2018年10月

2018年10月27日 (土)

キャリア教育 大事なことは?<番組内容>

今回のテーマは「キャリア教育」。将来の社会的・職業的自立に向けた教育のことだ。
保護者は、子どもの“自立”のために何ができるのかを考えた。

51601.jpg


<尾木ママの見解>
・大きな企業に就職すれば一生安泰なんていう時代ではない!
どんな職業につくかということよりも、もっと大事なことがある!

 

◇「職場体験」 どう思う?◇


・キャリア教育の代表的な活動は、職場体験。公立中学校の約98%で実施されている。

<ホゴシャーズの意見>
・買い物に行ったときに、慣れないながらも一生懸命対応している職場体験の中学生を見て、とてもいいと思った。
・娘が小学生のときに近所のスーパーに職場体験に行ったが、お店の裏側を見せてもらって目を輝かせて帰ってきた。


職場体験を貴重な経験ととらえ、好意的な意見の他、こんな経験談も。

◇コハダ家の長女・ハナさん(高1)の職場体験◇
・ハナさんは中学2年生のとき、職場体験が実施されることになった。ハナさんが希望した職場は「郵便局」。
・ところが、郵便局は希望者が多く落選。実際に行ったのは子ども向けの施設だった。
・仕事は、部屋の飾り付けをしたり、子どもたちと遊び相手をしたりすることだった。
・ハナさんにとっては仕事とは思えず、意味のある体験だったかどうか疑問が残ってしまった。

51602.jpg 51603.jpg


<ホゴシャーズの意見>
・中学生ができる仕事は限られるので、仕方ない部分もあるかもしれない。
・職業体験の受け入れ先に聞くと、子どもを放ったらかしにはできないので、自分の仕事ができなくなるという声を聞いたことがある。
・希望ではない職場に行ったときにこそ、「こんな職業がある」「実はこれ面白い」という気づきがあるのでは?


<尾木ママの見解>
・人口が多い都市のマンモス校では職場を探すだけでも大変。
・第一希望の職場に行けない子には、どんなことに注目して体験に行けばいいのか、どんな仕事にどんな意味があるのか、丁寧にアドバイスすることが大事。

51604.jpg


◇現状のキャリア教育の課題◇


キャリア教育に詳しい法政大学の児美川孝一郎(こみかわ・こういちろう)教授によると、今のキャリア教育には2つの課題があるという。

課題①「イベント型」
現状では、職業体験は年1、2回で終わるイベントになっていて、自分の将来に結びつけにくい。

課題②「夢追い型」
夢の職業を目標に設定し、その仕事につくためにはどうすればいいのかを考えさせるやり方。
その夢が実現しなかったときにうまく転換ができないということがある。

51605.jpg

51606.jpg


<ホゴシャーズの意見>
・夢や目標を持つのは悪いことではない。しかし、小学校のときからの夢を実現できるのはほんの一握りの人だと思う。
・知り合いの中学生は進路希望で会社員と答えたら先生に叱られたと聞いた。弁護士ならよかったのか、と思ってしまった。
・夢がきちんと決まっているお子さんのほうが少ないのでは?

<尾木ママの見解>
・夢を追いかけているときは全力で頑張っている。そこで身につけた力は全く違う職業に向かったときにも生きる。
自分は前進できていると実感すると、自己肯定感も高まる。

51607.jpg


◇キャリア教育の目的は「自立」◇

・文部科学省はキャリア教育の目標を「社会的・職業的自立」としている。
・つまり、就職だけが目的ではなく、「自立」が大きなテーマになっている。
・では、保護者は、子どもに自立を促すためにどうすればいいのか?ヒントを探るためミルラ家にお邪魔した。


◇「自立」に向けて親ができること ミルラ家の場合◇

ミルラ家の一人娘、タマキさんは赤ちゃんのころから重度の食物アレルギーがあり、今でも外食をするときには事前に、そのレストランでどんな食材が使われているかなど入念に調べる必要がある。
・そのときにミルラさんが大事にしているのが、タマキさんと一緒に調べること。
・お店に直接電話をする時には、やりとりをすべて聞かせることにしている。
タマキさんが大人になったときには、自分一人でやる必要があることだからだ。

51608.jpg 

・こうした経験を重ねるうち、タマキさんは、将来、アレルギーがある人でも安心して外食ができる店を探せる検索システムを作りたいと、自然と思うようになったという。

51609.jpg


<キャリア教育の専門家・児美川教授のアドバイス>
・親は、職業を決めさせることよりも「人に接することが好き」「物に向き合うのが好き」など、本人の資質に気づかせ、方向を示すだけでもいい。
・一緒に見つけてみようと、並走してあげることも大事。

51610.jpg

51611.jpg

<尾木ママの見解>
・子どもは「自己決定」を繰り返す中で、やりたいことを見つけ、社会で生きる力を身につける。
・大学に行って、就職することだけが大事ではない。
・2030年頃には、労働人口の約49%が就いている職業は人工知能やロボットなどで代替可能と推計されている。
・社会のあり方がどんどん変わっている中、キャリア教育は「どんな風に自立して自分で生きていくのか」を考えることを大事にしていくべき。




END

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2018年10月13日 (土)

聞いてよ! 尾木ママ <番組内容>

今回は、特別企画「聞いてよ!尾木ママ」
番組ホームページにいただいた、たくさんのお悩みの中から3つのお悩みとじっくり向き合いました。

1.「置き勉を認めて欲しい」
2.「月経中のプールの授業、どうすればいい?」
3.「保護者間のSNSトラブル」

51801.jpg 51802.jpg

尾木ママは別の場所からの参加。
スタジオでは、モーリー・ロバートソンさんと、くわばたりえさんにも一緒に考えていただきました。



1つ目は、7月に番組に寄せられたこちらお悩み。

「神奈川県在住の小学3年生の母です。「置き勉」がうちの学校では認められていないんです。
遠方から通う子も多く、周りの保護者も 「重たいランドセルを背負って坂道を
30分以上歩くのは修行のようだ」 と言っています。
学校に意見を伝えましたが、今すぐには変わりそうにありません」


<「置き勉」について>
小中学生の子どもたちの荷物が年々重くなっている。原因のひとつが、教科書。ページ数が増え、サイズも大きくなった。そこで文科省は9月6日、各都道府県教育委員会などに「児童生徒の携行品に配慮するように」と、いわゆる“置き勉”を認めるよう通知を出したが、まだ実施していない学校もあるのが現状だ。
尾木ママのブログにも、「重い荷物のせいで、整骨院に通っています」という小学生の家族からのコメントが寄せられている。

VTR お悩みメールをくれた保護者とその学校を取材>
番組にメールをくれたのは、神奈川県のスズメさん。
息子のあきら君(仮名)は、小学3年生。

51803.jpg

次の日に持っていく荷物を見せてもらうと、教科書、副教科書、ドリル、ノート、合わせて17冊!
ランドセルの両側に上履きと体育館シューズをぶらさげると、荷物の重さは、6.7kg!
2Lのペットボトル、3本以上の重さだ。

51804.jpg 51805.jpg

後日番組が、学校の校長先生に取材をしてみると「置き勉を検討しているが、いろいろと課題がある」とのこと。

51806.jpg

・宿題など、持ち帰る必要があるものまで、置いて帰る子どもがいるのではという心配。
・生徒数が多く、小さなロッカーが1個ずつしかない。
・公立の学校なので、1校だけで置き勉を許可すると準備が整っていない他の学校から不満が出る


<尾木ママの意見>
学校としては難しい部分もわかる。置き勉がダメになった経緯は、置いて帰った教科書にいたずらや、盗難が起きたため。家庭学習の習慣をつけたいという流れも、2000年代後半から起きてきた。大きな学校では個別対応はなかなか難しい。

<モーリー・ロバートソンさんの意見>
担任ごとに、あるいは個人ごとにルールを変えればいいのでは?
「君は重そうだね、じゃあこれはここに確保しておこう」とか個別対応しては?
みんなが一律で、学校同士が一律とか、おかしいのでは?アメリカでは、持ち物をロッカーで自己管理するスキルを身につけることも大事にしていた。

<くわばたりえさんの意見>
子どもが小学校1年の時に「こんなに重いのか」と思ったけれど、みんなやってきているんだから、しかたないと思ってしまった。でもその時にまず動かなくてはいけなかった。

<尾木ママの意見>
それぞれの地域の保護者と学校の先生たちが、子どもたちが本当に楽しくて、安全で安心できるような学校生活をどう作ってあげるのか考えてほしい。お金がないなら、市議会や町村機関にちゃんと説明すれるのも一つの手。子どものために動いていこうという視点を持ってほしい。



 


「聞いてよ!尾木ママ」2つ目のお悩み。

51807.jpg

「娘の中学と高校では、水泳を見学すると後日500メートルも泳がなくてはいけない補習があります。
補習では男女一緒に受ける事もあり、娘はそれを避けるために、生理中でも無理してプールに入りました。
尾木ママ、どう思いますか?」

お悩みを投稿してくれた保護者、ミミズクさんはスタジオにも登場。

<ミミズクさんの話>
体育の先生は男性だという。水泳の補習のときに、生理と重なってしまった。
  母「泳ぎたくないんじゃなくて泳げない。今は生理中ですって先生に言えば?」
  娘「そんなの先生聞いてくれないよ」
  娘「私タンポンする」
  ミミズクさんは、急いで買いにいった。
  娘「痛いけれど頑張ってみる」
ミミズクさんは、娘に無理をさせてまで、水泳の補習を受けなければならないのかと悩み、番組に相談メールを送ってくれた。


<尾木ママの意見>
深刻な問題。ペナルティが500メートルというのもひどいし、見学もちゃんとした授業への参加なのに、見学がいけないことみたい。すぐ先生に言わなきゃダメですよ。

<ミミズクさんが先生に言えない理由>
先生が体育を取り仕切っているようなまとめ役の偉い先生。話をまともに聞いてくれない。こっちが対応を変えるしかないと思う。

<くわばたりえさんの意見>
高校のとき、ソフトボールをしていた。そのときに通っていた接骨院の先生に相談したらソフト部の監督に言ってくれて、生理の2日目3日目は部活を見学してもいいことになった。専門家に相談するか、専門家の意見をぶつけてみては?


産婦人科医の高橋幸子さんにも一緒に考えていただいた。
51808.jpg

<産婦人科医 高橋幸子さんの意見>
・月経だからプールに入ってはいけないということはない。タンポンをむりやり使うように強制するのはよくないが、前向きにタンポンにトライしてみるチャンスだったならば、それはそれでも良かったとも思える。
・月経のとき「プールに入りたくない」と思う子もいれば、「入りたい」と思う子もいる。保護者は、子どもの思いをよく聞いてできることを一緒に考えてあげることが大事。
・子どもが泳ぎたい場合は、痛み止めやタンポンなどの相談に乗る。
泳ぎたくない場合もその気持ちに寄り添おう。

<尾木ママの見解>
先生としては、過去に水泳の授業をサボろうと思う子もたくさんいたのではないか。
それを防ぐために500メートルとか無理難題みたいなことを課したのでは。


VTR 中学校の体育教師の実体験>
・教師にとって難しいのは、月経だとウソをついて見学を希望することもあるということ。そのため対応が難しい。

公立の中学校 村上先生
・生理が何回か続いて水泳を休み、さらに水着を忘れたという理由で休み、そしてまた生理になった、という子は「何かあるかな」というサイン。
・話をよく聞いたら「水泳が苦手で入りたくなかった」と素直に言ってくれた生徒がいる。
・体育は技能が見えてしまうので、教師も配慮が必要だ。
・「やりたくないんでしょ?」という態度で臨むのではなく、どうしてウソをついてしまっているか、話してくれるのであれば向き合って話を聞きたい。
51809.jpg


<尾木ママの意見>
・生徒がウソを言っていても、その背景を考え、生徒に寄り添い理解を深める機会にするという温かい眼差しが大事。

<産婦人科医 高橋幸子さんの意見>
・生徒と向き合う姿勢が素晴らしい
・体育の授業以外にも月経やタンポンについて学ぶ機会があるといい
・からだの変化を迎えるって嬉しいことだねというポジティブな性教育も必要

<モーリー・ロバートソンさんの意見>
・男子生徒も、男子と女子の体の変化をきちんと学べば、リスペクトが生まれるのでは?
・月経中の見学に本当によりそって、「今日はちょっとつらいんだな、そして見学しているんだな、頑張ってね」と男の子たちからも応援がいくようなコミュニティになれば、先生も変わるのでは。

<尾木ママからミミズクさんへのアドバイス>
・教育というのは信頼関係が大事。トラブルをきっかけに、話し合って関係が深まることも。
・もう一歩勇気だして歩みよってみては?
・専門家の意見を使うのもいい。にこやかに、先生をサポートするような気持ちで話すといい




「聞いてよ!尾木ママ」3つ目のお悩み。

51810.jpg

「娘の小学校で今年度より連絡網がなくなりました。
学級代表の保護者が、急遽巨大ライングループを作成し、入らざるをえませんでした。
SNSトラブルが怖いです。」

<連絡網がなくなってきている背景>
・2017年に個人情報保護法が改正され、5000人以下の組織も対象となった。
→それまでは対象外だった学校やPTAも個人情報保護法が適用となった。
・有料のメーリングリストを導入する学校もあるが、保護者同士でSNSでつながろうとする動きがある。SNSは手軽に一斉に全員に連絡ができる、写真やファイルも送れる、いざとなったら連絡先が分からなくても通話もできる利点から。しかしトラブルの元となることも。

<「SNSグループに振り回されない使い方」をITジャーナリストの高橋暁子さんが提案

・①通知をオフにする
 グループごとに設定可能。相手にオフしたことはわからない。
 通知をしていると都度見てしまい、振り回される原因に。自分の都合がいい時に見る。

・②SNSに誤解はつきもの!と思うこと
 スタンプ1つでも、人によって受け取り方が違う。トラブルが起きそうなときは、対面か電話で話すのがおすすめ。

・③自分のスマホルールを作る
 例えば「1日に1度、夜見る 必要な返事はその時に返す」というルール。
 グループに入ったら最初に「1日に1度は見てお返事します。緊急の場合は通話機能などでご連絡ください」と伝える。返事が遅いなぁとイライラされることもなくなり、楽になる。


・SNSはリアルの「補完ツール」。あくまでツールとして使いこなすという感覚を持つといい。

51811.jpg


<尾木ママの意見>
・ぼくのゼミでもSNSグループで勝手に議論が進み、いつの間にか全然違う結論が出たり、ゼミのテーマが決まっていたりとよくないことが起きた。
・SNSでは議論は絶対しない、コミュニケーションにも使わない、実務的な連絡をするだけとルールを決めたら、みなの連帯心も高まり、リアルなところをすごく大事にするようになった。


 

番組には、先生や保護者との間で波風を立てたくない、本音を言えないという悩みが多く寄せられていますが、きっと信頼関係は作れるはず。
みなさんも、一歩踏み出してみてはいかがですか?

番組ホームページの「お悩み募集」から、どしどしお悩みをお寄せください!




END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2018年10月06日 (土)

子どもの怖いもの <番組内容>


今回のテーマは「子どもの怖いもの」。
ホゴシャーズへのアンケートによると、わが子の怖いものの上位3つは下の通りだった。

51701.jpg

子どもの周りには怖いものがいっぱいあるが、どうして子どもはこんなに怖がりなのだろう?
恐怖の心理を研究している専門家を招き、怖がる我が子に親はどう向きあえばいいのか話し合った。


ホゴシャーズの悩み おばけが怖い息子

ポニーさんの2人の息子さんは大の怖がり。夜になるとおばけが怖くて1人でトイレに行けない。そのためポニーさんは毎回トイレにつきそい、終わるまでドアの前で待っていなければならない。息子たちに聞くと、トイレの暗闇が怖いのだという。そして、子どもたちが怖いのはトイレだけではない。家の中のいろんな所にもおばけがいるように感じている。

51702.jpg


<“恐怖”の心理の専門家の話>

なぜ子どもは怖がりなのか。恐怖の心理を研究している名古屋大学准教授・川合伸幸さんはこう語る。
「人の脳には、怖さを感じる『へんとう体』と、それにブレーキをかける『前頭葉』がある。前頭葉の発達はすごく遅くて、思春期ぐらいまでかかる。だから、子どものときに怖がるのは当たり前。」

51703.jpg

では、実際には存在しないおばけが怖いのはなぜなのか?
「おばけが怖い人と怖くない人がいるが、その人のそれまでの『学習』による。例えば、ポニーさんのお姉ちゃんがおばけの話をたくさんしていたが、弟たちはそれを聞いて『おばけは怖いんだ』と学習していた。」

51704.jpg


悩んでいるポニーさんのため、川合さんは3つの解決案を考えた。

51705.jpg
① 段階的に慣れさせる。最初は3回のうち1回だけつきそい、それができたら回数を増やしていく。

51706.jpg
②周囲が怖がらせない。お姉さんに、弟たちを怖がらせないよう言い聞かせる。

51707.jpg
③想像に想像で対抗。おばけに対して、お守りなどを使って安心させる。



怖い気持ちを親が利用することは?

51708.jpg

一方で、親がしつけなどで積極的に子どもを怖がらせていることもある。それについてはどう考えるべきなのか?


<ホゴシャーズの意見>
エゾリス「怖い地獄の絵を見せて、自分の悪いことを見直してほしいと伝えたことがある。」
ハリネズミ「怖さを逆手に取る方法もあっていい。」
アラマンダ「怖さを教えるのはトラウマにならないかと私は避けてきた。」
トウガラシ「世の中全体的に平和だが、怖い気持ちは持っていた方がよいのでは。」

51709.jpg 51710.jpg


<尾木ママの意見>
「怖がらせる教育についていうと、道徳的な事を伝えたり、何かの素材として使ったりのは『あり』。しかし、子どものしつけなど、手段として怖がらせて言う事をきかせるのはかなり『疑問』。子どもを怒ってくれるアプリがずいぶん利用されたが、これはまずいと思う。下手でもいいから、ママの声でママの理屈でちゃんと叱るということが大事。」

51711.jpg


<“恐怖”の心理の専門家の意見>
「恐怖は刃物と同じ。下手したらすごく危ないが、上手に使うと非常に便利。しかし、子どもによってものすごく怖がりな子もいて、トラウマになってしまうことも。例えば、絵は心に焼き付くこともあるので、絵ではなくお話でしてあげるのがよいのでは。その子の適性や発達を見ながら学びの力にしていったらいいと思う。」

51712.jpg



どれくらいの怖さなら大丈夫?

では、わが子がどのくらいの怖さなら大丈夫なのか?その手掛かりを、東京都北区桜田保育園の保育士・近藤初江さんに聞いた。この園では、子どもたちに怖い絵本を読み聞かせるときに注意していることが2つあるという。

51713.jpg

①年齢にあわせて本を選ぶ。例えば2、3歳の場合は、鬼が出る絵本でもユーモラスな絵柄のものを選ぶなど、「怖さの度合い」をみきわめている。

②最後に必ず子どもを安心させる。例えば、怖い山んばが最後には死んでいなくなる物語を選ぶ。さらに読んだ後は「お話の世界はここで終わりだ」と子どもに伝えることも大切。




END 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


page top