1972 SAPPORO VR Project
NEWS

鉄オタSが語る北海道1―おかばし(西5丁目陸橋)―

今回投稿いただいた写真の中には、鉄道に関する懐かしいものもたくさんありました。
その中から1枚、こちらの珍しい風景をご紹介します。

SLデゴイチ(D51)

(写真提供 つーさん)

なんと、SLデゴイチ(D51)が走る国鉄(今のJR)の線路の真上を、札幌市電が走っています。

1970年の写真だそうですが、ここは札幌駅のすぐ西側にあった「西5丁目陸橋」。
(下の写真の赤丸印の場所です)

札幌駅の鳥瞰写真

(写真提供 つーさん)

今は高架になっているJRの線路ですが、1988年までは線路が地上にあって道路の方が陸橋で線路の上を越えていたんです。また1970年当時は、北海道大学を添うように南北に伸びる西5丁目樽川通り(通称・北大通り)を札幌市電・鉄北線が走っていて、市電も陸橋で線路を越えていたのでした。だからこんな風景が出現したんですね。

5丁目陸橋

(撮影 野町俊介さん)
この西5丁目陸橋、当時の市民からは「おかばし」と呼ばれ、平坦な札幌中心部にある数少ない坂道として知られていたのだとか。札幌駅を出発するSLと「おかばし」、今はどちらも見ることができない貴重な風景になってしまいました。


現在、みなさんからお寄せいただいた写真をもとに1970年代の札幌を再現するVR映像を制作しています。2021年春完成予定です!最新情報はこちらのページでお知らせいたします。