2021年10月30日 (土)

うちの子、消極的?<番組内容>

分かっているのに手を挙げません。チャンスを逃していてもったいない(中1母)
自分の考えを口にできない息子。これからの時代、積極的でないとダメなのでは・・・?(中1父)

子どもの消極的な性格が気になる保護者から多く悩みの声が寄せられた。

81701.jpg



そんな悩める保護者の1人、ウグイスさんを取材した。

ウグイスさんのお悩み】
ウグイスさんの次女(小6)は、昔から読書が大好きで物静かな性格。
最近、そんな娘の学校での様子が気がかりだという。

81702.jpg 81703.jpg

テストでは100点がほとんどだったというのに「手が上がっていない、班の中で話し合いに参加できていない」ことを理由に、通知表では思うような評価をもらえなかった。

どうして手を挙げられないのか、に聞いてみると・・・

81704.jpg

はもうすぐ中学生。
消極的な性格のままでは新しい環境に馴染めないのではないか、とウグイスさんは心配している。

自身も子どもの頃は消極的だったという笑い飯の西田幸治さんは、「気持ちはとても分かる」ウグイスさんの次女に共感。
「答えを分かっていたりもするけど、自分が言わなくても他の人が言ってくれる」と思ってしまい、発言するのをためらってしまうのだという。

81705.jpg


尾木ママは学習指導要領の改訂に伴う、学び方の変化にも注目。

尾木「今の学び方は『主体的・対話的で深い学び』といわれている。受け身ではなくて自分の考えをしっかり身につけていってほしいという願いがあって、グループで議論するような積極的な授業風景に切り替わってきている」と指摘する。

保護者もそうした変化の中で、消極的だと評価されないのではないかと不安になっているのだという。


では、当の子どもたちはどう思っているのか。
周りの大人たちに消極的だと心配されたことがあるという3人に西田さんが話を聞いてみた。

81706.jpg

授業中の挙手を強制されて嫌だった体験や、やりたいことを主張できなくて他の人に譲ってしまった悔しい経験など、思いを率直に語ってくれた子どもたち。

そんな彼らに自分の性格をどう思っているのか、聞いてみると・・・
「5%くらいは変えたい」でも「消極的な性格がダメというのはやめてほしい!」
そんな子どもたちの本音が見えてきた。

81707.jpg 81708.jpg


専門家のアドバイス】
子どもの消極的な一面が気になる場合、保護者はどうすればいいのか。
発達心理学が専門の渡辺弥生さんに聞くと、“保護者は子どもに対する見方を変えるべき”だという。

渡辺さんによると「消極的」と言い過ぎると子どもは自信を失って逆効果。

81709.jpg 81710.jpg

子どもの性格を変えるのではなく、親が意識的に見方を変えることが大切だという。


人の性格は捉え方次第。
消極的な性格も、捉え方をかえれば「じっくり考えている」「人の話をよく聞いている」とみることもできる。

たとえば、ウグイスさんの「お母さんの話をよく聞いて答えている」と聞き上手な一面があると渡辺さんは指摘する。
そこに注目して褒めることで、子どもは自信がついて成長するという。

81711.jpg 81712.jpg

この考え方には西田さんも賛成。
「僕も子どもの頃は、1人でじっくり考えるタイプだった。がっと深く考えるのは、今の僕だとネタを色々考えるときの基礎になっている」

言い方を変えることで、それはその子の売りも強みにもなるという。

81713.jpg


尾木ママのまとめ】
「保護者は、行動に表れる積極的や消極を見るのではなくて、子どもの内面をしっかり掴んでいってそこを伸ばしてあげるという視点が大事」

「うちの子、消極的?」と悩んだときは、親が積極的に子どもの見方を変えてみる。
まずはそこから初めてみませんか?



END

 

 

 

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top