2016年9月

2016年09月09日 (金)

ステップファミリー <番組内容>

今回のテーマは「ステップファミリー」。
「ステップファミリー」とは、いわゆる「子連れ再婚家族」のこと。

1.JPG

今回の保護者会には「ステップファミリー」当事者の皆さんも参加。
水晶さんは妻の連れ子と暮らす継父(けいふ)さん。この日は本音を語るために覆面で登場。
イルカさんは夫の連れ子2人と暮らす継母(けいぼ)さん。
そしてアザラシさんとネズミさん夫婦。継母のネズミさんはアザラシさんの連れ子と3人暮らしだ。
ステップファミリーではない夕顔さんとキリンさんも交えてふだんなかなか聞けないステップファミリーの本音に迫った。


【ステップファミリーとは】

2.JPG

「ステップファミリー」=「子連れ再婚家族」とは、離婚などの理由によってシングルマザーやシングルファザー(=子どもを連れた親)となった親が、再婚などによって新しいパートナーと作る家族のこと。
ステップファミリーの支援団体には様々な悩みが寄せられている。


【ステップファミリー 40代の実母の悩み】

3.JPG

「私の子どもの洗濯物を一緒に洗うと、継父である夫が嫌がるので別々に洗っています」


【ステップファミリー 30代の継母の悩み】

4.JPG

「夫の連れ子は、箸(はし)の使い方が悪いんです。見るたびにどんどん嫌になってしまいます」


【ステップファミリー 水晶さん(40代 継父)の悩み】

5.JPG

水晶さんは10年前に、小学生の子どもがいる女性と結婚した。
結婚したころは、連れ子と一緒にキャッチボールをしたり、家族3人でお祭りにも行った。そのときは水晶さんも「いい父親になろう」と考えていた。
しかし、結婚から数年経ち、妻との間に2人の男の子が生まれると、実の子どもではない「連れ子」に対する感情に変化が現れたという。

水晶さん:実子が生まれてちょっとずつ「ヤダ」っていうか生理的に嫌だって思うようになった。連れ子の学校行事に親として出たくない。

連れ子を赤の他人だと感じるようになってしまい、自分の子どもとして扱えなくなってしまったのだ。これではいけない、どうにかしなくてはと水晶さんはステップファミリーについての勉強を始めた。しかし、気持ちは変わらなかった。

水晶さん:ステップファミリーの本を自分で読んで、これ妻にも読んでほしいなぁって思って勇気を出して「読んで」って言ったら本当に怒られて「こんなの読まなきゃ家族になれないの!」ってそれが一番ショックでしたね。
私も頭ではわかってるんですけど、やればやろうとすればするほどストレスになって、「あーもうダメだ。これはもう離婚しかないのかなぁ」と。


【ステップファミリーの悩み】

スタジオで水晶さんは
「血がつながった家族のようにふるまうのが正解だと思っていたし、子どもも「新しいお父さんができる」と喜んでくれていたが、生理的にダメになってしまう。いま思うと、結婚を決めたときから、連れ子が自分のことを「お父さん」と呼ぶようになったことに対して、すごく小さい「違和感」があった。その違和感の積み重なりが原因なのかなと思う」と語った。

また、継子から「血のつながらない僕を育ててくれて、本当に感謝している」と言われ、継子に対して優しく接することができない自分に自己嫌悪を感じてますます悩むようになってしまったという。


【ステップファミリー イルカさん(高3男 中3男の継母 小1女 4歳男の実母)の悩み】

思春期の男の子2人の継母であり、女の子と男の子の実子をもつイルカさん。
自分がニコニコしていれば家族みんなが楽しくなるのかなと考えた時期もあった。自分で家族の理想像のようなものを思い描いてしまい、それにおしつぶされそうになる感覚もあったという。


【ステップファミリー 子どもの悩み】

ステップファミリーでは、多くの継父、継母が、パートナーの連れ子との関係に悩みを抱えている。
一方、新しい家族で暮らすことになる子どもたちにも、ステップファミリーならではの悩みがあるという。
以下は「ステップファミリー」の支援団体であるSAJ(ステップファミリーアソシエーションオブジャパン)に寄せられた、子どもの悩み。

・継父のことはおっちゃん、と呼んでいた。母は、「お父さんって呼んだら?」と言ったが、結局呼べなかった。

6.JPG

門限を破って、おっちゃんに怒られて、そんなにこの家が嫌なら出て行けと言われた。時間が経てば関係が良くなるかなと思ったが、その一言であきらめがついた。
母と二人だけで買い物をしたり、話す時間が、今思えば欲しかった。
(16歳の時、母親が再婚してステップファミリーになったという女性)

・父と妹と三人でいると、気が楽で、父親がいてくれるとほっとする。

7.JPG

子供と一対一の時間をつくって、自分の父親にはシェルターになってくれるとありがたいと思う。
(13歳の時に父親が再婚してステップファミリーになったという女性)


【夫妻で保護者会に参加したアザラシさんとネズミさんの場合】

アザラシさん(中1女の実父)と再婚したネズミさん夫妻は子どもが何を考えているのかよく分からないのが悩みだという。
子どもには極力目を向けるようにしているものの、子どもが一人で自分の部屋にこもりがちで、あまり口もきいてくれないのだという。しかしこれは思春期の子どもとの間でおこる共通の問題なのではないかとも考えている。

実際、
・ウチもあまり変わらない(キリンさん)
との意見もあった。

尾木ママは
・ステップファミリーでは親よりも子どもの方が苦しんでいることが多いかもしれない。
実の親でも思春期の子どもを理解して、受け止めるのは困難なこと。
・アザラシさんとネズミさんの夫妻のように、「子どものことが分からない」と自覚することは大事なこと。
・親が子どものことを分からないのに、分かっているつもりになって口出しをするのはトラブルのもとになる。
と語りました。


【ステップファミリー 連れ子の親にならないという選択 イルカさんの場合】

8.JPG

10年前に夫と結婚したイルカさん。いちど離婚経験のある夫には、前の妻との間に2人の子どもがいたが、はじめは2人とも実の母親と一緒に暮らしていた。しかし、その後、前の妻が亡くなり、2人の子どもを夫とイルカさんが引き取ることになった。
イルカさんと夫との間にも2人の子どもが生まれ、今は6人で暮らしている。
ある日の夕方。家にいたのはイルカさんと実の子ども2人。それに夫の連れ子でゲームが大好きなけいすけ君。
夕食の時間になっても連れ子のけいすけくんは、食卓に着かず、ひとりでゲームをしていた。
しかし、イルカさんは、無理にけいすけ君も一緒に食事をさせようとはしない。
それは、2人の連れ子を引き取るとき、夫から、あることを言われたからだという。

イルカさん:いちばん最初に母親にならなくていいとか、なってほしいとは思ってない。みたいなことを夫に言われたんですね。いちばん最初にそれでああそうか、母親にならなくていいんだって。最初からそういう気持ちで接することができたので、気負わなくて済んだかもしれない。

「連れ子の親にならなくていい」
夫はどうしてこんなことを言ったのだろうか?

夫:本当の母親はいるわけだし、やっぱり母親として来たら、すごく(彼女の)負担は大きい。だから求めているのは私の隣にいてくれる人であって、彼らの母親を最初から求めていたわけじゃないんですよ。

しかし、実際には炊事や洗濯など、イルカさんは連れ子のためにも多くの家事をこなしている。そんなイルカさんに対して夫は…
夫:基本的には彼らの親は私ひとりなので、できることは全部ほんとは私がやらなければいけない。(妻が)自然にやってくれてる姿をみると、もう感謝しかないじゃないですか。

イルカさん:学校で体調をお兄ちゃんたちが崩して、今日迎えに行ってきたよ。みたいなことを言うと「ああ、ありがとう助かるよ」みたいなひとことを言ってくれたり、細かくフォローしてくれるところがあるので、不満が大きくならないのかなあっていうのは感じる。

継子となったけいすけ君が、イルカさんのことをどう思っているのかたずねると、
けいすけ君:家庭全体を支えてくれる存在っていう感じ。話しやすいという部分も出てきたので、今くらいがちょうどいいっていう感覚。不満はないですね。

長男のたくや君も、こうした夫婦の考え方に賛成しているという。
たくや君:正しいなって思いますよ。やっぱり親ってひとりなんで、どう考えても。どう頑張っても。(継母の)余計な負担を増やすんじゃなくて(負担を)軽くして自分も背負うっていうスタンスはいいなと思います。いびつだけど、それでもちゃんとつながってる “円” ですかね。もうちょっと角がなくなったり丸くなればいいなと。

“無理に連れ子の親にならなくてもいい” というイルカさん一家のスタイル。

スタジオでは
・皆、ちょうど良い所を見つけてる感じですよね。(キリンさん)
という感想もあり、家族みんなが、それぞれとの心地よい距離を見つけていることに感心していた。
ちなみにイルカさんは連れ子からは「おかあ」、実子からは「ママ」と呼ばれていて、夫は4人の子ども全員から「お父さん」と呼ばれているそうだ。


【黒い心が出ちゃうことはない?】

・実子だけに何かを買ってしまうだとか、黒い心が出ちゃうことはないんですか?(キリンさん)
という質問が飛び出したが、イルカさんはすごく自然に「ある」と答えてくれた。
実子が「アイスを食べたい」などと言いだすと、家に帰ってアイスを食べる時間帯と、継子たちが学校から帰ってくる時間を考えて、食べている間に帰ってくるなあというときは、全員分、そうでないときは自分と実子の分だけを買うなどするという。(イルカさん)
・そもそも平等である必要がないですよね。(夕顔さん)

イルカさんも継子と実子を平等にみることはできず、平等にみるように求められていた水晶さんのようにがんばってしまったら、自分が壊れてしまうだろうという。
水晶さんは自分が壊れてしまわないように、なにか気持ちに引っかかることがあったら、すぐに夫に話すようにしているそうだ。
微妙な年齢の継子たちとも、近すぎず遠すぎずという距離感を保つようにしているが、いちばん上の継子(高3男)は、父親には話さない彼女のことなども相談してくるなど、母親と言うよりも、年の離れた姉のような感覚だという。これには
・そこは距離感をうまく使ってるんだなぁ(夕顔さん)とスタジオのみんなが納得。

尾木ママも、
継母と継子の関係を有利な点にしている。実の母親に彼女のことを相談する子どもなんてあまりいない。
と語った。


【いびつだけれど、ちゃんとつながっている円】

最後はイルカさんのいちばん上の継子(けいすけ君)が語った
「いびつだけどそれでもちゃんとつながってる円ですかね。もうちょっと角がなくなったり丸くなればいいなと」
ということばの話題に。

9.JPG

尾木ママは
・いびつだけどもつながっている関係。ひょっとしたら三角形になってるかもわかんない、でも、つながってるっていう事がすごい大事なんで、いいと思う。
・一般的には家族というのはこうあるべきで、実の親はこうあるべきだとか、子どもはこう従うべきだとか、そういうことがあまりにもカチっとできあがりすぎてるんじゃないかなと思う。
・これから多様化していく価値観とか、多様な生活スタイルなどを持つ日本では、ステップファミリーの工夫が、重要なヒントになった感じがします。今日は、未来を見せてもらったっていう感じがしましたよ。 としめくくった。


(ディレクターS)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2016年09月02日 (金)

わが家の防災対策 <番組内容>

今回のテーマは「わが家の防災対策」。

「地震大国」と言われる日本。
2011年に東日本大震災、今年は熊本で震度7の地震が起こるなど、防災対策への保護者の関心は高まっているはず。

でも番組アンケートでは、ほとんどのホゴシャーズが「防災対策は必要」と答えた一方、防災対策を実際は「あまりしていない」という答えが、半分以上だった。

1.jpg

家庭での防災対策がなかなか進められないのは、なぜなのか…?


【やることが多すぎて…どうすればいいの?~ヌーさんの場合~】

最近、大地震への不安を感じているヌーさん。
でも、忙しい日々の生活のなかで万全の防災対策をするのは難しいという。

東日本大震災をきっかけにはじめた水の備蓄は、日々の生活の中でついつい使ってしまった。
缶詰めも、いつの間にか賞味期限が切れていた…。

2.jpg   3.jpg

家具の転倒防止対策も、どこまですればいいのか?
防災対策をしっかりとやらなきゃいけないのはわかっているが、正直何から始めればいいのかわからない…。

4.jpg


【なぜ防災対策をしていない親が多いのか?】

「私ひとりでどうしたらいいのか…」というヌーさん。

番組収録の朝、家で備蓄している飲料水の賞味期限をチェックしたら、2010年に切れていたというアザレアさんや、「食料品などメンテナンスが必要な対策は1度もしたことがない」というきりんさんからは、共感の声が。

5.jpg   6.jpg


【震災を経験したホゴシャ~ズは?】

スタジオには、大きな震災を経験したホゴシャーズにも来てもらった。
東日本大震災のとき、自宅が2階まで浸水したというピーマンさんと、若い頃、阪神大震災を経験している、れんげさんだ。

2人が口を揃えて言ったのは、水や食料品がなかったのが一番困ったということ。
ピーマンさんは震災での経験から、水と食料品の備蓄だけは、きちんとするようになったという。

7.jpg   8.jpg

「支援物資は避難所に避難した人にしか来ないと思っていた方がいい」(ピーマン)
「お金があっても買えないことも想定されるので、食料の備蓄はあった方がいい」(ピーマン)
「水が止まり本当につらい思いをしたから、いまは衣類を捨ててでも備蓄スペースを確保している」(れんげ)
など、経験者ならではの意見が出た。


【そもそも備蓄はどれだけ必要なの?】

9.jpg

では備蓄品は、家庭でどのくらい用意すればいいのか?
スタジオに、政府が家庭で用意することを推奨している「備蓄品」と「非常持ち出し品」が登場。

10.jpg   11.png

大きな災害時に支援物資が被災地に到着するまでの、およそ3日間を想定した量だ。
でも、広範囲で甚大な被害が予想される南海トラフ地震などの際には、7日分以上用意するのが望ましいとも言われはじめている。

「大地震がいつくるかなんてわからないのに、こんなに用意するのはちょっと…」(きりん)
「でも子どものためにも必要なのでは?」(れんげ)


【防災対策について子どもと話している?】

東日本大震災を経験したピーマンさんは、震災のとき子どもが高台の学校にいたため、幸い津波の被害に遭わなかった。
でも、子どもが学校の外にひとりでいるときに起こっていたらと考えると、今でもぞっとするという。

「みんなそれぞれ高いところに逃げるんだよと教えておかなきゃいけなかったと反省している」(ピーマン)

親だけではなく「子どもの防災意識」は、どう高めていけばいいのだろうか?


【子どもは防災対策についてどう考えている?】

防災対策について、ヌーさんの子どもたちの意識は…?

「お母さんが(防災対策を)やってないからよくわかんない」
「お母さんがゆるい。いつかやるって言っているからダメ」
防災対策は母親がやるものと責められてしまった。

12.jpg

ヌーさんは、いままで防災対策は自分がやらなきゃと一人で抱えこんできた。
でも今回、もう先延ばしにはしないと決意。
家族団らんの時間を狙って、「防災対策を家族みんなでやろう」と提案した。

13.jpg

急遽はじまった家族会議。まず、家の問題点を洗い出し、その上でどんな対策が具体的に必要なのか、話し合うことができた。

14.png   15.jpg

書記係は長女のあおいちゃん(小6)が担当。
2時間の話し合いの内容をノートにまとめてくれた。

16.jpg


【親がきっかけをつくる】

ヌーさんの子どもたちが、がぜんやる気を出してきたことに一同感心。

尾木ママ
「子どもたちは防災意識もっている。でも日常生活のなかでは親に頼ってしまう。
だから、その子どもが防災意識を発揮するきっかけを作ってあげるのが親の仕事」

17.jpg

身に迫る危険を、いかに自分たちのこととして意識を持たせるかがポイントのようだ。


【家族一人一人が意識を持つ】

ヌーさん一家の防災対策がいよいよ始動!
家族会議で決めたことを家族みんなで実行していく。

①備蓄品の買い出し
ホームセンターで、家族4人分の備蓄品や家具の転倒防止対策グッズなどを購入。
家族4人で3日分の水の量が想像以上だったことに、子どもたちはびっくり。

18.jpg   19.jpg

②防災リュックの作成、備蓄品置き場を決める、家具の転倒防止対策
家に戻ったらさっそく、買ってきたものを整理。
「防災リュック」をつくり、子どもでも背負って歩ける重さかチェックした。

20.jpg

飲料水や食料品などの「備蓄品」は、つい日常生活の中で使ってしまわないように、家族で考えた場所に集めて保管することにした。
いざというときの備蓄品がどこにあるかも家族で共有することもできた。

「家具の転倒防止対策」も、子どもたちと一緒にやる。

21.jpg   22.jpg

③避難所の確認
家族会議のとき、場所があやふやだった「避難所」を確認しに行く。
地域で発行されている防災マップを片手に、道中、危険な場所があれば記入していく。

23.jpg

避難所に到着すると、ヌーさんは子どもたちに
「もし家族が離ればなれでも、ここを集合場所にしよう」と提案するが…
長男のあきらくん(小3)が、急に黙って座りこんでしまった。
大地震が来たら、お母さんと会えなくなってしまうかもしれない。
そう考えて怖くなってしまったのだ。

ヌーさんはあきらくんに、「これはいま訓練してるだけだから、イメージしてるだけだから。大丈夫だよ」とやさしく声をかける。
子どもたちに、一人でも災害に立ち向かっていけるチカラを身につけて欲しい。
これもまた必要な成長の過程なのだ。
そう言ってヌーさんは、あたたかいまなざしで子どもたちを見つめていた。

25.jpg   26.jpg

家に戻ってから、ヌーさんにうれしい出来事があった。
あきらくんが、家の中のハザードマップを作りたいと言い出したのだ。
家の中でどこが危険か、自分なりに考えながら色分けした。

27.jpg   28.jpg

自らすすんで防災対策をするという姿勢が、1日だけで持てるようになった。

 ヌーさんのお宅では、お父さんの奮闘もあり、その後もコツコツと防災対策を重ね、「わが家の防災マップ」が、子どもたちの手によって更新され続けているそうだ。


【自分の命は自分で守る】

「子どもが受け止めた感覚を、本当に何かが起こったときに実践してくれるのでは?」(ピーマン)
「自分が思っているよりも子どもは成長しているのかもしれない。その可能性をうちも見てみたい」(アザレア)

尾木ママは、ヌーさんがあきらくんが座り込んでしまったときに、「何やっているの?立ちなさいよ」と言わずに、「怖いの?」と子どもの気持ちにちゃんと寄り添えていたことを評価。

さらに、「子どもが防災意識を持つには、自分の命を大切に思う自己肯定感が必要」だと、防災対策が実は子育ての仕方とも関係していると指摘した。

29.jpg


★尾木ママのポイント

・家庭の防災対策は、子どもと一緒に始めてみよう
・ともに考え行動すれば、子どもに防災意識が芽生える

30.jpg

 

(ディレクターS) 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


page top