2019年4月13日

2019年04月13日 (土)

子離れがさみしい!<番組内容>

「子どもが家族との旅行に来なくなりました…」
10歳くらいから友だちを優先して親と距離をとりはじめる子どもたち。
保護者からは、「そろそろ子離れの時期?」「どうすればいいの?」と戸惑う声が寄せられた。 

60201.jpg


そこで今回は、3人の子どもがいるはなわさんと一緒に「子離れ」について考えました。

60202.jpg 60203.jpg

<はなわさんの経験>
長男が佐賀県の高校を卒業して、大学進学のため上京。さみしいような、ぽっかり穴が空いたような気持ち。

<ホゴシャーズの経験>
カラスウリさん(父)
「中2の息子が、公園でキャッチボールをしてくれなくなり、友達優先」
ネクタリンさん(母)
「娘が12歳くらいのとき、それまではママとすべて一緒がいいと言っていたのに、お箸とかマグカップとか全部、おこづかいで買い直した。さみしかったし、全否定されてる気がした。」
ユーカリさん(母)
「小6の息子が、近所で歩く時は5mくらい離れるようになった。ハグもよけるし、手も絶対つないでくれない。さみしいけれどまぁそれでいいのかな。さみしいですけど。」
いよかんさん(母)
「中2の息子が、部屋にいるときドアをぴったり閉めるようになった。前まで一緒に寝ようとかいっていたのに、急に大人になっちゃった。コミュニケーションが減ってさみしい」
ライオンさん(父)
「息子に、たまには一緒にお風呂に入ろうと言ったら、「今日くらいゆっくりさせて」と言われ、1人で入った。俺はじゃまなの?」

<尾木ママの話>
10歳前後になると、親との関係よりも友達関係を大事にし始めるのが“子どもの「親離れ」”



◇★じゃあ、親のさみしい気持ち、どうしたらいいの?◇

<心療内科医・姫野友美さんの見解>
・10歳前後から自我が出始める。親からたくさん愛情を受けると、飽和状態になり「もういい!自分で好きなことを好きなようにやる!」となる。これは親がたくさん愛情を注いだ証と、前向きにとらえる。

60204.jpg 60205.jpg

・子どもが親から離れていくのはさみしいが、子どもにとっては大事な自立のステップ
親子関係も“世話をするかかわり方”から“精神的なつながり”にシフトしよう。
そのためには子どもの心を読み取る能力が必要なので、子どもが「なにを欲しているのか」観察するのかが大事。これが“子離れ”だ。

60206.jpg 60207.jpg

<ホゴシャーズの感想>
・安心した、嫌われてなんぼ。気持ち悪いって言われるのが褒め言葉なんだなって。
・意識を変えなければいけない
・子どものことを見て、何を求めているかを探らなきゃいけないという、もっと大変な段階にきてしまったというプレッシャーも感じている

<尾木ママの話>
・子離れの時期に大事なのは“子どもの主体性”。
・親があれこれ口出しをしないで、まずはよく観察をする。
・子どもを信頼すると、子どもも親に対して「信頼感」や「尊敬心」をもち、「自分で工夫してみよう!」という決意になる。
子どもの自立には、自分で悩み考える力も大事だ。子どもを信じて見守ろう。

60208.jpg 60209.jpg

<ユーカリさんの経験>
子どもの主体性を大切にして、身支度や宿題などに、口出しするのをやめたら、小5の息子が、自主的に朝5時に起きて宿題をやるようになった。

<はなわさんの経験>
息子の柔道に口うるさくアドバイスするのをやめたら、はじめは負けたり先生に怒られたりしていたが、だんだん強くなった。自分で経験して気づいていくことが大事なんだとわかった。




60210.jpg

<ホゴシャーズの疑問>

親から離れたいそぶりをする息子が急に甘えてくることがある。どうすればいい?

60211.jpg 60212.jpg

ハナミズキさんの息子は、普段は「ほっとけオーラ」を出しているのに、急に「ちょっときて」ということがある。しかし、何も話さず、2~3分すると「もう行っていいよ」と言われて、戸惑う。
いよかんさんの息子は、そっと近づいてきて、お母さんの肩に頭を乗せることがあるが、すぐにいなくなって、なでなですることもできない。


<尾木ママの話>
★子どもが自立するときには「まだ依存したい」という甘えがある。自立願望と依存願望が共存する。
★自立しようとしてもがいている姿なので、「その心はなんだろう?」と心の観察をするといい。



◇★では、いよいよ子どもが進学や就職などで、親元を離れるときは…?◇

60213.jpg 60214.jpg

<ホゴシャーズの経験>
ライオンさんの長男は、2年前大学進学のため親元を離れた。ライオンさんは喪失感があり、1番下の子が出て行くとき、どうなるのかと恐怖感をもっている。
サフランさんは、娘が出て行ったときに寝込んでしまった。息子が出て行ったときは、息子の漫画本やお箸など持ち物を全部見えないところに隠したくらい、つらかった。 


<姫野先生の見解>
「空の巣症候群」:愛情をかける対象だった子どもがいなくなると、うつ状態になったり、自律神経のバランスを崩したり、頭痛や肩こり、食欲がないという身体的な症状が出る人もいる。

60216.jpg

・そうならないためには、子ども以外のところに興味や関心を少しずつ移していこう。若い頃にしたかった趣味や仕事、スポーツなどに打ち込むのもいい。
・保護者が外に楽しい世界を持つことは子どもにとっても、自分が大人になった時の参考になる。人生の1つのモデルを見せることができる。

★子離れとは、ただ離れることではなく、子どもと「心の関係」をつくること。
あらたな気持ちでお子さんを見つめてみてはいかがでしょうか。






END

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2019年04月13日 (土)

AI時代 何を勉強すれば?<みんなの声>








*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top