2019年5月

2019年05月25日 (土)

シリーズ 虐待を防ぐには(1)「親も助けてほしい」<番組内容>

※虐待かも?と悩んだ時に相談できる場所をページの最後でご紹介しています。

虐待事件がニュースなどで繰り返し報道される中、「虐待」は子育て世代がとても気にする社会問題となっている。番組には「虐待はひとごとだとは思えない」という保護者からの声が多く寄せられている。
そこで「ウワサの保護者会」では、ホゴシャーズと、虐待について研究している専門家などを交えながら、虐待を防ぐにはどうすればいいのかシリーズで取り上げていく。



シリーズ 虐待を防ぐには① ~親も助けてほしい~

【専門家 林浩康教授(日本女子大学社会福祉学科)虐待が起きる背景や支援のあり方について研究】
特殊な家庭で虐待が起きるわけではなく、一般的な家庭でも「孤立した育児」や「経済的な不安」などが引き金となり、虐待につながる可能性はあるという。そのため、虐待を予防するためには一般的な家庭を支援することも必要だという。

60711.jpg 60704.jpg


 【専門家 黒田公美さん(理化学研究所・脳神経科学)哺乳類の親子関係や愛着行動について脳科学の視点から研究】
・子ども虐待の罪で服役中の人にアンケート調査を行った結果、虐待の背景には夫婦の不仲や経済的な不安などの「子育て中のストレス」、うつなどの親自身の「精神的な問題」など複数の困難な要因が重なっていたことが分かった。
・配偶者との別離や病気など突発的な出来事で、子育てするのが難しくなる状況に追い込まれる可能性は誰にでもある。「親の自己責任」と言って支援をしないでいると、そのしわ寄せは子どもにきてしまうと指摘する。

60705.jpg



【親たちの本音:ひとごととは思えない】

「虐待という言葉を聞くのも本当は嫌だけど、そんなに遠くの話ではないと思う」(4児の母/小2~中2)

「自分自身が精神的に追い詰められてた時は、本当に可哀想な事したかなって思ってた時期もありました。その当時は、この状況をなんとかしなくちゃっていう思いで、もがきました」(2児の母/年長・小3)
「妻を突然亡くし、1人で3人の子育てをすることになった。想定外ばかり起きる中で、自分の感情が抑えられない時があった」(ライオンさん
「子どもが生まれる前は自分が感情的に怒る人間ではないと思っていた。誰しも最初に思っていたのとは違う状況に陥るのではないか」(マルベリーさん

60702.jpg 60703.jpg



 【時代とともに孤立してきた子育て環境が、親を追い詰めている】
・かつては親戚や地域で気軽に助け合っていた子育て。しかし高度経済成長期以降、核家族化が進み、閉じられた空間で主に母親が子育てをするようになる。
・オイルショック以降は経済が低迷し、児童手当の受給者がより限定されるなど、国からの経済的支援も期待できなくなり、子育ては家族の責任で行うべきという考えが定着していった。
・林教授は、こうした時代背景の中で親は過剰な責任感を持つようになり、ベビーシッターを利用することも躊躇するような空気が醸成されたのではないかと指摘する。

60707.jpg 60708.jpg



【親たちの本音:相談できるところがない】
「虐待してしまうかも」と悩んだホゴシャーズの中には、公的な機関の相談窓口に頼った人もいる。

・無料の電話相談を利用しようとしたが混んでいてなかなかつながらない。30回かけても、連続でつながらない。今聞いてほしいので、『かかれ』と祈るように押しています。(コチョウランさん
・育児に追い詰められて子どもにあたってしまい、警察沙汰になったこともあるが、行政の相談窓口を訪ねたところ「これぐらい軽ければまだまだ大丈夫ですね」と言われてしまった。(キヌアさん

60710.jpg 60709.jpg



【なぜ支援が行き届かないのか?専門家・黒田公美さんの見解】
日本では子どもの心の傷や親の辛さに対する支援の重要性があまり認識されていない。例えば日本の医療は非常に質が高く、骨折の診療で一晩待たされることはない。しかし、人間の心に対する深い理解に基づいた福祉のあり方が欧米に比べると少しまだ遅れている。

虐待を防ぐには、どうすればいいのか。
「ウワサの保護者会」では、これからもシリーズで考えていきます。




「もしかして虐待かも?」と悩んだ時に相談できる場所

児童相談所 全国共通ダイヤル TEL:189
子育てに悩む家庭の支援や出産・育児の相談に応じています。相談は匿名でも可能で、秘密は守られます。
※24時間対応。最寄りの児童相談所につながります。
※一部のIP電話等からは利用できない場合があります。こちらの一覧表にある各児童相談所の電話番号をご利用ください。
一覧表


PCIT-JAPAN(ピーシーアイティ・ジャパン)
「PCIT」【親子で参加するプログラム】
こころや行動に問題を有する子ども(主に2~7歳)と育児に悩む養育者の両者が一緒に受ける心理療法。親子が遊んでいるの様子を見ながら、セラピストが別室でトランシーバーを使って親にスキルをライブコーチする。コミュニケーションの質を高めることで、親子関係の回復を目指す。


AF-CBT Japan(エーエフ シービーティ・ジャパン)
「AF-CBT」【親子で参加するプログラム】
コミュニケーションやしつけに悩んでいる5歳~17歳のお子さんを持つ家族が、より安全で穏やかな毎日を過ごせるようお手伝いするプログラム。子どもと養育者が対象で、個別に受けるセッションと親子合同で受けるセッションを組み合わせて行われる。


一般財団法人MY TREE(マイ ツリー)
「ペアレンツ・プログラム」【親向けプログラム】
「子育てが苦しい」「子どもを無視したり叩いたりしてしまう」 という親の回復プログラム。身体と心のリラクセーション法の習得、自尊感情の回復、子育てが楽になるコミュニケーションとしつけ方法の練習を行う。


株式会社 メンタルサポート研究所
「子どもと笑顔で過ごすためのプログラム」【親向けプログラム】
イライラや怒り、悲しみなどの不快な感情を処理する方法を知り、親自身のこころと身体が楽になっていくことを目指すと同時に、子どもとの適切な接し方について学ぶ。少人数定員6名の全12回。座学に加え、参加者と講師が互いの思いを語り合いながら成長を目指す。


一般社団法人 WANA関西
「SEP」【親向けプログラム】
自分を好きになれない方、家族を含めた対人関係に問題をかかえがちな方が、5回の学習で認知の修正法と定着方法を身につけるプログラム。生育過程など環境からの課題を見つめ、認知(考え方)の偏りを短期間で修正する方法を学習する。



専門家・黒田先生のプロジェクトでは他にも親向けのプログラムを紹介しています。 ※NHKのサイトを離れます。
 

 




 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2019年05月18日 (土)

答えに困った!子どもの質問 <番組内容>

「自由ってなに?」「なぜ人は生きるの?」お子さんに聞かれて答えに困ったこと、ありませんか?
そんな哲学的ともいえる子どもの質問に、どう答えればいいのか?
タレントのユージさんもスタジオに参加して、ホゴシャーズと一緒に考えた。

60501.jpg



◇街で聞いてみた…子どものこんな質問に困った!◇

・亡くなったおばあちゃんは、どこへ行ったの?
・普通って、なに?
・どうして虫を殺しちゃいけないの?
・なぜ人は生きているの?

60502.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・うちの子だけじゃなかった!
・親しい先生が亡くなった時、死についての質問に、正しい答えを言ってあげたかったが、何が正しいのか分からず、すごく悩んだことがあった。

60503.jpg




◇哲学者に聞く なぜ子どもは難しい質問をするの?◇

60504.jpg
苫野一徳さん(熊本大学教育学部准教授)

・人は「何でだろう?」と答えにたどり着くまで永遠に考え続ける推論の能力がある。
・「なぜ人は生きているのか」「世界の始まりは何か」という究極的なことまで考える。
・そうした問いを持つと「本当のことを知りたい」「あの人のようになりたい」と世界を憧れの目で見るようになり、人生が豊かになる。
・子どもから問われたら、親は「なぜそう思うの?」「あなたはどう思うの?」と丁寧に聞き、対話の相手になることが大事。自分の考えを言語化すると、その考えが明確になり、新たな気づきが生まれる。そして、さらに考えを進めていくことができるからだ。


ホゴシャーズユージさんの感想◇
・いい答えを言ってあげたいという気持ちがあったが、もっと会話を楽しむつもりでいたら良かったのかな?(たけのこさん)
・子どもの質問に対して答える内容よりも、考える時間を共有する、ということが大切なんですね。(ユージさん)



◇子どもが質問しない! ハムスターさんの場合◇

60505.jpg

・小学生から大学生まで3人を育てているハムスターさん。「どの子からも難しい質問をされたことがない」のが悩み。ついには自分から「人って何で生きてるか気にならない?」と聞いてみたが・・・子どもたちの答えは「聞いてどうするの?」。

・哲学者の苫野さんによると、問いを持つタイミングは人それぞれ。長い目で見ればよく、心配する必要はない。ただし、子どもが問いを持ったときに「そんなこと聞いてどうするの?」などと問いをつぶさないこと。


<尾木ママの見解>
・どんどん疑問を出す子が、「素敵な子」だとか「探究心がある子」というふうに決め付けない。疑問が出てきたときにいつでも向き合える関係が大事。



◇“なぜ人は生きるのか?”―実際に子どもと話し合ったくるみ家◇

・6人の子どもを育てているくるみさんの家では、子どもたちと対話をすることが多い。 
そこで次男のひなたくん(小5)とりくとくん(小3)と、母のくるみさんで「なぜ人は生きるのか?」というテーマで1時間ほど話し合ってもらった。

 ひなた:人間、生きていくのって食う・寝る・出すだよね。
 りくと:子孫を残すため。
 ひなた:宇宙人が人間を作り、この地球に人間を落とした!
 りくと:昔は海の卵で陸地に上がって進化をして人間になったという情報もある。
 りくと:違う人を成長させるために生きている。違う生き方をした人に教えてあげたり、教え合うため。
 ひなた:幸せになるため。原始時代から人は好きなこと趣味を大切に生きてきたかも。趣味を大切にする

60506.jpg 60507.jpg


◇哲学者が解説!子どもたちの話し合い◇

・「違う人を成長させるために生きている」というりくとくん。多くの場合、「人は何で生きるのか?」と考えると、自分のこととしてしか考えないので、他人を理解しようとしている思考はすごい。
・「幸せになるために生きている」というひなたくんは、「くよくよするのではなく、人生に喜びを見つけ出せ、作り出せ!」という哲学者・ニーチェと同じ考え方!
・対話をすると「いろんな考え方があるんだな」という多様性に開かれる。「人と人は対話によって納得しあえることもある」ということも実感することができる。

60508.jpg 60509.jpg

くるみさんの補足
・子どもに意見を聞く時に「それいいね、そう思ったんだ」と返すともっと出てくる。
・自分自身も遊びだと思って、対話を楽しんでいる。

60510.png


ホゴシャーズユージさんの感想>
・正しいこと私がを教えなくちゃって思っていたけれど、楽しんで子どもに教えてもらうくらいで良いんだと思った。(たけのこさん) 
・子どもはみんな、自分で考える時間さえもらえれば、くるみさんのお子さんのように大人を感心させる言葉って出てくるんじゃないか。
早く帰って子どもと話したくなった!(ユージさん)


忙しい日々、時には動かしている手を止めて、子どもの「なんで?」に付き合うと、いい時間になるかも!




END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2019年05月11日 (土)

困った!学童に入れない <番組内容>

共働きやひとり親家庭が増え、需要が高まっている「学童」。

しかし、この春にはSNSで「保育園落ちた」ならぬ「学童落ちた」という言葉が目立った。学童が不足し「利用したくてもできない」という家庭が増えているのだ。学童に入れなかった家庭はどうすればいいのか?

今回は、「ウワサの保護者会・ジャーナル」と銘打ち、3人のお子さんがいる、くわばたりえさんと日本学童保育学会・代表理事の増山均さんをスタジオに招き、学童問題について話し合った。 

60401.jpg 60402.jpg

60404.jpg


 【学童に入れない… カタクリさんの場合】
都内に住むカタクリさんは、夫婦共働きで帰宅するのは早くても夕方6時。そのため長男を学童に預けていたが、小学3年生になる今年は待機児童になってしまった。夕方5時までは学校で過ごすことができるが、問題はそのあと。児童館は子ども一人で通える場所になく、企業が運営する学童は費用が高く予算オーバー。結局、習い事を入れたり、仕事を早く切り上げたりして対応することにしたカタクリさん。しかし夏休みの居場所は決まっていない。

60405.jpg 60406.jpg

 

<ホゴシャーズの感想>
・学童の代わりに習い事に毎日通わせるのは、お財布に安心安全じゃない!
・フルタイムで働いていても入れないのは何とかしてほしい…



【保護者が学童をつくる ヒバリさんの場合】
待機児童が過去最多となった昨年。自分で学童をつくることにした保護者もいる。保育士として、子育て支援をするNPOに勤務するヒバリさんは、小2の長男が学童に入れなかった。このままでは仕事を続けられないかもしれないと上司に相談。すると「自分で学童をつくってみては」と提案された。
指導員や助成金の確保など課題はあるが、ヒバリさんは夏までの開設を目指している。

60411.jpg 60412.jpg


<専門家・増山均さんの見解>
・そもそも法律に学童保育が書き込まれたのは1997年。
それまで半世紀は親たちがヒバリさんのように協力して、場所を探し運営費を作ってなんとかやってきた。今も公的支援は不足している。
・いま発表されている待機児童数は氷山の一角。実際には入れないと最初から諦めて申込みすらしない人もいる。学童保育そのものがないところもある。潜在的待機児童は膨大にいる


<国の待機児童対策>
「新・放課後子ども総合プラン」(2018年9月・文部科学省/厚生労働省策定)
→3年間で25万人分の受け皿を用意し、待機児童を0にするという方針を発表
→現在は「指導員の配置基準は2人以上(うち1人は有資格者)」という基準を拘束力のない参考基準に緩める方針。


<ホゴシャーズの意見>
・指導員の配置基準がゆるむのは心配。保育の質は担保してほしい!

 


◇「待機児童解消のため、とにかく受け入れ人数を増やす」という国の方針について専門家は?◇

池本美香さん(日本総合研究所主任研究員・保育や学童問題に詳しい)
・親が働けるようにするためだけではなく、子どもが豊かな放課後を過ごすために何が必要かという視点を持つべき。
・フィンランドでは見守りの大人が常駐している公園があり、学童の役割を果たしている。公園内には建物があり、室内遊びをしたりおやつを食べたりすることもできる。
・ドイツでは、高齢者などと過ごす「多世代の家」という場所や、動物の世話をして過ごせる農場が放課後の居場所になっている。

60409.jpg 60410.jpg


<ホゴシャーズの感想>
・自分で放課後の居場所を選ぶことができたら、子どもたちも満足できるのでは。
・放課後は、子どもがもっとのびのび自由に、やりたいことをやる時間のはず。


<尾木ママの意見>
・日本は「子どもの最善の利益を追求する」とうたう子どもの権利条約に批准しているのに、子どもたちが楽しむことができる放課後の居場所づくりが遅れている。これは大人の責任。子どもたちに申し訳ない!


<専門家・増山均さんの意見>
・日本では学校が中心で放課後は付け足し、と考えられがち。しかし放課後も子どもの成長発達のために大切な時間だということを忘れずに。





END 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


page top