしようと。

この背番号4について、情報を寄せてくれたのが、先日の「We are クレインズ!」に出演してくれた西脇雅仁選手。「クレインズのDFといえば、ベテランの伊藤賢吾選手。伊藤選手は背番号3だからその上を行く、という「4」番なのでは」とのこと。

果たして真相は?

米山選手:そこまで深い意味を込めて選んだわけではないですが、伊藤選手が最年長(43歳)で僕が最年少(21歳)なので。いずれは(超えたい)という気持ちはあります。

クレインズから世界へ
11月中旬には日本代表候補合宿に選出された米山選手。
アジアリーグ・ジャパンカップを戦う5チームから選出されたメンバーの中では最年少でした。

米山選手:初めての合宿参加ではなかったので、最年少という気持ちは持たずに、自分の持ち味を存分にアピールしようと参加しました。各チームの主力選手が参加している中で、自分の足りないところ、通用する部分も感じましたし、もっともっとレベルアップしてきたいと思いました。

クレインズから日本代表へ。米山選手は、より自らの武器を磨き上げたいといいます。

米山選手:僕の持ち味は攻撃力です。開幕戦でも得点を決めることが出来ました。よりそこに磨きをかけて、ゴールにつながるパスやシュートを増やしていきたいと思っています。日本代表に選ばれて、世界選手権やオリンピックを目指していきたいですね。

「クレインズの練習は本当にレベルが高い」と取材に対して充実感をにじませて答えてくれた米山選手。これまでよりもさらにプレースピードが高まるため、「プレーを判断するスピード」に関しては日ごろの練習から鍛えることが出来ていると話してくれました。

「当時の自分のように、子供たちが憧れる選手に」。米山選手の飛躍を応援しましょう!!

そして、次回の「We are クレインズ!」。ゲストは帯広市出身のDF蓑島圭悟選手です。
12/16(木)午後6時40分から「ほっとニュース道東スペシャル」で十勝地方の皆様にもご覧頂けます!お楽しみに!

2021年12月10日(金)

We are クレインズ!」まとめページに戻る

関連情報

「夕陽ノロッコ号」で世界三大夕日を満喫!

NHK釧路放送局

2021年10月13日(水)午後1時49分 更新

食べられる花!?@鶴居村

NHK釧路放送局

2021年6月7日(月)午後6時08分 更新

花咲く出会い🌸花咲ガニ

NHK釧路放送局

2021年10月29日(金)午後5時42分 更新

上に戻る