2016年8月

2016年08月31日 (水)

8月 <みんなの声>

■息子はダラダラとやる気がなく覇気がありません。勉強は嫌いです。お世辞でもできると言える状態ではありません。

不登校ではありませんが、毎日学校で勉強するのは拷問とでも思っているようで、「学校なんか行きたくない」と言いながら通っています。しかし学校に行けば、1日に1回は手を挙げようという先生の意思には背かず授業に参加して、休み時間はお友だちと遊んでいるようです。

勉強が嫌いなら好きなことで頑張ってもらえればと思いますが、好きなものはゲーム。私が怒りながら、時間のルールを少しはみ出しながらもなんとか守っている感じです。

学校の補習塾に通っていますが「塾にだけ行けば学校に行く必要なんかない」と持論を展開しだす始末で、学校は勉強だけするところではないのだと何度も話していますが、理解してくれません。

反抗期に入り、私と勉強するのを嫌がり、ダラダラ勉強しているのならやらなければいいのに、とさえ思います。宿題をこなすにも非常に時間がかかりますし、もっと自主的に取り組んでほしいのですが、やらされているという気持ちだけが強くて、やろう!という気持ちがないようなのです。

小学生新聞を取っていますが、ほとんど読む気配なし。本も嫌いです。

小さい頃から読み聞かせをして、いろいろなことをやらせてみようとしましたが、本人のやる気がなく、無理強いはよくないと思い本人のやりたいという気持ちを待っていますが、ただでさえダラダラしているのに「早くおじいちゃんになってゆっくりしたい」と言い出す始末で、オリンピックなどを一緒にみては「みんな頑張っているんだよ。あなたもゲーム以外のなんでもいいから好きなことがんばってごらん」と言っていますが、響いていないようです。

成功体験が大事といいますので、夏休みはお風呂掃除を担当させ、本人は頑張ってやっているので褒めちぎっていますが「夏休み終わってからもやってね」と言っても「イヤだ」と言われてしまいました。

どうしたら、興味のあることをみつけ、覇気のある人になれるのでしょうか。
【もも、もも、も(母)/長女/長男】


■HSC(人一倍敏感な子)について特集してほしいです。

発達障害は認知されてきましたが、こちらはまだまだ。当事者自身も周りも知らないので、生きづらい人生を送って苦しんでいることも多々あると思います。
【りんりん(女性))】


■いつも楽しく拝見しています。

先月、乳がんの診断を受けました。子どもたちにはハッキリ話しましたが、どのようなことに気をつけてあげたらいいのか、自分のケアとどう両立させるのか、よくわからずにいます。

親が病気になったときの親子のありようについて、取り上げていただけたら幸いです。
【ネコ(母)/長男・中1/長女・小4】

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


2016年08月05日 (金)

子どもの迷言 どう受け止める? <番組内容>

今回のテーマは「子どもの迷言」。

これまでも多くの子どもたちの声に耳を傾けてきたこの番組、振り返れば数多くの“迷言”がありました。
そこで今回は、そうした迷言のウラにはどのような子どもの思いがあり、親はどう受け止めればいいのか話し合いました。

今回のゲストは俳優・タレントの金子貴俊さん。
2人の子どもの父であり、忙しい中、小学校の保護者会に出席することもあるのだとか。


【金子さんの子ども(小2・男)の迷言】

テレビのロケで金子さんがパスタを作り、子どもに食べてもらったとき「どう、僕のパスタ?」と金子さんが聞いたら・・・
「パスタも長ければ、話も長い!」 とひとこと。一本取られました。

vlcsnap-2016-08-05-11h25m42s866.png


【なでしこさんの息子(当時小3)の迷言】

ある日なでしこさんが帰宅したら、子どもは遊びに出かけていて不在。帰ってきたところで「出かけるときは、誰とどこで遊び、何時に帰る予定かメモを残して」と注意した。
数日後、なでしこさんが帰宅すると、こんなメモが残されていた・・・

vlcsnap-2016-08-05-11h32m55s990.png

・なぜ行き先をちゃんと書いてくれないのか?
ホゴシャーズからは「子どもって遊び始めたら、流れで『次あっちの公園行こうぜ』ってなるから、移動しちゃったときにお母さんが探しに来たらいなくて心配するだろうと思ってそう書いたのでは?」という声が。


【ももさんの息子(当時小4)の迷言】

トランプ遊びが好きなので、ももさんに「トランプしよう!」といつもせがむ。でもトランプを始めるとなかなか終わらせてくれず、ぐったり。ある日とうとう「ドラマを見ているから」とトランプを断ると、突然このひとこと・・・

vlcsnap-2016-08-05-11h47m20s391.png

その後、ことあるごとにこの言葉を浴びせてくるようになったという。

・親がなめられているのではないか?
別のホゴシャーズからも、「うちの子も大人びたことをよく言う。最近のお気に入りは『自業自得』という言葉」という声が。

尾木ママからは「こういう言葉は、親の口ぐせがうつっていることが多い」という指摘が。
ももさんも「たしかに、私は子どもによく『××してください!』って言います」と思い当たる様子。「家の中でも、子どもが見ていると思うと気が抜けないですね」とももさん。


【たけのこさんの娘(小2)の迷言】

ある日帰宅が遅いので「なにをしていたの?」と聞くと、予想外の答えが…

vlcsnap-2016-08-05-12h05m10s668.png   vlcsnap-2016-08-05-12h06m05s909.png

・子ども独特の世界にどうつき合う?
「自分の世界があり過ぎて、同じ年のほかの子とは価値観が違うのかな?みんなと合わせてやってくことができないのではないか?」と心配するたけのこさんに、他のホゴシャーズからは「私の子どもの同級生にそういう“不思議ちゃん”という感じの子がいたけど、高校生くらいになってみると、絵がとてもうまかったり、芸術的センスがあって、こんな風に自然を眺めているとそういうセンスが磨かれるのかな、と感じる」という声が。

金子さんからは「うちの子はなぜか時刻表(それぞれの駅に置いてあるもの)集めにハマっている。なぜだろう?」という疑問が。
尾木ママは「時刻表集めからどんな世界を展開しているのか、聞いてみればいいのに」と指摘。「空想の世界につき合うと、子どもの心の変化とか、どういう感じ方をしているのかということが見えてくる」と語る。
→「子どもはよく空想で物語を作るけど、それは成長していくのにとても大事なこと。お話しを聞いてみるくらいの感じでつき合えばいい」


【カピバラさんの娘(当時小3)の迷言】

夫婦げんかを見られたあと、ふと娘からこんなひとことが・・・

vlcsnap-2016-08-05-12h21m01s949.png

娘の結婚観に悪い影響を与えてしまったのではないかと、カピバラさんはしどろもどろになってしまったという。

・子どもに説明しにくい「おとなの事情」どう伝える?
尾木ママ「やはり子どもにとってはパパとママは仲良くしてほしいもの。親がけんかすると自分の居場所がなくなり、とても辛い思いをする」。
金子さん「1回だけ夫婦げんかをしたことがあるけど、息子から『パパが悪いからパパが謝って』と言われ、ドキッとして謝った」。
尾木ママ「けんかになってしまうことはあるけど、すぐに『今けんかしちゃってゴメンね』って詫びればいい」。

別のホゴシャーズからは「友だちが××買ってもらった…という話の流れで、あそこはいっぱいお金持っている、うちは買ってもらえないから貧乏なのかな?と聞いてきたりするので困った」という声が。
尾木ママ「それは、お金を持っているからというわけではなくて、パパやママにはこういう考えがあるから買わないの、ときちんと切り分けた方がいい」

金子さん「最近テレビで不倫の話題が多いせいか、子どもから『不倫ってなに?』と聞かれて困った」と告白。
尾木ママ「そういうときは『一緒に考えよう』とか『明日までにパパ考えてみるよ』と誠実に答えればいい。逃げてしまうのは一番よくないこと」。
→「困ったことを聞かれたときは、構えてしまうのではなく『どうしてそういうこと聞くの?』と聞いて、誠実に受け止めればいい」


★尾木ママのポイント★

vlcsnap-2016-08-05-12h38m19s209.png
 

(ディレクターH)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:番組内容 | 固定リンク


2016年08月05日 (金)

子どもの迷言 どう受け止める? <みんなの声>

■食事のとき、遊びに夢中になっているので「早くごはん食べなさい!」と言うと、せかせかと食べ始めたので「ゆっくり食べなさい!」と言うと「早くなの!?ゆっくりなの!?ぼく、どうやって食べたらいいの!?」と質問されました。「確かに…」と絶句しました。

【ディクディク(母)/長男・小4】


■社会のテストで…

「厚木市の西の土地は(  )、東の土地は(  )」という質問で、高低差に関する問題でした。

息子の答え…

「厚木市の西の土地は(高く)、東の土地は(安い!)」

テストで土地の値段なんか聞かへんわ~とつっこみました。

■明日一緒に横浜に行こうと言うと、反抗期真っ盛りの息子はノリが悪く、一緒に出かけるのを渋って…

母 「え~一人で行ってもつまんないよ。」

息子「だいじょうぶ。つまるよ。」

だから、つまらないんだってばっ!とつっこみました。

【グミ(母)/長男・中2】


■息子が小さい時、まわりの人から「僕、かわいいね」と言われると、毎回「そう。頑張ってかわいくしているの。」と言っていたので、慌てて否定することに忙しかったです。

【キャリコ(母)/長男・高2/次男・中3】


■小学校2~3年生のころ。

ゲームばかりしている息子に「勉強しなさい!」と言うと「勉強には興味ない。」と言われがっくりしました。

【ライラック(母)/長男23歳/長女・中1】


■ゲームやり過ぎの長男に

「そろそろ終わりにしたら?」

「たいくん、お父さんに似ているからねぇ~。ゲーム好きのお父さんの遺伝だね、きっと。」と言われたこと。

【セントポーリア(母)/長男・小3/長女・年長】


 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54 | カテゴリ:みんなの声 | 固定リンク


page top