2017年11月

2017年11月25日 (土)

熊本家族のお悩みに答えるばい!! <みんなの声>



*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。


 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年11月18日 (土)

熊本家族のお悩みに答えるばい!! <番組内容>


今回は、尾木ママがいつものスタジオを飛び出して熊本市の尚絅大学九品寺キャンパスで公開収録。
約70名の観覧者にお越しいただきました。

いつもの番組と違い、尾木ママとゲストのはなわさんが3組の家族の悩み相談を聞くスタイルです。

02401.jpg 02409.jpg

はなわさんは、佐賀県在住で3児のパパ。
高2・中1・小1、3人の息子が柔道に打ち込んでいます。
体作りのため、たくさん食べるトレーニング「食いトレ」をしていて高校2年生の長男は2つお弁当を持参。
そのご飯の量は、4合だそうですよ!!

【1組目のお悩み】

相談者は、5人の子どもを持つお母さん。
熊本の柔道場に通う3人のうち、次男いぶき君(小5)のやる気に波がある。
大好きな外遊びができないまま、柔道場に行くとダラダラしてしまう。
しっかり練習に集中してほしい、ケガをしたら危ない・・・。
心配するあまり、お母さんは、練習中に名前を大声で叫んで、活を入れる!
しかし、息子は、「恥ずかしいから叫ばないで!」と怒るそう。
嫌がる息子に、どう気合いをいれればいいの?

02406.jpg 02403.jpg

◆はなわさんの見解

はなわさんの家も、三男について同じように悩んだ時期があった。
笑いながらわざと投げられたりしていたが、親が何を言っても、態度は変わらなかった。
ところがある日、急に態度が変わった。
きっかけは、息子がいつも練習で勝っていた相手に、試合で負けたこと。
号泣して悔しい思いをした。
それから子どもの目の色が変わっていった。
その経験から、いつか子どもは自ら気づいてやる気が出る瞬間が来るのではないかと思っている。
いぶき君の場合は、自分で「柔道をやりたい」と言っているのでその時点で大丈夫だと思う。

◆尾木ママの見解

自分にもっと任せてほしいのではないか。
お母さんが心配する気持ちもわかるけれど、もし態度が変わらなくて軽いケガをしたとしても、
それで懲りて自分で気づくなど、「自分で責任を負う」ということを自ら学ぶ。
自分なりに柔道と向き合うと信じて、見守って!
今を信頼できなくても、将来はそうなるという見通しを持てるといい。



【2組目のお悩み】

3人の息子と1人の娘さんを持つお父さんの相談。
西居家は、お父さんと子ども4人が柔の道を歩んでいる。
はなわ家と同じように「食いトレ」もしなければならない。
しかし、長男、次男と一緒に、食べることが大好きな娘が、つい食べ過ぎてしまう。
喜ぶからたくさん作ってあげたいけれど、どこまで思いに応えて用意すればいいの?

そんなお父さんが自慢のメニューがこれ!
・お父さんの手作りハンバーガー
・中は1kgのハンバーグ!
・バンズは特注
・誕生日にはりきって作った!

娘さんはこれを全部食べるわけではないが、それにしてもお父さんが作りすぎなのでは?という意見も…

02410.jpg 02404.jpg

◆はなわさんの見解

うちも同じような悩みがあって、小学校の時に、ダイエットさせた方がいいのかな?と
奥さんと話し、実行した。すると、柔道の先生から呼び出されて、
「ダイエットさせていませんか?健康的によくない!」
「子どもというのはいつか自分で食べなくなるときが来る」と言われた。
ダイエットをやめたら、中学校~高校と成長するにつれ、自分で調整しながら食事をするようになった。
その経験から、今は「娘さんには自由に食べさせた方がいいのでは?」と話した。

◆尾木ママの見解

お父さんが大きいハンバーグを作っても全部食べずに自分で調整しているので、食生活の自立ができている。
自分でコントロールする力があるので大丈夫。
お父さんは愛を注ぎたいだけなのよ。それはそれでいいじゃない!



【3組目のお悩み】

5人の息子を持つお母さんの相談。
お母さんが心配しているのは、長男のこうや君(中2)。
元気な弟たちに対し、とてもおとなしい性格。
しかも…
母「長男に向上心がない。サッカーをしているが
長男はがんばるって感じでもなく、しかたなくやっているように見える。
ビリでも、試合に出られなくても悔しがる様子がない。
もっと長男の意欲的な姿が見たい!どうたらいいの?」
というお悩み。
言い返すこともないので、ケンカにもならないし、何を考えているのか、感情が読めないという。

02412.jpg

02405.jpg 02415.jpg

◆はなわさんの見解

うちも長男がそういう性格で、打っても響かないというか
優しくて常に温厚。でも、そんな感じが「キャラ」でもあって
みんなに好かれるところでもあると思う。

 ・・・・・取材VTR・・・・・ 

会場でも気持ちをあまり話さないこうや君。
そこで、別の場所でインタビューをお願いすると
「自分が大事にしていることだったら、競争しようという気持ちが出てくる」
と言う。
こうや君が、大事にしていることとは?

取材させてもらうと、それは和太鼓!
生き生きと太鼓を叩き、とても楽しそう。
このチームは、おとなから子どもまで在籍し、一緒にイベントなどに出演している。
 

02414.jpg 02413.jpg

 
◆指導役の先輩方のご意見

・こうや君はおとなしいけど、太鼓を叩くときの笑顔がとてもすばらしい
・太鼓楽しいという感情が出ている
・大会に向けて、新しいことに挑戦しながら人一倍がんばっている
・負けん気が見られる。指導したら、次の練習では変わっている

◆尾木ママの見解

・お母さんの価値観と、だいぶ違うところでグングン力をつけていると思う
・こうやくんの太鼓の演技を見て、才能があると感じた
・太鼓のチームのように異った学年の子やおとなが交わる世界は、得がたい経験ができる
・好きなことに打ち込んでいるのはすばらしい

熊本のみなさま、ありがとうございました!

02408.jpg



 END

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年11月18日 (土)

「子どもの発達障害Part5 理解してほしい!学習障害のこと」<みんなの声>

■発達障害については、よく取り上げられる時代になりました。
その他、ダウン症等の染色体異常や知的障害についても、取り上げられる時代になったと思います。
我が家の次女は、知的の境界ラインにいます。
障害名がつくほど重くはなく、かといって定型の子たちと比べると、知的レベルは低いです。
ですが療育手帳をもらうような障害名もなく、宙ぶらりんな状態にいます。
こういった、どこにも当てはまらない、ボーダーラインの子どもについても取り上げてほしいです。 
まだまだ先の話ですが、いざ就職活動となったとき、障害者枠での雇用はされないでしょうし、かといって一般就職もかなり難しくなるだろうと思っています。ボーダーラインにいる子についての特集が見たいです。

mr2(母)/長女・小3 次女・年長】



■私の息子(小学2年)は発達障害で、吃音があります。
近くに吃音がある子がいないので、モヤモヤする日々が多々あります。
学年が上がると、話し方でからかわれたりイジメの対象となったり、人前で話すことができなくなったりするのではと不安です。
吃音というものを、周りに理解してもらうことも難しいかなと。
他の保護者の方はどのように乗り越えているのか知りたいです。

【ラム(母)/長男・小2 次男・年中】



■うちの子供は全員発達障害があります。特に一番下の男の子は重く、普通級にいますが学校の理解も無くて、辛い毎日を送っています。
支えの1つは、発達障害児のママ友で作ったサークルです。
学校のママ友には分かってもらえない悩みや愚痴を吐き出せる場所は、本当に有り難いです。
ウワサの保護者会のこともママ友からの情報で知り、発達障害の特集などのときは欠かさず見ています。
尾木ママの温かいエールで、いつも元気をもらってます。
今後も是非是非発達障害児の特集をお願いします。

【(母)/長女・大学 長男・小5 次男・小2】



■学習障害の再放送を見ています。
小学校2年生の時に広汎性発達障害と診断を受けました。そのとき主治医や障害に詳しい校長先生から、学習障害はないと言われ普通学級で過ごし、今中学校3年生です。
しかし漢字は書けない、英語はほとんど書けない、数学社会だけ得意といった状態です。
いま進学に向けて、本人も辛く普通の高校ではもたないだろうと中学の先生からも言われ、個別対応をしている通信制の高校に進学予定です。
発達障害の主治医から学習障害はないと言われている以上、漢字が書けないのは甘えでしょうか。

【たく(母)/長男・中3/次男・小6】



■小6男子の母です。
発達障害の特性があっても知的障害がないため普通級で過ごしてきましたが、子どもは学習面での困難さのうち「書く」ことに対して大きなストレスを感じている様子です。
漢字の習得も困難で、小2レベル程度だと思います。平仮名の間違いも直せません。計算の筆算も面倒で、文章題の式を書くのも嫌がります。頭の中で全て計算しようとするので間違います。
先日の学習障害の回を見て、PCを活用して学習しているピタくんの姿に衝撃を受けるとともに、我が子の目指すべき姿にやっと巡り合った!!と感激し涙が止まりませんでした。
子ども本人も一緒に番組を見て、書けない辛さに対して大いに共感していました。
本人も辛さと闘いながら必死に努力しているのです。学びたい気持ちがあるのです。
書くことから解放されたらどんなに楽になるか。ピタくんが羨ましかったです。
PCでの学習を取り入れるにあたって、ピタくんのママ(きくちゃん)がどのように学校側にアプローチしたのか、具体的にどのようにPCを活用しているのか(テストの時は計算をどのようにしているのか、漢字の変換は認めているのかなど)、是非ともお教え願いたいです!
残念ながら、私の住む仙台市ではタブレットやPCの使用を認めた前例がないと聞きました。
ならば前例を作るしかない!
藁にもすがる気持ちです。どうか力を貸してください。

【ひしか(母)/長女・中2/長男・小6/次男・小3】









*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年11月11日 (土)

子どもの発達障害Part5 理解してほしい!学習障害のこと <番組内容>


テーマは「学習障害」。

学習障害は、読み・書き・計算など特定の学習に著しい困難がある障害のこと。

発達障害のなかでも、周囲から特に見えにくい障害だと言われており、
学習障害の可能性のある子どもは、
30人クラスに1~2人いるという調査結果もある。

42301.jpg 42302.jpg

スタジオには、「学習障害がある子の親」「わが子が学習障害かもと疑う親」
「学習障害について知りたい周囲の親」が集まった。

【学習障害が理解されないことのつらさ】

学習障害のある子が抱える困難や思いについて、
カバさんの息子・ジンくんに話を聞いた。

42303.jpg 42304.jpg

中3のジンくんは、学習障害の特性があり、 話すことは問題なくできるが、
文字を「読むこと」や「書くこと」が苦手。

小学校に入ってから様々なつまずきに直面し、
周囲の無理解からバカにされたことがきっかけで、 勉強への意欲を失ってしまった。

ジンくんが、自分がどうしても読み書きがうまくできない理由を知ったのは、
6年生のとき。専門医から学習障害の診断を受けた。

42305.jpg

再び「学びたい」という気持ちを取り戻し、高校進学を目指すジンくんだが、
まだ自分に合う効果的な勉強方法を見いだせていない。
合格できるのか。入学できても必要な支援は受けられるか。不安は尽きない。

【学習障害とは・・・?】

42306.jpg


発達障害のある子どもを長年診てきた小児科医の榊原洋一先生によれば・・・、
「脳のなかの字を読み解く働きが、 もともと十分に発達しない状態だと考えられている」
「読み書きで大きな困難を抱えてる人が一定の割合でいることを 知ってもらいたい」

自身にも学習障害の特性があるというジンくんの母・カバさんは、
「自分を知ることが何より大事」と語る。

42307.jpg


ジンくんも、読み・書きが苦手な原因が学習障害にあると知ったことで、
前向きになることができ、学ぶ意欲を取り戻したのだという。


【個の特性に応じた対応が必要!】

ラピスさんは、学校が学習障害のある子のために、
テストを音声で流したり、口で答えたりさせてくれたらいいのに、と発言。

42308.jpg

尾木ママは、昨年施行された「障害者差別解消法」を引き合いに出し、
個別の要求に沿った対応が学校現場でも必要だとした。

ウニさんは、20年以上前に放送された海外ドラマで、
学習障害のある子が別室でテストを受けることになったエピソードを覚えていた。
アメリカではかなり前から、学習障害への理解や対応が進んでいることに、
スタジオに驚きがひろがった。

42309.jpg


【書けなくても勉強はできる!】

中3のピタくんは、小さいときから「書く」ことに強い困難を感じていたが、
「ノートと鉛筆」の代わりになるツールを手に入れた。
それが、タブレット端末とパソコンだ。

42310.jpg 42311.jpg


小5のとき、障害がある子ども向けの講座で、
タブレット端末を使えば、書きたいことを文字にできると知ったピタくん。
教室でみんなの前で説明し、学校での使用を認めてもらえるようになった。

42312.jpg

中学では、パソコン・スキャナー・プリンターを持ち込み、テストを受ける。
ピタくんは、「『知る』ことが好きになった」と学ぶことの喜びを語った。

42313.jpg


【ともに学べる環境をどうつくる?】

ピタくんの母・きくさんは「宿題を仕上げるのために一生懸命書かせていたが、
書かせたいのは私だ」と気づいたという。

42314.jpg

タブレット使用を認めた学校側にも、ホゴシャーズや尾木ママから賞賛の声が。
ラピスさんは「学校というもの全体が、こういう姿になっていってほしい」と話した。

最後に尾木ママが、もしかしたら学習障害かもしれないと思うような子どもが
周囲にいたら、子どもと一緒にその子に対するサポートをしたらどうかと提案。

42315.jpg


学習障害があってもみんな一緒に学べる環境作りのために、
ひとりひとり何ができるか考えることが大切だ。


投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年11月11日 (土)

「ゲーム時間を減らそう大作戦」 <みんなの声>

 

 

*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年11月04日 (土)

ゲーム時間を減らそう大作戦 <番組内容>


ウワサの保護者会!今回のテーマは「ゲーム時間を減らそう大作戦」! 

41901.jpg


◇◇◇ 「なかなかゲーム時間を減らせない」と悩む保護者の意見は・・・ ◇◇◇

■小6の息子。1日30分というルールが、守られた事がない。ほっとくと平日でも4~5時間没頭している。
■夜11時、寝室に小6の息子がいない。恐る恐るリビングに降りていったら、ゲームをやっていた。
「セーブできないところだから今終えるのは無理!」と言い訳したので、言いあいになってしまう。
■うちの小5の息子も、そのことで口をきかず「もうご飯もいりません」みたいになり、親子関係が悪くなる。
■小6の息子が、1日1時間ではとうてい守れなくて、夜の10時までとした。
それでも難しいので、スマホからゲームを強制終了できる最新のアプリを使っている。

41904.jpg 41905.jpg


<専門家の情報>
多くの保護者から心配が寄せられたのは「ゲーム依存が心配」「うちの子、ゲーム依存では?」という声。
依存の治療に詳しい、樋口進医師(久里浜医療センター)によると
■長時間ゲームをしないと「イライラして不機嫌になる」「何もしなくなる」などの特異な症状があり、さらにその結果「成績が大幅に下がる」「学校に行けなくなる」「親子関係が悪くなる」といった明確な問題が出ると、ゲーム依存だと言える。


◇◇◇ ゲーム時間を短く出来ている家庭の作戦は・・・◇◇◇ 

■いよかん家の作戦
小6の息子に対し、「決められた分量の勉強をしたら、ゲームを30分していい。ピアノも決められた練習をこなしたら、30分ゲームをしていい」というルールで、うまくいっている。
セーブに関しても、母親自身がゲームが大好きで内容をよく知っているので「そのゲームは蓋を閉めるだけでセーブできる」または「そのゲームなら、すぐ近くのセーブポイントに行ってセーブして」というふうに指示し、長引かないようにさせている。
41907.jpg

 

■ユーカリ家の作戦
小4の息子が「1日1時間」というルールを何回か破ったときに、ゲーム機とゲームのソフトが入った袋を全部、外のゴミ捨て場に捨てた(後で、子どもに内緒で回収した)。約束を破ったら捨てられる・・・と思った息子は、4ヶ月後にゲームを返して以降は、きちんを時間を守るようになった。
41908.jpg


<尾木ママの見解>

成功している家庭は、保護者がゲームのことを理解していて、子どもに寄り添いながらうまくリードしている。さらに、ペナルティをはっきりさせて、約束を破ったらどうなる…というのは教えたほうがいいと思う。

 

■ラッコ家の作戦(VTRで紹介)
ゲームが大好きな小4の息子。
・ゲームのことを話そうとすると、怒りっぽくなる
・言葉づかいが悪い、奇声をあげる
・成績ががくっと下がった
両親が話し合い、少しずつゲームから離していくことに。
そのルールとは、「1日分の勉強が終わるまで、父がゲーム機を隠し、場所を教えない」というもの。父親が本気で隠すので、息子が探しても見つからない。あきらめた息子はゲーム時間がぐっと減った。
息子さんの気持ちは・・・「楽しくはないけど、頭にはいいと思う。ゲームばっかりしていたけど、勉強ばかりできる自分もあったんだ」と気づいた。
41911.jpg 41925.jpg


<尾木ママの見解>

家族みんなで協力体制をとったのがいい。
「お父さんもお母さんも、家族がみんなこんなに真剣に自分の事を考えてくれてるんだ」と、心配する気持ちや愛情が息子にきちんと伝わったことが功を奏した。

<専門家の見解>
依存の治療に詳しい、樋口進医師(久里浜医療センター)によると
「多くの子どもが自分はゲームばかりしていてはいけない、学校や勉強も大切だと自覚をしているもの。子ども自身でコントロールするというのは難しいが、親が本気で心配する気持ちが伝われば、変わることができる」。


◇◇◇ そんな樋口進医師から保護者のみなさんにぜひやっていただきたいことがあるという。
それは「ゲームの時間を置き換えることができる『熱中できること・楽しいこと』を見つける」ということ ◇◇◇

41914.jpg

■保護者の意見
「息子がゲームに置き換えることができることが、思い浮かばない。将来バレエダンサーになりたいという夢があるので、バレエには通っているけど、それ以外にと言われると思い浮かばない・・・」

◇◇◇ 子どもは、ゲーム以外だとどんなことを楽しんでいるのか?ヒントを見つけるために児童館を取材した(VTR) ◇◇◇

「ペットボトルのキャップを積み上げる遊び」に時間制限をつけて、順位を競わせるなどの工夫をして盛り上がっていた。割り箸やペットボトルをつかった単純な遊びでも、少しの工夫で子どもが熱中していた。

 41916.jpgのサムネイル画像


VTRを見た保護者の感想は・・・
■競争させるのはいい
■男の子は、自分が勝ったという達成感が現実で味わえると、その気持ちをゲームに求めなくてもいいのかもしれない
■ゲーム機があるのに、単純な遊びで面白がってくれるか…という不安はある

また、こんな発言も・・・
ラッコさん「小4の息子は、児童館にも外にも出かけない。庭にも出ない。ゲームのために『Wi-Fi環境の中じゃなきゃ俺は生きていけない』と言う」

 41917.jpg


■そんなラッコさんの息子を、番組が外で連れ出してみた
(VTR)

協力してもらったのは、「あそび場づくりの専門家」関戸博樹さん。
ラッコさんの息子は、関戸さんが開催する外遊びイベントに参加。
リュックにはゲーム機が入っていて「いつでも自由にゲームをしていい」と伝えてある。
果たしてラッコさんの息子は、この日何分間ゲーム機をさわらずにいられたのか?を観察した。

41919.jpg 41918.jpg

「ビー玉と針金」でなんとなく飾りを作ると、関戸さんは、褒めた!
子どもはどんどんアイディアがわいてきて、大きな秘密基地を作った。
関戸さんのPOINT:子どもがすることを否定せず褒めることで、次のアイディアがわく!
ペットボトルのキャップに穴を開けるだけで、水鉄砲に変身!楽しく遊んだ
関戸さんのPOINT:家庭にあるものも一工夫で、子どもの遊びが広がる!
おやつの時間、持ってきたグミをそのまま食べるのではなく、焼いてみると…水飴のように伸びて、楽しかった!
あっというまに4時間が経過し、その間ゲーム機はリュックの中に入ったままだった

41921.jpg 41922.jpg

その後、ラッコさんの息子は、料理にチャレンジしたり、外に出たがるようになった。

VTRを見た保護者の感想は・・・
■外遊びがいいんだなと、あらためて思った
■ものづくりって、子どもは楽しいんだなとあらためて思った
■親もインドア派なので出かけないけど、ドアを開けてみようかなと思った
■家の中でも、親ができることがありますか?

<あそび場づくりの専門家:関戸博樹さんのアドバイス>
子どもは本来遊ぶ力を持っているので、家の中でも同様に、何を作ってもいいスペースを用意して、空き箱やサランラップの芯など、素材を用意してあげるとよい
ゲームが好きな、高学年の男の子たちだったら、ゲームの好きなキャラクターや武器などを木材や身近な素材で作るのもいい
ゲームを否定しないということも大事。開催する外遊びイベントにも、みんなゲームを持ってくるけれど、ゲームだけでなく、水の掛け合いやたき火をしてからまたゲーム…みたいに、遊びの1つとして選ぶ状況が望ましいのでは。

41923.jpg

 
END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年11月04日 (土)

「燃えすぎ注意!?子どものスポーツ」  <みんなの声>


■当日の新聞のテレビ欄を見て、非常に気になり視聴いたしました。Jリーグのクラブのスタッフとしてサッカースクールの活動等に関わっておりますが、プロ選手にあこがれる子どもたちに、技術面だけではなく、人間力を高めることこそが必要不可欠であることを伝えています。広島経済大学の内海和雄先生のコメントには強く共感いたしました。子どもたちの自由な外遊びが減っていることに非常に危機感を抱いております。プロで注目されるクラブだからこそ、良い発信を心がけて活動に取り組んでおります。保護者の方々の生の声を参考にさせてもらいたくて興味深く視聴させてもらいました。とても参考になりました、ありがとうございました。

【サリー(父)/長女・大1】


■私が住んでいる岩手県は、市町村立中学と県立高附属中で部活動に生徒全員が入部しなければなりません。県教委の方針なのかと思ったらそうではなくて、各学校の判断でそうなってるんですって。そういうこともあってか小学生のスポーツ少年団加入率は高くて、ほぼほぼ全員加入しています。まるで小学校の部活みたいです。で、中学の部活には社会体育的な組織もあって半強制加入、部活の延長練習や夜間練習であるかのように活動しています。部活も無休日長時間練習化させています。中学部活の加入強制性が小学生スポ少過熱化の一因でもあるかと。文科省は部活の全員加入制は否定しているようですが、岩手県に限らず全国に根強く残っている実態でもあるようです。全員加入制が撤廃されるよう文科省は指導して欲しい。

【ピーマン(父)/長男・中2】



■こどものスポーツ…スポーツ少年団の話題でしたが、ネガティブな保護者の意見だけで、当たり前のように放送するのは、どうか?と思う。
球数も決まっているし、肘の定期的検査も実施している。ゲームばかりしている子どもの方が絶対的に問題。一部だけでなく、全体の意見を取り入れてほしい。

【なな】

 

 

*番組へのご意見ご感想をお待ちしております。

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top