2017年02月10日 (金)

晩ごはん 一緒に食べなきゃダメ? <みんなの声>

■子どもと一緒に食事を取る=コミュニケーションの場となっている。

学校から疲れて、不機嫌で帰ってきても、ご飯を食べることで、気持ちが落ち着くようです。

【きのこ(母)/長男・中2/長女・小5/次女・小1】


■大学生の娘が「個食は淋しくて嫌だ」と最近になって言うのです。

彼女が幼い頃は、そういった訴えは全くなく、私は彼女の気持ちに気がつきませんでした。

子どもは、肝心な気持ちこそ隠したりするのだなと、改めて思いました。

今、もう大学生高校生ではありますが、なるだけ一緒に食べて、顔を眺めてあげたいなぁと思います。

【いちじく(母)/長女・大2/長男・高1】


■一緒に食べることで、行儀が悪いところを注意したり好き嫌いをなくすことができる。また、みんなで会話をすることでコミュニケーションをとることができる。学校でのトラブルや困っていることなど、わざわざ言ってくれないが、食事のときの何気ない会話で知ることができるので大切なコミュニケーションの時間だと思った。

【マンゴー(母)/長女・中1/長男・小4】


■私は子どものころ、ずっと一人でご飯を食べていました。だから、結婚して子どもができたときに誰かと一緒にご飯を食べることがこんなに幸せなことかと実感しました。

夫は仕事が忙しく週に1度くらいしか一緒に食卓を囲むことができませんでしたが、私にとっては十分な時間でした。

子どもたちが幼い時は「一人でゆっくりご飯が食べたいな」と思う時もありましたが、幼稚園や学校が休みの日に朝昼晩と3回も一緒にご飯が食べられることが楽しみでした。

長女に食物アレルギーがあり、外食やお惣菜が食べられないので作るしかないという辛さもありますが、一人で食事するよりもずっと幸せです。

そんな子どもたちも今は中高生。部活やバイトなどで食事の時間はバラバラですが、いつ帰ってきてもご飯が食べられるように準備は欠かせません。たまに友だちが遊びに来たりすると一緒にご飯を食べるのも楽しいです。

【クジラ(母)/長男・高3/長女・中2】


 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top