2020年7月

2020年07月18日 (土)

安全に楽しむアウトドア<番組内容>

71201.jpg

 

今回のテーマは、「安全に楽しむアウトドア」

キャンプに興味があるけど、どうやって始めたらいいのか分からない!
ケガや事故が心配、虫が苦手!など、さまざまな疑問や悩みに答える。



【キャンプしたいけどどうすれば・・・あやめさんの場合】
ホゴシャーズのあやめさんは、キャンプをしたいという中1の長男のために道具はそろえたものの、実行できないでいる。そのワケは?
「ほんとに初級なので、どんなものが必要か。ケガしたときに対応できるのか、へんな虫に刺されたときとか、クマが出たらどうしようとか、心配ばかりしてなかなか一歩が踏み出せない…」

71202.jpg




ポニー家流キャンプ術の紹介】
身構えなくてもキャンプを楽しめるという「日帰りのキャンプ」のやり方を、ホゴシャーズのポニーさんが教えてくれた。

出発は朝8時。早くに出発することで、子どもたちが遊ぶ時間を確保できるという。向かったのは、車で1時間半ほどのキャンプ場だ。
食器類などは100円ショップでそろえ、調理器具や調味料などは家にあるものを利用する。また、お昼ごはんには、家で握ってきたおにぎりを使って「焼きおにぎり」を作ったり、餃子の皮を使った「ミニピザ」を作ったりするなど、簡単に出来る食事を用意。子どもたちも積極的に楽しんで手伝うという。

71203.jpg




【キャンプを始めるには・・・スタジオ専門家からのアドバイス】
滝沢守生さん(アウトドア雑誌編集者。親子でアウトドアを楽しむやり方などに詳しい。)

・近場のキャンプ場から始める。
キャンプではやることが多く、慣れていないと手間取るので、時間に余裕を持つといい。

・道具は自宅にあるものを利用する。
例えば、卓上コンロなどふだん自宅で使っているものがキャンプでも使える。アウトドア専用の道具は、キャンプ経験を重ねていきながら、少しずつ納得のいくものをそろえていくのがよい。少々値は張るが、ふだん使いもできるし、丈夫で機能性が高いので、長く使える。

・虫が苦手なら、季節や場所を選ぶ。
例えば、春に大量発生する羽虫は湿気の多いところに多い、夏に悩まされる蚊は風通しのいいところでは少ないなど、季節や場所を選ぶことで苦手な虫を回避できる。

・ケガや事故を防ぐために、常に子どもを自分の視界に入れておく。
「ここからここまでで遊んでね」と言い、遊んでいい場所を限定して事前に伝えるよりも、「ちゃんと見ているからね」と子どもに言うだけで、子どもはちゃんと理解して、親の目が届く範囲で、自分で行動範囲を決められるという。実際に子どもが遊ぶ際には、常に親の視界の中に入れておくようにするのは、忘れずに!

71204.jpg

 


【コロナ対策に取り組むキャンプ場】
長野県中川村にあるキャンプ場では、感染リスクを避けるために、さまざまな対策を行い、利用者に向けて動画も作成した。
動画では、共有スペースではマスクや消毒液を使い、炊事場では調理をせず、水をくむだけにするなど、対策を伝えている。一方、自分のキャンプサイトでは他者との距離を保てるため、マスクを外してリラックスできるという。
環境に負荷をかけないキャンプのやり方も紹介している。

71205.jpg

動画を作った、キャンプ場代表の久保田雄大さん。
「この機会に環境にインパクトを与えないスキルを覚えてもらいたい。他者や環境に配慮するアウトドアマインドが普及していったらいいなと思う」
コロナ対策をすることが結果的に周囲への配慮の気持ちにつながるという。

71206.jpg

 


【自然体験からの学び】
野外教育の専門家 岡村泰斗さんに伺った。
「自分中心の考えから自然中心・相手中心の考え方になる。自律心・他者への思いやり・環境や社会への配慮ができるようになる。」

71207.jpg





【遠出をしないで自然を楽しみたい!】
滝沢さんが、ホゴシャーズのバジルさん親子に身近な自然を楽しむ方法をアドバイス。

71208.jpg

自宅の庭や道端でも目線を変えるとさまざまな自然に気づけるという。
また、テーマを決めると、子どもは自然をよく見ようとする。

71209.jpg 71210.jpg



滝沢さんおすすめの、「子どもと外に行くときに持ち歩く道具」を紹介。
いきもの観察をする際に、いろんな角度から見られる透明の瓶、飲む以外に手洗いや熱中症対策で使う、ちょっとしたケガをしたときや、トゲなどが刺さったときのためのばんそうこう毛抜き消毒液敷物、タオル、小型ナイフなど。

71211.jpg


滝沢さんは、身近な自然に目を向けることで災害時の行動を考えるきっかけにもなるという。どこに危険な場所があるか、どこに逃げれば危険を避けられるのかなどが分かるからだ。


71212.jpg


尾木ママ「アウトドアを楽しむ子どもたちの笑顔がすばらしい。自然との向き合い方とか、兄弟や姉妹でどうお互いが力を発揮していくのかとか、生きる力が備わってくる。人間性が豊かになり、優しい心になれると思う」




END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2020年07月11日 (土)

どうしよう...子育て方針の違い<番組内容>

今回のテーマは、「夫婦の子育て方針の違い」
勉強、しつけ、習い事など、夫婦の間で方針が違って、悩むことは多い。

71101.jpg 71102mini.jpg


番組には、ホゴシャーズから「夫婦の子育て方針の違い」について、さまざまな悩みの声が寄せられた。
そこで今回、どうすれば解決できるのか、専門家にアドバイスを聞いていく。


大日向雅美さん(恵泉女学園大学  学長 子育て世代の夫婦の悩みに詳しい
・夫婦間で、子育て方針の違いがあるのは、当たり前。子どもがいない時はそれが新鮮なのだが、いざ実際に子育てをするとなると、子どもに与える影響を深刻に考える。そのため、パートナーを許せなくなり、笑えなくなる。

71103mini.jpg




【子育て方針の違いに悩む家庭・・・ゴンズイさんの場合】

ゴンズイさんは、中2と小5の男の子を育てるお母さん。年の離れた長女もいる。
次男が夢中になっているのは、パソコンでゲームをしたり、動画をみたりすること。
ゴンズイさんは、「家ではやりたいことをやってほしい」と考え、好きなことをさせている。
一方、は、ゲームを1時間やったら休憩させるなど「ルールを守らせたい」タイプ。

71104.jpg

長女が小学校にあがるころ、子育て方針を巡って衝突が起きた。
「忘れ物が許せない」と、「それぐらいしかたない」と思うゴンズイさん
大ゲンカに発展したこともある。

71105.jpg

ゴンズイさんとしては、が子どもに対して、愛情を持って口出しをしていると理解しているが、「もう少し口を出す回数が少なくてもいいんじゃないか」と考えている。
しかし、最近は衝突を避けるため、お互いにあきらめているという状態。


解決策
専門家の見解大日向雅美さん
71106.jpg

・お互いの考えや思いを出し合って、その考えに至ったプロセス(過程)を伝える。
※例)
ゴンズイさん「子どもに自由にさせたい」→「子どものころ、家庭が厳しかったのが窮屈だった」
「ルールを守らせたい」→「社会に出るために、ルールは守る必要がある」

パパとママが正直にぶつかる姿を見るのも、子どもにとって大事。
・暴力や、相手の人格否定はNG
・感情的になるのはいけないが、「感情を込めて人と接する」ことで、子どもの心が豊かになる
家族で一致させたいルールを、2つ~3つだけつくる。それ以外は違いがあったほうがいい。


尾木ママの見解
・子どもに関わるルールを作るとき 子どもも参加したほうがいい。

 

 



【子育て方針の違いに悩む家庭・・・うめさんの場合】

うめさんは、ゲームに賛成・反対で夫婦の間にすれ違いが続いている。
は、視力や、学力の低下などが心配で、「ゲーム禁止」の方針。
しかし、実はうめさんは、月に一度、自分の実家で、子どもたちとこっそりゲームで遊んでいる。
子どもにとって、ゲームをに秘密にしている状態がいいものか、心配。

71107.jpg 71108.jpg


解決策
尾木ママの見解
・「ゲーム禁止」にこだわる理由があるはず。
・話し合いがうまくできていない背景がつかめるとよい。

専門家の見解大日向雅美さん
ともう一度向き合ってみては?
「1ヶ月に1回、うめさんの実家ではなく、家でやらせるのはどうか」
「1ヶ月に1回ぐらいなら、視力にも影響しないし、ゲーム依存症にもならないだろう」
などと話し合い、ときちんと向き合って話し合ったらどうか。妻は人生は分かち合う同志。
・話し合いができなくなった背景は、もしかしたらゲームではない可能性もある。
妻を、名前で呼ぶと夫婦の関係が改善した事例もある。




【夫婦で話し合おうとするとすぐ口論になってしまう!・・・和牛さんの場合】

71109mini.jpg

大日向さんおすすめ!
口論になってしまい話し合いができない夫婦」へ解決策


[1]「話す人」「聞く人」の役割を夫婦で決める。
71110mini.jpg

[2] 話す人は思う存分、話をし、聞く人はその間、一切口を挟まない。

[3] すると、話し終わった人は、時間が経つにつれヒートアップした気持ちが落ち着き、「ちょっと言い過ぎたかな」「今日は話を聞こうかな」という思いが自然に出てくるという。

71111mini.jpg

[4] 次に、役割を変える。

[5] 交代する間隔は、日替わり、もしくは午前・午後に分けるのがオススメ!

71112mini.jpg

夫婦の関係改善のきっかけに、お試しを!



【夫婦で話し合いが持てた例・・・ミーアキャットさんの場合】

ミーアキャットさんは、小1の長女のお母さん。しつけ方の違いで夫婦間でたびたび衝突してきた。
は、「しつけのためなら、強く叱ることも必要」と考える一方、ミーアキャットさんは、「丁寧に話しながら、しつけをしていきたい」と思っていた。
お互いのしつけ方に不満を持ち、ケンカが勃発。

71113.jpg 71114.jpg

ケンカは、娘の前ですることもあったという。
このままではマズイ、と夫婦で初めて、しつけについて話し合った。
そのとき、「たとえ、考え方が違っても、お互いの言い方や、やり方を否定し、ケンカをするのはやめよう」と約束した。

71115.jpg

それからは、ミーアキャットさんは、の言い方を否定せずに、対応するようになった。

専門家の見解大日向雅美さん
・ゴチャゴチャした状態こそ、人生であって、それが「家族する」ということ。
本当に大事なことは、そのゴチャゴチャした状態から逃げないこと。
・違いがあって当たり前で、正解はない。「家族する」ことは、とてもすてきなこと。

尾木ママの見解
・堅苦しく考えずに、ぶつかり合いもあれば、前進もしていくという関係でよいのでは!

 

 



END

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2020年07月04日 (土)

要注意!学校での熱中症<番組内容>


※熱中症について詳しく知りたい方はこちらのサイトもおすすめです!
「NHK健康チャンネル 【特集】誰にでも起きる熱中症!原因・症状・予防・応急処置まとめ」
710banner.png
https://www.nhk.or.jp/kenko/special/netyusho/sp_1.html

 



今回のテーマは、「熱中症」
新型コロナウイルスが襲った2020年の夏。
真夏の時期の授業や、マスクの着用など、子どもたちは、これまで以上に熱中症のリスクにさらされている。

71001.jpg 71002.jpg


番組には、ホゴシャーズから「学校での熱中症」について、さまざまな不安の声が寄せられた。
どうすれば、この夏を乗り越えられるか?専門家にアドバイスを聞いていく!


ホゴシャーズの声【1】
「もし熱中症になっても、先生に気づいてもらえないのではないか?」

八木利津子さん(桃山学院教育大学教授・元養護教諭)
・先生の立場からすると、授業中や集団の中で、熱中症を見分けるのが難しいことはよく分かる。
特にマスクをしていると顔の半分が隠れるため、表情が読みとりづらい、という声をよく聞く。
・小学校低学年は、遊びや運動に夢中になるので、自分で熱中症の症状に気づきづらい。また、語彙力が少ないので、自分の体調を周りに伝えづらい。
・中学生になると、周りの目を気にして、「保健室に行くこと自体が恥ずかしい」と遠慮してしまう子もいる。

解決策は?
・事前の予防策を考えておくことが大切。
・体調が悪くなったときのサインをあらかじめ決めておく。指の角度で体調の良さ、悪さを表すなど。
・授業の合間に、換気・水分補給・健康観察の3セットを行う時間を作る。その際は、マスクを外して表情を見る。

71003.jpg



熱中症の主な症状とは?

田中英登さん(横浜国立大学教授・熱中症に詳しい)
・気温と湿度が高い時期に、「頭痛、ふらふらする、吐き気がする、顔が真っ赤になる」などの症状がでたら、熱中症を疑う。
・顔が赤くなったら、体温が相当高くなっている証拠。脳の温度が高くなる可能性があるため、特に危険な状態と思ったほうがいい。

71004.jpg

 

ホゴシャーズの声【2】
「コロナによる休校が続いたことで部活顧問の「遅れを取り戻す!」という熱度が高まっていると思います」

部活を行う際、どんなところに気をつければいい?

田中さん
・日本スポーツ協会の「熱中症予防運動指針」を参考にする。

※詳しくは、下記の「日本スポーツ協会」ホームページをご覧ください。
https://www.japan-sports.or.jp/medicine/heatstroke/tabid922.html
71005sashikae.jpg


田中さんおすすめ!熱中症対策法
[1] バケツに水をためて、3分くらい手をつける。それだけで体温が下がる。(部活動の際におすすめ!)
[2] 朝食をしっかりとる。脱水や脱塩を防ぐ効果がある。
[3] 家の中で、ときには冷房を切って、適度に汗をかく機会を作り、暑さに強い体をつくる。

71006.jpg

・手のひらを冷やす熱中症予防法について、詳しくは、下記のページをご覧ください。
※関連する記事はこちら。
「NHK健康チャンネル 超お手軽な熱中症予防法を大公開!~『金のベンリ堂』」
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1018.html

・手のひらには、AVAと呼ばれる血管が通っており、そこを冷やすことで“体温低下効果”が得られるという。
・「首・脇の下・そけい部」を冷やすよりも、「手のひら・足の裏・ほほ」を冷やしたときのほうが、体温が低下したという研究結果も。
・冷やすときは、氷や保冷剤などの冷たすぎるものより、15℃ほどの水が最適。

※「手のひらを冷やす」方法は、症状が起きる前の予防法です。もし、すでに熱中症が疑われる症状が出ている場合には、手のひらだけでなく、首・脇の下・脚の付け根を含めた全身を速やかに冷やすことが重要です。呼びかけに応じないなどの緊急時には救急車を呼び、適切な医療処置を受けるようにしてください。



ホゴシャーズからの声【3】
「冷感タオルなどを許可してほしい。スポーツドリンクが禁止なので不安。」

田中さん
・冷感タオルについては、「普通のタオルを水で冷やして拭く」ことで代用できる。
・スポーツドリンクに関しては、通常の学校生活を送る分には必ずしも必要ではない。ただし大量の汗をかいた場合、2時間以上連続して運動した場合などはスポーツドリンクが有効。



ホゴシャーズの声【4】
「真夏に制服で通学することが心配」

八木さん
・制服の下に、綿100%のシャツを着ることで、汗を吸うようになり、熱中症対策になる。
・学校は、制服やポロシャツでの登下校を認めるのがいいのでは。
・PTAを通じて「学校保健委員会」に議題をあげて、校則を変えられないか話し合うのもよい。


ホゴシャーズの声【5】
「マスク着用しながらの授業、登下校などが心配」
そもそもマスクにはどんなリスクが?

田中さん
・マスクをつけることで、マスク内の空気が暖まり、吸い込む空気の温度が上がることで、熱負荷がかかる。
・さらに口腔内の湿度が高まることによって、喉の渇きに気づきにくくなり、脱水症状の危険性が増す。



学校生活におけるマスク着用について、感染症の専門家の小児科医・森内浩幸さんに意見を聞いた。

71007.jpg

長崎大学病院 小児科医 森内浩幸さん
まずはマスクがどんな効果をもたらすのかを知ることが一番大事。マスクについては、「2メートルより近い距離で対面で会話する場合、大きな声を出したりたまたま咳やくしゃみをしたりしたときに生じる飛沫による感染を防ぐ」効果がある。
それを踏まえると、登下校、通常の体育、通常の教室でも子どもたちが全員前を向いて着席している場合は不要。ただし通常の授業であっても、低学年のクラスなどで、すぐ隣の子とついついおしゃべりをしてしまう、という状況ならばマスクを着用しておくほうが無難。その地域における流行やクラスの状況に合わせ、校医や養護教諭の先生と相談しながら、決めるのがよい。





END

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


page top