2017年5月

2017年05月31日 (水)

5月 <みんなの声>

■最近はギャングエイジの現れないお子さんもいるようです。
経済的な理由で父母ともに休日返上で働き余裕がなく、子どもも「親に迷惑かけちゃいけない」と、小学校でクラブ活動や友人と遊ぶよりも、家に帰って家事をする。妹弟の宿題見てあげる。バイトが可能な年齢になれば、自分の学費を稼ぐために働くお子さんも多いです。
親としては「習いごとや、クラブ活動をさせてあげたい」ですが、その余裕がない家庭も周囲に多く見られます。 
そういったお子さんにはギャングエイジはあまり見られないように思うのですが、ギャングエイジが現れないことによる弊害はありますか?
弊害を最小限に抑える方法はありますか?
【ひらりん(母)/長男・小6/次男・小1】


■今まで引っ越しが多く、小4の息子は幼稚園を3か所行きました。
そして今回初めて小学校を転校。どこでもやっていけるタイプの子ですが、やはり前の学校が忘れられないみたいで。
主人に単身赴任にしてもらったほうがよかったのか、でも家族だから一緒に住める間は一緒住むべきとの考えも強くあります。
転勤族のみなさんはそういった決断をどうしているか知りたいです。
【うどん(母)/長男・小4】


■小学校のプールや書道の授業で先生が実技を具体的にやって見せず、口だけの説明指導しかしてくれません。わが子は習いごとをしてないので、それだとよくわからず困っています。親も指導していますが、親だと子どもが言うことを聞かずうまくいかないので、やはり学校で指導してほしいのですが・・・。
「きちんと指導もせずに成績をつけるのはいかがなものか?」と先生に聞いたら「先生の向き不向きがあるし、プールは先生の立ち位置が決まっていて、余裕がない」とのこと。
だったら親も手伝うとお伝えしました。現状を変えられるといいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
【りんりん(母)/長男・小5】


■悩みは、小学1年生の長女がなかなかひとりでトイレに行かないことです。
幼稚園とは違い小学校は終わる時間が遅いため、トイレをずっと我慢するのがすごく心配です。トイレをする行為は一人でできるのですが、母親がいないと行こうとしません。また父親とも行こうとはしません(家でも外でも)。
小学校の先生にはそのことを相談していますが、ほかに子どものために家庭でできることはないでしょうか?早くひとりで行けるようになってもらいたいものです。
【ゆうちゃん(父)/長女・小1/長男・3歳】


■時間の配分が苦手です。子どもとの格闘は朝食後から始まります。「○分になったら歯磨きしなさい!」と言われるとようやく動き始め、洗面所に行ったと思ったら鏡を眺めて変顔。「早くやりなさい」と言われやっと磨き始める。目を離すとまたボーッとしている。
毎朝同じことで怒鳴り、嫌気がさしています。学校でも同じようなことで先生にしかられているので、本当に心配です。
【さくらんぼ(母)/長男・小4】


■中3の長女の、睡眠時間の乱れに悩んでいます。
夕方から寝てしまい、夜11時前後に目が覚め、それからご飯やお風呂に入り、また布団に入るのが夜中の2時~3時。
朝は学校まで走れば5分の距離なのでギリギリに起きて、ご飯も食べずに髪の毛のセットだけして出かけていきます。
夕方寝ない日も、ラインなどしていてお風呂の時間も遅いし、やるべきことが終わらずに夜中まで起きていることが多いです。
部活を引退したら夕方勉強できると言っていますが、今の生活リズムでは絶対無理だと思っています。
どうしたら娘の生活リズムを戻すことができるでしょうか?今、最大の悩みです。
【チューリップ(母)/長女・中3/次女・中1】


■小1の三男は入学前に発達の遅さに気づき、いろいろと相談して調べた結果、軽度の発達遅滞で市側からは支援学級への進学を進められました。両親で悩みに悩んだあげく、最初は普通学級で様子をみようとなり、普通学級に進みました。
最初のうちはよかったのですが、勉強が本格的に始まると三男はたくさん困ったことが出てきて、担任の先生と相談した結果、支援学級への転学をすることにしました。
私たちとしてはここまでやってみて迷いのない決断だったのですが長男、次男にそれを話したところ、二人とも大反対!しまいに長男は「家族の意見を聞いてくれないのか?」と大泣き。兄たちには申し訳ないと思いつつも支援学級への転学を変更する気持ちはありません。このような状況にある保護者の方々は、どのように子どもたちと接していますか?
【こっこ(母)/長男・小6/次男・小4/三男・小1】


■現在、娘は小学3年生。2年生の2学期ころから学校に行くことができなくなりました。いじめがあったなどの悩みはなく、何度話を聞いても、これといった理由がみつかりませんでした。甘えなのかと思い、学校に行くように促していたのですが、学校に行くのが怖いと言って、朝お腹が痛くなってしまったりします。ですが、学校を休むと決まると体調もよくなり、午後は近所のお子さんたちと遊んでいます。
担任の先生にも相談しましたが、改善しません。
以前から、習いごとなどを休みたいと言ったら休ませてしまったり、少し甘やかして育ててしまったところもあり、反省しています。
勉強もどんどん他の子と差が開いてしまっていると思います。本人が一番つらいと思うのですが、弟たちの悪影響が心配です。
【ワタリん(母)/長女・小3/長男・小2/次女・2歳】


■勉強の必要性をどのように伝えたらよいのでしょうか?
友だちがたくさんいて学校は楽しい。先生とも仲よし、友だちは優秀。その友だちと同じ高校に行こうと言うが中学からノートを取らず、提出もせず、テストもできない。漢字練習、計算、覚えること、勉強が嫌い。忘れ物も平気。
うるさく言っても反抗するだけだから、失敗させてみろと夫が言う。しかし、高校は全て落ちる。3月下旬に拾われた私立高校に通う。3月下旬は「もっと早くからやっていれば」とか「目標しっかり据えて考えていかないと」と言うが、男の子の頑張りは3日も持たない。言っていただけ。でも本心。
大学で生物を学びたい気持ちがあるが、中学時代と同じくノートすらまともでない。
「お金もかかり借金して高校に行かせている」と話しているが無視。なんとなく楽しければよいと学校生活を送っている。必要性は失敗でわかっているができないのはどうしたらよいか?
【はくもくれん(母)/長女・29歳/長男・高1】


■学校の先生の指導方法に疑問を持ったとき、親はどのように対応すればよいでしょうか?
長男の部活の顧問の先生は暴力を容認しているようです。先生が直接手を出しているわけではなく、上級生→下級生への暴力を見て見ぬ振り「言うことをきかなければ、やれ」というスタンスのようで…。
私はどのような理由があっても暴力はだめだと言い聞かせてきたので、戸惑っています。
【ツタンカーメンの母(母)/長男・高2/長女・中2】


■小学生4年女子、自閉症スペクトラムの子を持つ母です。
娘は学校で個別支援クラスを中心に普通級にも交流学習をしに行っています。
娘はグレーゾーンという知的障害でもなく、一般的4年の年齢にIQは届かない狭間にいます。得意不得意があり、今は支援級で娘に合った指導度の元、学習をしています。
しかし、今後学区内の中学校に進学するとその中学校の個別支援級はほとんど勉強もしなく、普通級に交流もないと聞きます。小学校の先生に相談したところ、見学も娘が高学年にならないと行けないと言われました。
娘は不安障害もあり、慣れた場所じゃないと落ち着いて勉強ができません。
【にゃんちゅー(母)/長女・小4/長男・小1】

 

■視覚障害(全盲)小4の娘がいます。最近気になることは、理科です。
教科書はほぼ健常者と変わらない内容ですが、全盲の娘にとってはハードルが高すぎる内容です。なぜあたかも知っていて当たり前、見えていて当たり前のような内容の教科書を作るのでしょうか?なぜ、視覚障害者用の教科書を作ってくれないのでしょうか?誰もが最初から見えていたと設定して教科書を作るのは間違っていると思います。
確かに先天性の全盲は、そうそういないことは理解しているつもりですが、教育を推進している割に配慮が欠けていると思います。
日々学担と相談して、教えづらい、理解しづらい内容は全てなぁなぁに済ませているのが現状です。今一度盲学校等に足を運び、目で見て確認してから教科書を作ってほしいと思います。
【穂希(母)/長女・中3/次女・小4】


■両親の財布から、子どもがお金を抜き取るようです。
だいたいひと月に一度、2千円程です。
お小遣いが足りないのかもしれませんが、家計にも余裕はありません。
証拠もなく、姉妹でお互いに怪しいとなすりつけ合いになるだけで、全く解決しません。
【アップル(母)/ 長女・高3/ 次女・中3/ 三女・小3】


■番組で「塾ってそんなに必要?」という内容をぜひ話題にしていただきたいと思います。
学校には勉強のため(だけではないですが…)に行っているのに、どうして学校の学習だけでは足りないのでしょうか?そんなに、勉強ができなくてはダメなのでしょうか?勉強も大切だけど、頭ばかりでなく心の成長も大切だと思うのですがいかがでしょうか?
ちなみにウチの子は塾には行っていません。中学受験も考えていません。
【うさぎ(母)/長女・小5/長男・年長】


■5年生の娘が、4月の始業式後3日で不登校になりました。
急に「死にたい、学校嫌や」と訴えてきました。話を聞くと「女子同士で話が合わず、一人になりたくないから我慢していたが、私が話したら無視する!なんで我慢して行かないといけないのか?」といろいろ話してくれました。
現在は、私が再婚して2年目。娘は4歳まで実の父親から虐待を受けて育ってきました。これまでずっと我慢してしまって、爆発してしまったのかと思いますが、外に出られなくなり、人の視線が怖く緊張するようで、毎日ゲームや好きな絵を描いて毎日を過ごしています。勉強はタブレット型の通信教育です。
すぐに担任と校長先生に相談をして、しばらく学校を休ませると話しました。毎日、担任とは連絡帳やノートで連絡を取り合っています。最近、心療内科やスクールカウンセラーの方と会うこと以外はずっと家にいます。
やはりフリースクールに相談して、同じような不登校の子がいる場所に行かせたほうがいいでしょうか?
本人のやる気が見られなくて、私は少しでも外に出ていろんなことを経験できればと思っていろいろしているのですが、難しいです。でも、もうなるようにしかならないとゆっくり進めていけたらと考えています。どう接すればいいのでしょうか?
【ミカンママ(母)/長女・小5/次女・小3】


■まだ低学年なので授業が早く終わることもあり、近所の友だちと遊ぶ約束をしてくることが多くなりました。最近、近所に同じ学年のお友だちが引っ越してきました。
そのお友だちは、両親が働いていて昼間は家に居ません。今までは公園で待ち合わせをして遊んだりしていましたが、今は時々家に遊びに来るようになりました。
家が近いので、習いごとがある日や遊べない日など、約束をしていないのにお友だちがちょこちょこ来るようになってしまい、困っています。これから夏休みに入るので、毎日来られたら…と思うと気持ちが重くなります。
きっと寂しいのだろうな、と思うと少しかわいそうな気もするのですが、向こうの親がうちを頼っているのが見え見えだと、少しイラっとしてしまう時もあるのが現実です。
周りに相談すると、そういう悩みは割とあるらしくて、専業主婦のお母さんが「家が溜まり場みたいになってしまい困る」だとか「それが嫌で習いごとを毎日入れた」など聞きました。
子どもからしたらお友だちと遊びたいのは当たり前だと思いますが、私の負担もありますし、悩んでいます。そのご両親とのお付き合いがこれからも続くと思うと、何か言うにもとても気を使います。こちらが負担にならない何かよいアドバイスをいただけたら、と思います。
【そらまめ(母)/長女・小4、次女・小1】

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年05月27日 (土)

"プログラミング教育"って、なに?! <みんなの声>

■プログラミングとは聞いたことはあるけど、正直よくわからないです。「パソコンを使いこなす力」的な?

【いちじく(母)/長女・20歳/長男・高1】


■将来必ずプログラミングの技術が必要になると思うので、小さいうちから学んでおくことはいいと思う。また子どもはパソコンを触ることが好きな子が多いので、進んで学ぶと思う。

【ストロベリーヒル(母)/長男・中1/長女・小2】


■大なり小なり、自分でコンピューターソフトを開発できることはすばらしいが、興味のない子どもにとっては苦痛以外のなにものでもないと思います。

それよりも、外で思い切り体を使って遊んだり、自然体験したり、青い空を見上げたりするほうがよっぽど子どもらしい。

コンピューター言語より、国語を学んでほしい。自分の国の文章がきちんと読める子どもに育ってほしい。興味さえあれば、大きくなってからプログラミングを学んでも十分だと思います。子どものころの自然体験が、プログラミングに組み込まれることもあるかもしれません。機械漬けになるのは、大人になってからでも遅くはないと思います。

【トガクシソウ(母)/長男・大3/次男・中2】


投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年05月20日 (土)

"プログラミング教育"って、なに?! <番組内容>

今回のテーマは『プログラミング教育』

4061.jpg   4062.jpg

2020年から小学校で必修化される予定だが、番組アンケートによると、保護者の62%がそのことを知らなかった!

スタジオのホゴシャーズにも聞いてみたが…
「プログラミングという言葉自体、全くわからない」
「パソコンばかり見て、目が悪くなりそう」
など、ほとんど分かっていない親が多かった。

4063.jpg   4064.jpg


【なぜ必要?プログラミング教育】

『プログラミング』とは、コンピューターに指示を出して自分の思うように動かしていくこと。
なぜいま『プログラミング教育』が必要なのか?

総務省でプログラミング教育を進める御厩(みまや)さんに聞くと…
「これからの世の中は人工知能やロボットが発達し、人間が担ってきた仕事が取って代わられていく。人工知能やロボットとうまく共存していくためにも、それらを動かす基本的な原理であるプログラミングを学ぶ必要がある」とのこと。

4065.jpg   4066.jpg

アメリカでは2013年に、オバマ前大統領が「プログラミング教育に国の将来がかかっている!」とメッセージを発表している。
しかし尾木ママは「教育とは、本来ひとりひとりの子どものためのもの。“ 国のため ”というのは引っかかる」と、警戒する。
とはいえ、今後プログラミング関連の仕事が増えていくという予測もあり、子どもたちの将来を考えると、プログラミング教育の必修化は望ましいことなのか?とホゴシャーズたちの心は揺れる。
ココナッツさんは「日本は遅れている。早く始まってほしい」と期待するが、ノニさんは「興味がない子どもにとっては遊びの時間になってしまう。やりたい人だけやればいいのでは」と反対の意見だ。

ここで、プログラミング教育の導入をサポートしている平井聡一郎さんが登場。
実際に学校で行われている「プログラミング教育」の授業例を見せてもらうことに。


【プログラミング教育の実際は?】

今回紹介するのは、パソコンを使わずに「プログラミングの考え方を学ぶ」というもの。
「ロボット役の高山アナウンサーに指示を出して、コーヒーを飲ませる」というのが課題だ。
指示があいまいだったり間違っていると、ロボットは動けなくなってしまう。

「単純なように見えることでも、実はたくさんの指示が必要だと分かった。すごい発見だった」と驚くユーカリさん。
尾木ママも「これを家庭でやれば、コミュニケーションの大切さがわかり、親子関係を変えるきっかけにもなる」と感心した。

4067.jpg   4068.jpg

次に、プログラミング教育をすでに取り入れている千葉県柏市の小学校の授業をVTRで紹介した。
小学6年生が「今年入学した新入生のために、小学校のいろいろな場所やモノを紹介するプログラムを作る」という内容だ。
紹介する場所ごとに数人のグループに分かれ、まずメンバーで話し合い、どうすれば新入生に分かりやすく伝えられるか工夫を重ねてゆく。
その様子を見て、番組当初はプログラミング教育に懐疑的だったホゴシャーズたちも「こういう授業なら、やる価値があるかも!」と好感を持った。


【プログラミング教育の課題】

しかし、プログラミング教育の導入には、まだ課題も多い。
実は『プログラミング』という授業(教科)が新たに増えるわけではなく、『算数』や『理科』、『総合的な学習』などの授業に組み込んで教えることになっている。
何年生の、どの教科で、どのくらいの時間を費やすのか…具体的な導入方法は各学校に任されているというのが実情だ。
尾木ママは「教育委員会や校長の力量によって、教える内容に差がついてしまう」と懸念している。

4069.jpg   40610.jpg


こうした心配を解消する鍵として注目されているのは「地域との関わり」だ。
実はホゴシャーズのショーグンさんは、かつて保護者が集まる「オヤジの会」でプログラミング教室を主催していた。
次第に地元の小学校も注目するようになり、その学校で「プログラミング教育」を先進的に取り入れるきっかけになったという。
ウニ 「先生が大変になっちゃうのでは、という心配があったが、そこを地域の人が助けられるなら、どんどん進めるべき」
ディクディク 「家でフォローできることはやりたい。平井さんに教えてもらったレッスンは面白かったのでやってみたい」
尾木ママ 「未来のために教育は変わらなきゃいけない。皆で英知をしぼって、プログラミング教育に関心を寄せていきましょう!」

 

(ディレクターH)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年05月20日 (土)

親の受験ストレス どう乗り切る? <みんなの声>

■私は受験に失敗も成功もないと思います。

近所の方から初めて「うちの子、受験に失敗してね」(公立に落ちたという意味)という言葉を聞いたとき、衝撃でした。受験に失敗も成功もない、ただ合格と不合格があるだけだと思います。

3人息子はそれぞれに合格も不合格もあったけど、合格したからそこに進学しただけで、不合格はそこに入学できない。ただそれだけです。不合格がわかったときも「じゃあ次だね」というだけでした。人生のなかで失敗とか成功とかないですよ。ただ、今の道があるだけ。

わたしは息子たちが生きているだけでうれしくて、その道を成功とか失敗とかいうことばで考えることはありません。もちろん合格するに越したことはないし「勉強しなさーい」とは言っていました。でも不合格は失敗ではない。

今でも先を心配することはありますが、自分自身が成功だったかわからないし。とはいえ受験中は体調管理とかスケジュール管理とか、ピリピリした日々でした。親子ともどもしっかり栄養つけて乗りきってください。

【モトナリかあさん(母)/長男・21歳/次男・19歳、16歳】


■わが家の場合、長男が公立高校を高2で中退し、家を出て働き、自活しながら通信高校を卒業。その通信高校の卒業式に中退した公立高校の先生たちが参列してくださって、シャーペンを渡してくださり「勉強しなさい」って言われて、その日に自宅に戻ってきて「医者になりたいから勉強する」と言いました。

自宅独学浪人2年後に国立大学の医学部に入り、大学に入ってすぐ英検一級もとり、TOEIC965もとり、医学に真摯(しんし)に取り組んでいます。医学が好きだったとわかりました。

次男は地元の国体強化選手でスポーツばかりしていて、勉強はあまりしていませんでした。高校卒業後、兄と一緒に自宅独学浪人をして、次男も同じ大学の医学部医学科に進学し、学業に励んでいます。予備校に行かなくても、予備校の先生の問題集のおかげで、独学で合格できました。

思春期の反抗期からずっと悩んでいましたが、子どもはやりたいことが決まれば集中して学習できますし、スムーズに取り組むと思います。

2人とも自宅浪人だったので、私は家の中を断捨離して、どこでも勉強できるようにしました。

【きり(母)/長男・26歳 /次男・24歳】


投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年05月13日 (土)

親の受験ストレス どう乗り切る? <番組内容>

親のストレスが大きいといわれる高校受験。大学受験と違い、浪人をするという感覚がないので「落ちたらどうしよう」と、親のほうがおろおろすることも。ある調査によると、子どもの受験で心理的なストレスを感じたことがあるという母親は、7割もいたという。

スタジオに参加したホゴシャーズに、わが子の高校受験にストレス感じたか聞いてみると・・・

さつきさん・すずらんさん・モクレンさん・きりんさんの4人が感じる(感じた)といい、
コホラさん・ヒノキさんが感じない(感じなかった)といった。

―――――――――――――――――――――――――

<さつきさん家の場合>

さつきさんは、現役受験生の娘のことで頭がいっぱい。
娘のため、勉強をする環境を完璧に整備。モチベーションアップにつながればと毎日のおやつも手作り!

4051.jpg

今は大学生の息子が高校受験のときには、悩みすぎて不眠になった。
それに、さつきさん自身が目標としていた学校よりも低い偏差値の高校を志望校に決めたことが、ひどく悲しかった。
そんな経験もあり、娘の受験にも最大級にストレスを抱えている。

―――――――――――――――――――――――――

なぜ偏差値の高い高校じゃないといけないのだろう?というすずらんさんに、モクレンさんは、偏差値のよい高校に行けば、その後の選択肢が広がる。だから少しでも偏差値の高い高校に行ってほしい、と言った。

偏差値の高い高校にいけば、最終的によい企業に就職することにつながると親は思うこともあるが、企業で採用担当をしていたヒノキさんは、それは違うと言う。親の言うとおり一生懸命やってきたという人は採用しなかったそうだ。

それは、尾木ママが言うには、受験だけしかできない人材は、今は通用しないからだそうだ。それより、自分の弱点をさらけ出して、それをバネにして反対に生かしたい、という気持ちのある人のほうが企業には採用されやすいという。学歴社会はいまや崩壊しているというのだ。

でも、母親はどうしても失敗しないようにと、無難な方を選ばせてしまう、というきりんさんと、モクレンさん。
しかし、ヒノキさんは、失敗しない子が、大人になった時に失敗できない大人になる、と言った。

また、自分の将来やこれからの選択を自分自身で考えさせることが、何より重要だと言った。

4052.jpg

―――――――――――――――――――――――――

<タイプ別ストレス解消法>

親が抱える受験ストレスの解消法を、専門家に聞いた。

タイプ1)
「共依存型(きょういそんがた)」:子どもの受験のことが頭から離れない人。
ストレス解消法は「自分の世界を持つ!」週に1回、1日3時間でも、自分の趣味に費やすなど、自分の世界を持つことで子どもの受験の事を頭から切り離す。

タイプ2)
「代理戦争型」:子どものためには偏差値の高い高校がいいと思っている人。
その解消には、子どもの人生全体を示す、人生スゴロクを書く。

4053.PNG

A高校に行かなくても、B高校ならこういう道があるなど、考えうる選択肢を全て書き出し、多様な選択があることに気づけば、息詰まった世界から解放される。

タイプ3)
「迷い・イライラ型」:「何をしたらいいか分からない」「落ちたらどうしよう」など、不安でイライラしている人。
その解消には、毎朝子どもと一緒に運動をしてみよう。朝、太陽を浴びながら運動をすると、セロトニンという脳内物質が多く分泌され、ストレスに強くなり、集中力も記憶力も高まるという。

4054.png


<尾木ママまとめ>
行きたい高校は自分で決めることが重要。どの高校に行ってもさまざまな側面がある。自分で決めた高校ならば、なんらかの障害があっても、自分で乗り越えようと思える。うまくいけば、達成感と自己肯定感が高まる。失敗してもいい。若い時に失敗したほうが、あとから生きてくる。

4055.jpg

 

(ディレクターM)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年05月13日 (土)

子どもの個性 どう育てる? <みんなの声>

■小2の長男の友人つき合いの件で相談です。

息子は学校のことはあまり話さず「どうだった?」と聞くと「楽しかったよ」とおきまりの返事。でも時折「いつも1人だもん、そのほうがいいし、本当の友だちと思える子がいないから」と言ったりします。

幼稚園のころからそのような発言があり、先生に相談すると、そんなことはないと言われます。

現在、休み時間は図書館で本の読むのが楽しいと言い、学童のお迎えにいくと1人で宿題をしているか、好きな本を読んだり工作をしたりしています。

以前「本当の友だちがいない」と息子が言ったとき「世界は広い。本当の友だちが日本語をしゃべる子とは限らない。今は地域の子が集まっている学校だけど、今からいろんな子に会えるから、2クラスしかない学校に気の合う友だちがいなくても気にすることないよ」と言ってしまいました。

私自身は、経験上そう思っていますが、実際に学校で息子が割り切ってしまったのではと、心配です。

【ももいろ(母)/長男・小2/次男・幼稚園/三男・保育園】


■番組を拝見しました。

お母様方は昔の社会の方たちだと思いました。日本の働く場は変わってきていますし、個性がある方は外資系にいけばよい。外資系は、縄跳びが得意、ピアノが得意、など個性がないと相手にされません。

お母様方だけの狭い世界で考えてほしくないです。

Canna(母)/長女・3歳】


■娘は中学まではとても消極的ながらも優秀で、上位高に合格しました。しかし合わない部分が多く、結局退学して今は海外留学しています。

以前は留学といえば校内でも見本となるような素晴らしい子が行くもの・・・って思われていましたが、今は不登校などから留学する子が増えていると聞きます。誰でも普通に過ごしているような日本の生活が困難なのに、異国で意思疎通が難しい中、滞在を続けるのは可能なのでしょうか?

異国での生活も1か月半で、既に壁にぶち当たっています。

離れている日本から、どうアドバイスしていったらよいのかも分かりません。

 

>「個性がない」とか「個性的過ぎる」などという悩みは日本だけだと思いますよ。他の子たちの空気を読むことができなかったら、本当にその子はいじめられたり変わった子だなとラベリングされてしまいます。凄く生きにくくなってきて、豊かな個性をいっぱい持っていても発揮できない。

欧米などであれば、一人一人の個が確立しているというのが大前提で動いている。 まず自分が何者なのかというのがしっかりなかったら、生きていけない。日本とまるで逆です。

 

娘はまさに現地の日本人女子グループから仲間外れにされています。

1人で他国の子と身振り手振りでギリギリ一緒にいる状態です。

なんとか自分で乗り切ってほしいです・・・が・・・。

上記の尾木ママのコメントをそのまま書いて娘に送りました。

海外に行ってまでなぜ?…という思いがありますが、どうすることもできない私です。

【めめ(母)/長女・16歳】

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2017年05月06日 (土)

子どもの個性 どう育てる? <番組内容>

今回のテーマは「子どもの個性」

4041.jpgのサムネイル画像   4042.jpg

手書きで作った「文房具図鑑」が評判となり、書籍化された小6の文房具博士。
小さいころからキノコが大好きで、なんと新種のキノコを発見し名前をつけてしまった中1のキノコ博士。
星空が大好きで、大人でも難しい「天文宇宙検定3級」を取ってしまった中1の星博士… 
最近、個性的な子どもたちが、世の中を賑わせている!

4043.jpg   4044.jpg

番組アンケートによると、なんと95%の保護者が「子どもの個性を伸ばしたい」と答えた。
ほとんどの保護者が「個性」を前向きに捕らえている一方で・・・

4045.jpg   4046.jpg

「個性的とは“変わり者”という意味では?あまり個性的だと学校では浮いてしまうかも?」
「うちの子には、これという個性がない…」
など、多くの人が個性について悩んでいることが分かった。
悩めるホゴシャーズと尾木ママが、個性について熱く語る!


【子どもが個性的すぎて… 長い間悩み続けた いよかんさん】

いよかんさんの長男たくとくんは大のゲーム好き。趣味は攻略本の印刷ミス探しという、かなり個性的な小学6年生だ。

4047.jpg
しかし実は、いよかんさんはそのたくとくんの個性で、長い間悩んできた。 
たくとくんは、よちよち歩きのころから決して砂場で他の子どもたちと遊ぼうとせず、幼稚園でも小学校でも、ずっと一人で空を見ていた。「友だちと遊んでほしい…」と願う母の思いをよそに、当のたくとくんは・・・



4048.jpg

「滑り台や砂場遊びなんて面白いと思わない。精神年齢を合わせられないから、同年代の子どもがキライ」と、思っていたのだ。

 

 

 

しかし小学3年生のとき、そんなたくとくんに変化が訪れた!たまたま家を訪れた同級生の子とゲームをしたとき、自分と同じようにゲームが上手だと分かり、意気投合。それがきっかけで、たくとくん初めての親友になり、その子を通して他のみんなとも楽しくつきあえるようになった。誕生日に友だちからもらったバースデーメッセージを、たくとくんは嬉しそうに壁に貼ったという。

4049.jpg   40410.jpg

「大人びていても心配することではなく、この子が持って生まれた個性だったんだ」と納得したいよかんさん。
一方たくとくんは、お母さんが「自分の個性を変だと思わずに、どうすればいいか一緒に考えてくれたこと」が一番嬉しかったと語る。

40411.jpg
尾木ママは、いよかんさんがわが子を見守り、寄り添ったことよかったと指摘。
そうすれば、子どもは自信が持てる。回り道をしてもむだではなく、これからの糧になると言う。 





【子どもの個性、社会で生きづらくなる!?】

しかし、すぐには納得がいかない、悩めるホゴシャーズたち。個性にはよいものと悪いものがあると、ももさんは語る。

40412.jpg
 ももさんの息子は競走馬の名前を500もスラスラ言える、大の馬好きだが「それは将来役に立たない悪いほうの個性。どうせなら英語ができるなど、受験に役にたつ個性を持ってほしい!」と願っている。

 

 

 
また、「みんなと同じことを同じようにやりなさい」と言われ続けて育った夕顔さんは「あまり個性的だと、出る杭は打たれる」と、経験を踏まえて語る。
「あの人変わってるよね」というのを、「あの人個性的よね」と表現することが多い、と指摘するチェリーさんは「個性は必要ない」と断言! …個性に否定的な意見も多いことが浮き彫りになった。

40413.jpg
しかし「そういう考え方は、日本特有のもの」だと尾木ママ。
欧米では、一人一人の“個”が確立していないと生きていけない。
日本も、「社会性(他人に迷惑をかけない)」と「個性の尊重」を両立できる社会になるべきだと語る。

 



【一つのことを極めると、他のことも伸びてくる】

さらに、「わが子が何かに夢中だからと言って、その一つのことだけをやらせていていいのか?」と悩んでいるホゴシャーズも。一つのことだけをやっていると、他の可能性の扉を閉ざしてしまうようで、他のいろんなこともやってほしいと願っている。

40414.jpg
それに対して「一つのことに集中してかまわない」と尾木ママはアドバイス。
一つのことを極めて、周りから褒められ自信がつけば、他の苦手なところも伸びてくると語る。






【自分には、個性がない…】

40415.jpg
マロンさんは、わが子を個性豊かな子どもに育てようと思い、小さい頃からいろんなことを経験させてきた。
しかし娘は、高2になった今、「自分には個性がない…」と嘆いていると言う・・・



40416.jpg
マロンさんの娘は、小学校や中学校で学級委員やクラブの部長を務め、「みんなをまとめることが自分のよい個性」だとずっと思っていた。
ところが、高校のクラブでリーダーに選ばれず、ショックを受ける。自分の個性がなんだか分からなくなり、すっかり自信をなくしてしまった。

 

 

40417.jpg
母が、小さい頃からいろんな体験をさせてくれたことも、今となっては重く感じている。
申し訳ないと思いながらも、自分の個性を見つけるための一歩も分からなくなってしまった…




マロンさんからみると、娘に個性は十分あると言う。「自分の気持ちを言葉にするのが上手だなと思っている」と語るが、尾木ママに「それ、本人に言ってあげた?」と聞かれると「言ってないかも…」。ふだんから、よい所よりも先に悪い所に目がいってしまうのだそうだ。

自己肯定感を育んでいないのではないかと、尾木ママは指摘する。
そもそも個性は、人と比較することではなく、十人十色。
まず大切なのは、短所も含めてありのままの自分を丸ごと認めるという、「基本的自己肯定感」を育むことだ。

40418.jpg
親としては、例えば、子どもが「落ち着きがない」という特徴を「活力がある、機動性がある」と捉えるなど、短所を長所に置き換えてみる「リフレーミング」をしながら、子どもを改めて見つめてみるとよいとアドバイスした。

40419.jpg

(ディレクターU)

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2017年05月06日 (土)

早期化する小学校の英語教育 ウチの子 大丈夫!? <みんなの声>

■英語教育の早期化については反対。
日本の英語教育は始める時期よりも、教え方や内容に問題があると思う。それに日本語のほうが子どもの使い方で危機感を感じることが多い。

また、休日が増え、土曜日もほとんどお休みで授業時間が減っているのに、他の教科の時間が減るのが心配。

【ミカヅキモ(母)/長女・中2】


■英語教育の早期化については賛成。

私が住む街もすごい速度で外国人が増えていて、彼らとコミュニケーションをとるためにも、ものおじせずに英語を話せたほうがいいと思うから。

私も英語がちゃんと喋れません。きちんと真面目に勉強すべきでした。。。

【金魚(母)/長女・小5】


■これからの時代、最低限英語でのコミュニケーションが取れないと、日本自体が世界から取り残されるので、英語は必須です。海外からの労働力を取り入れないと立ち行かない時代がこれからの日本には必ず到来します。

現時点での日本での英語教師の質が低いのは事実であるが、早期から英語に触れる土壌があればなんとか前に進めると思います。

ネイティブの教師を増やすことから始めるように行政から動いてほしい。また、シンガポールのように英語を公用語として飛躍してきている国を参考にしてほしい。

さらに言葉だけではなく、同時に文化や宗教など人種によって背景が異なることの基礎も合わせて教育を始めてほしい。コミュニケーションは言語だけではなく文化理解、相互理解も不可欠な要素であるため。

【レッサーパンダ(父)/長女・中1/長男・小4/次女・年中】


■小学校1年からぐらいなら英語教育の早期化は賛成です。それより前は日本語の習得のほうが大事だと思います。

小さいうちは、英語教育ではなく、Eテレの「えいごであそぼ」で遊ぶくらいで十分だと思います。

はじめのうちは外国語を抵抗がないように遊びながらなじませて、少しずつ語学の習得に抵抗がないように移行していくのが理想ですよね。

しかし、英語教育の早期化に不安もあり、先生の育成が追いつかないのではと危惧しています。文科省は教育方針の転換の時、その政策にあった先生の育成までやっていないと思います。丸投げが多いです。

英語の先生の増員、質の向上なくして英語教育の充実はなしと考えます。語学の授業では、少人数制などほかの授業とはまったく違った方法があってもいいと思います。

【ハルニレ(母)/長男・中1/長女・小3】


■私は深谷の取り組みを否定はしませんが、小学生のうちは母語をしっかり学ぼうや!!と思います。
ろくに、母語の日本語もしゃべれない小さい人たちが、付け焼き刃の軽いノリで、Thank You、Sorry、言って何がしたいんや~です。外国語だって英語だけじゃないしね。まぁ、英語が一番楽ですけど。
最後に、9割も「英語が好き」と言っていた子たちは、中学卒業時にはことごとく英語嫌いになっていることでしょう。日本の教育ってそんなもんです、今のところ。

【ササニシキ(母)/長女・高校教員/長男・大学生】



 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top