2019年4月

2019年04月27日 (土)

教えてゾロリ!子どもの気持ち <みんなの声>

■原先生、ご出演!かつて、現在就活中の息子とゾロリさんのグッズつきのご本買ってました。もう彼には不必要になったので、ゾロリ好きの子ども達にプレゼントしたら、喜ばれました。「好きなことはその子どもの背中を押してくれる」そうなんです!「好きなこと」は、子どもだけでなく、私達人間をいろんなところ、いろんな世界へ連れて行ってくれます。我が息子、中・高生時代、部活だけをがんばってました。「大学なに学部に行くの」と訊くと「バド部」とか言ってました。ところが元々映画が好きで、あれこれノンジャンルで見ていて、とある機会で、成島監督、塚本監督、大御所の大森監督と立て続けに会い、「映画の勉強しよかな~」と今活躍中の映画監督を輩出している大学の映像学科に進みました。本人曰く、「好きなものは裏切らない」だそうです。ヌーさんとこのあきらくんも、ロメオさんちのゆうとくんも、素敵すぎます。きっと、お魚たちや鉄道たちが、二人をもっともっと広い世界に導いてくれるはず。好きなものにのめり込めるかぎり、その子どもたちは、大丈夫なんですよね、尾木ママ!
【ササニシキ】






*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2019年04月20日 (土)

教えてゾロリ!子どもの気持ち <番組内容>

今回は「かいけつゾロリ」シリーズの作者・ゆたかさんが番組に登場。
尾木ママホゴシャーズ、タレントの岡田結実さんといっしょに「子どもの気持ち」について語り合った。

60302.jpg 60301.jpg

60303.jpg


◇「かいけつゾロリ」の魅力は?◇

オナラ、ダジャレ、“なんとかなるさ”の精神で、ピンチを乗り越える…
そんなゾロリに多くの子どもたちが憧れている!

さんがゾロリを描くときに大切にしているのは「自分が子どもだったころの気持ち」。うれしかったこと、勇気をもらったこと、嫌だったことなどをたくさん思い出すことで、子どもの気持ちに近づくのだという。

60304.jpg


 ◇子どもの気持ちがわからない!親の悩み◇

60305.jpg 60306.jpg

子どもの気持ちを忘れないというさんホゴシャーズが相談したのは「子どもの気持ちが分からない」という悩み。

「一度ゲームを始めると決めた時間にやめないのは、なぜ?分からない!」
「外で遊ばないのはどうしてか分からない」
「体を動かすのが嫌いなのは、なぜか?分からない」 などなど。


◇子どもの言い分は?◇
「子どもの気持ちが分からない」というホゴシャーズに対して言いたいことがあるという小学生を集め、さんが言い分を聞いた。

60307-2.png

・「ゲーム=つまらない・勉強にならない・意味がない」と決めつけないで!大人も1度ゲームをやってみて!
・私が読みたい本とお母さんが私に読ませたい本が違う。ためになると言われても、好きでもないのに興味を持つのは難しい!
・「お母さんは自分の興味につきあってくれるけど、面倒くさそうなのが見え見え。無理につきあってほしくない」 という意見も。

60308.jpg 60309.jpg

<原さんの考え>
・親子の気持ちがすれ違っている。大人は子ども時代を1度経験しているのだから、「大人のほうが分かって」
・子どももやがて大人になる。大人になっても今の気持ちを忘れないで。

60311.jpg 60312.jpg

<尾木ママの見解> 
・ゲームの場合、あと何分ならやめられるのか、子どもに考えさせる。決めた時間でやめられなくても、5分ぐらいの“おまけ”はあってもいいじゃない!
・子どもを軽くあしらわない。対等に認め合う関係性を作る。
・親は自分が子どもだったころの気持ちを思い出してみて!



◇原さんが大事にしたいのは子どもの“好き”の気持ち◇

さんは執筆の合間に全国を飛び回り、サイン会を行っている。
会場にやってくる子どもたちに、原さんが必ず聞くのが「今、何が好き?」という質問。
子どもたちの好きなものや興味があることを応援したいという気持ちが込められている。

60313.jpg 60314.jpg


<一方、ホゴシャーズは・・・>
・鉄道模型が大好きだけど、夢中になりすぎて友だちと外遊びをしないことが心配。
・魚が大好きで、学級新聞は全て魚をテーマにして書いていた。周囲に理解されているかどうかが心配。

子どもの好きなものや興味のあることに対して応援したい気持ちはあるものの、「これで食べていけるのか?」などと将来のことを考えると不安や焦りが募るという。

60315.jpg


<原さんの考え>
・「絶対に幸せになる道」なんてない。子どもが自分の手でつかむしかない。
・好きなことを見つけることは、実は難しい。でも好きなことが見つかれば、人は頑張れる。子どもが好きなものを見つけたときに、親は背中を押してあげてほしい!

60316.jpg 60317.jpg


<尾木ママの見解>
・子どもは何が好きなのか、じっくり観察するとわかる。いろいろと与えてみるのではなく、引いた目で見る。
・「夢中になること」を持っていると、自分が夢中になっていることに対して否定的な人もいると知ることができるなど、人間としての土台を築いていく。社会を学んでいくことにもなる。


<原さんからのメッセージ>
ゾロリは、いくら失敗してもめげないで次に行こうとする。それが人生だと思う。そんなにうまいこといくことないはないが、諦めてやめてしまったらそこでおしまい。
子どもが社会に出たときに恥をかかないようにガミガミ言うのも大人の仕事。だけど、その裏で、見守る気持ちを持っていてくれるといいな。
1人の人間として、これから育っていく子どもの気持ちを無視しないで!

60318.jpg





END 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2019年04月20日 (土)

子離れがさみしい!<みんなの声>

■録画していたのを今朝見ました。とっっても楽しかったです!!子供が離れていくのを追いかけたい気持ち、わかります!!平気なフリをしていますが、ひとり暮らしなんかしてしまったら倒れるかもしれません。
私は自分の楽しみとして、自閉症スペクトラム系の子育て支援をしていますし、看護師という仕事を持っています。それは自分のルーティーンだと思っていましたが、子供との適度な距離感になることも納得でした。子供も同じような分野に興味も持ち始めて、人と関わり助ける仕事がしたいと言ってますしね。
お互いに楽しい世界をもって、報告しあえる関係になれたら素敵だな?って思いました!それが、愛情を満たす事が出来たと、自信を持っていいんですね!
【セージ】


■なんだか幸せオーラ満載な番組になりましたね。「子離れ」「親離れ」はそのご家族の幸せの証しです。お子さんが人として自立していく過程で、一人立ちしようとしたり、依存したりと手探りであれこれ試行錯誤するように、親も子どもとの新たな関わり方を試行錯誤するんです。その試行錯誤がやれること、一喜一憂できること、
それら自体が幸福な出来事ですよね。「子育て」って子離れしても 、また違う局面の楽しい醍醐味があります。(サフランさんはお分かりだと思いますが。)
【ササニシキ】


■子離れ
次女はやたら父親に喧嘩売ってた。夫も打てば響く次女の性格に余計おちょくってる感があって…一言余計が神経を逆なでしてた。反抗と言っても可愛い程度の物で、成長段階として当たり前のものなので、私は楽しんでました。
3歳上の長女は、私まで嫌ったらお父さんが可哀想だと、あえて距離を取らないように気を使ってるのが面白かったです。
次女が嫁ぎ挙式に後に、仏壇の手紙が置いて有りました。今日まで育ててくれたお礼…反抗して申し訳無かったとの謝罪…そのまま仏壇に置いてます。
【ももこ】


■「子離れ」の回を見て。
親から離れていくのは子供に愛情が十分伝わったと言う証だから大丈夫と言う話がありました。
うちは今年中学に入学しましたが、まだまだ親離れ出来ておらず、親の方がクール過ぎるのか余計にベタベタ甘えてきます。
それは親の愛情がまだ不十分だからなのでしょうか?
中学に入学したのは長女で、その下に二人の妹がおり、一人ひとりに十分に時間は与えられないのかもしれません。それが原因でしょうか?
不安になりました。
【あやはるりん】








*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2019年04月13日 (土)

子離れがさみしい!<番組内容>

「子どもが家族との旅行に来なくなりました…」
10歳くらいから友だちを優先して親と距離をとりはじめる子どもたち。
保護者からは、「そろそろ子離れの時期?」「どうすればいいの?」と戸惑う声が寄せられた。 

60201.jpg


そこで今回は、3人の子どもがいるはなわさんと一緒に「子離れ」について考えました。

60202.jpg 60203.jpg

<はなわさんの経験>
長男が佐賀県の高校を卒業して、大学進学のため上京。さみしいような、ぽっかり穴が空いたような気持ち。

<ホゴシャーズの経験>
カラスウリさん(父)
「中2の息子が、公園でキャッチボールをしてくれなくなり、友達優先」
ネクタリンさん(母)
「娘が12歳くらいのとき、それまではママとすべて一緒がいいと言っていたのに、お箸とかマグカップとか全部、おこづかいで買い直した。さみしかったし、全否定されてる気がした。」
ユーカリさん(母)
「小6の息子が、近所で歩く時は5mくらい離れるようになった。ハグもよけるし、手も絶対つないでくれない。さみしいけれどまぁそれでいいのかな。さみしいですけど。」
いよかんさん(母)
「中2の息子が、部屋にいるときドアをぴったり閉めるようになった。前まで一緒に寝ようとかいっていたのに、急に大人になっちゃった。コミュニケーションが減ってさみしい」
ライオンさん(父)
「息子に、たまには一緒にお風呂に入ろうと言ったら、「今日くらいゆっくりさせて」と言われ、1人で入った。俺はじゃまなの?」

<尾木ママの話>
10歳前後になると、親との関係よりも友達関係を大事にし始めるのが“子どもの「親離れ」”



◇★じゃあ、親のさみしい気持ち、どうしたらいいの?◇

<心療内科医・姫野友美さんの見解>
・10歳前後から自我が出始める。親からたくさん愛情を受けると、飽和状態になり「もういい!自分で好きなことを好きなようにやる!」となる。これは親がたくさん愛情を注いだ証と、前向きにとらえる。

60204.jpg 60205.jpg

・子どもが親から離れていくのはさみしいが、子どもにとっては大事な自立のステップ
親子関係も“世話をするかかわり方”から“精神的なつながり”にシフトしよう。
そのためには子どもの心を読み取る能力が必要なので、子どもが「なにを欲しているのか」観察するのかが大事。これが“子離れ”だ。

60206.jpg 60207.jpg

<ホゴシャーズの感想>
・安心した、嫌われてなんぼ。気持ち悪いって言われるのが褒め言葉なんだなって。
・意識を変えなければいけない
・子どものことを見て、何を求めているかを探らなきゃいけないという、もっと大変な段階にきてしまったというプレッシャーも感じている

<尾木ママの話>
・子離れの時期に大事なのは“子どもの主体性”。
・親があれこれ口出しをしないで、まずはよく観察をする。
・子どもを信頼すると、子どもも親に対して「信頼感」や「尊敬心」をもち、「自分で工夫してみよう!」という決意になる。
子どもの自立には、自分で悩み考える力も大事だ。子どもを信じて見守ろう。

60208.jpg 60209.jpg

<ユーカリさんの経験>
子どもの主体性を大切にして、身支度や宿題などに、口出しするのをやめたら、小5の息子が、自主的に朝5時に起きて宿題をやるようになった。

<はなわさんの経験>
息子の柔道に口うるさくアドバイスするのをやめたら、はじめは負けたり先生に怒られたりしていたが、だんだん強くなった。自分で経験して気づいていくことが大事なんだとわかった。




60210.jpg

<ホゴシャーズの疑問>

親から離れたいそぶりをする息子が急に甘えてくることがある。どうすればいい?

60211.jpg 60212.jpg

ハナミズキさんの息子は、普段は「ほっとけオーラ」を出しているのに、急に「ちょっときて」ということがある。しかし、何も話さず、2~3分すると「もう行っていいよ」と言われて、戸惑う。
いよかんさんの息子は、そっと近づいてきて、お母さんの肩に頭を乗せることがあるが、すぐにいなくなって、なでなですることもできない。


<尾木ママの話>
★子どもが自立するときには「まだ依存したい」という甘えがある。自立願望と依存願望が共存する。
★自立しようとしてもがいている姿なので、「その心はなんだろう?」と心の観察をするといい。



◇★では、いよいよ子どもが進学や就職などで、親元を離れるときは…?◇

60213.jpg 60214.jpg

<ホゴシャーズの経験>
ライオンさんの長男は、2年前大学進学のため親元を離れた。ライオンさんは喪失感があり、1番下の子が出て行くとき、どうなるのかと恐怖感をもっている。
サフランさんは、娘が出て行ったときに寝込んでしまった。息子が出て行ったときは、息子の漫画本やお箸など持ち物を全部見えないところに隠したくらい、つらかった。 


<姫野先生の見解>
「空の巣症候群」:愛情をかける対象だった子どもがいなくなると、うつ状態になったり、自律神経のバランスを崩したり、頭痛や肩こり、食欲がないという身体的な症状が出る人もいる。

60216.jpg

・そうならないためには、子ども以外のところに興味や関心を少しずつ移していこう。若い頃にしたかった趣味や仕事、スポーツなどに打ち込むのもいい。
・保護者が外に楽しい世界を持つことは子どもにとっても、自分が大人になった時の参考になる。人生の1つのモデルを見せることができる。

★子離れとは、ただ離れることではなく、子どもと「心の関係」をつくること。
あらたな気持ちでお子さんを見つめてみてはいかがでしょうか。






END

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2019年04月13日 (土)

AI時代 何を勉強すれば?<みんなの声>








*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2019年04月06日 (土)

AI時代 何を勉強すれば?<番組内容>

AI(人工知能)の実用化がどんどん進んでいる。いつかAIが人間に代わって仕事をするようになるかもしれない。でも、そうすると子どもの将来は? 「怠け者になって、AIの奴隷になってしまうのでは?」 AI時代を生き抜くため、子どもたちはどんな勉強をすればいいのか?

学習環境の研究をしている東京大学の山内祐平教授とパパ1年生のりゅうちぇるさんも参加して話し合った。

60102.jpg 60103.jpg


◇AI時代に仕事はどうなる?◇

<山内先生の解説>
・オックスフォード大学の研究者がアメリカの仕事を分析ところ、以下のような結果に。
【自動化される仕事】レストランの調理師や一般的な事務員など。
【自動化されにくい仕事】小学校の先生やデザイナーなど、なにか新しい物を作ったり、人間関係を大事にしたりするような仕事

60104.jpg 60105.jpg

・最新の研究によると、自動化される仕事は、だいたい1割ではないかと言われている。
・新しい技術が生まれると新しい仕事も生まれるもの。あまり心配しなくてよい。


◇では、いまの時代、理系がいいの?文系がいいの?◇

<ホゴシャーズの意見>
もみじさん「論理的な考え方が仕事に役立つので、理系がよい。」
ももさん 「文系の、人の気持ちとか考え方のほうが大切。」
あやめさん「AIを作る側の人になればいいと思い、プログラミング教室を体験させた。」

60106.jpg

AI時代を見すえて、いまプログラミング教室に通わせようと考える保護者が増えている。
理由の1つに、2020年度から小学校でプログラミングが必修化になることがある。

<山内先生の解説>
・必修化といってもプログラミング科ができるわけではない。算数や理科などの中で、授業をより分かりやすくするためにプログラミングを使う。
・プログラミングを使って、なにかの問題を解決したりする思考力(プログラミング的思考力)を身につけさせる事が目的。

60107.jpg 60108.jpg


◇「AI時代の親の心構え」インタビュー◇

<金沢大学大学院教授 三谷宏治さん>
60109.jpg

・AI時代に必要なのは、新しいものを生み出すこと。そのためにはやってみるしかない。
試行錯誤ができる力こそが、これから子どもたちが身につけるもの。
・企画を任せてみるのもいい。例えば、予算5,000円でお母さんの誕生日を仕切らせる。
自分で調べて、自分で決めて、成功したり失敗したりすることが、何よりの経験になる。
子どもを任せて信じてあげることが、親がするべきこと」


<人材育成コンサルタント 藤野貴教さん>
60110.jpg

・AIは“うのみ”にするが、人間は問いを持つ。 
「何のために生きるのか」「この仕事は何のためにやるのか」など一つ一つのことに目的と意思を持つことが、AI時代には必要。
・人生100年時代。親もこれから何十年も働いて生きる。
自分が何を大事に生きていくのか、親がそこに問いと目的意思を持つことも大事。


<尾木ママの見解>
・いろんな教室に行って「どれもうちの子には合わなかった。才能がない子だった」と言うのは間違い。興味を持ってるものが、子どもの才能。親はそれを支援してあげることが大切。

60111.jpg

 

 

 

END

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


page top