2021年06月26日 (土)

夫婦別姓 子どもはどうなる? <番組内容>

みなさんは選択的夫婦別姓制度についてご存知ですか?

今、この制度の賛否をめぐって大きな議論になっています。
もし夫婦ともに結婚前の名字を選べるようになったら・・・
子どもはどうなるのか?
家族のあり方は変わるのか?


【名字についてはどう?・・・ホゴシャーズの意見】
ミーアキャットさん
「結婚したらお嫁さんになって相手の家に入るのが当たり前と思って過ごしてきた。主人がカッコいい名字だったので、その名字になれるんだとワクワクした」

ヒグマさん
「400年続く石材屋を継ぎ、妻が自分の名字に変えた。家を継ぐのが当たり前とあまり深く考えることはなかった」

など、名字についてそれほど深く考える機会がないという人が多かった。



【結婚と名字にまつわる歴史を振り返ってみると…】
夫婦が同じ名字を名乗ることを初めて法律で定めたのはおよそ120年前のいわゆる明治民法。
「家制度」が規定され、妻は夫の家の名字を名乗ることが決められた。

80801.jpg

戦後、家制度は廃止。
夫か妻のどちらかの名字を名乗る夫婦同姓が定められた。
その後、女性の社会進出にともない、1996年には結婚時に別姓も選べる選択的夫婦別姓制度の法案が準備されたが、伝統的な家族のあり方を壊すのではないかという反対意見もあり、国会への法案の提出が見送られた。

80802.jpg

その後、社会の変化とともに世論も変わってきた。
2017年の調査では、選択的夫婦別姓制度に賛成する意見が42.5%と過去最高となった。

80803.jpg




【知ってる?選択的夫婦別姓制度・・・スタジオ専門家からの解説】

棚村政行さん(早稲田大学法学学術院教授・弁護士 家族法が専門)
・別姓を希望する人は、生まれたときから使ってきた名字も自分のアイデンティティとして捉えていたり、結婚前から続けてきた資格や仕事のキャリアが断絶してしまったりするため、困っている。


実は、ホゴシャーズチャボさんも・・・
「初婚時に妻の名字を名乗ったことがあるが、手続きがものすごく大変だった。こういうのが今まで女性のほうに負担が偏っていたと思うと…」

80804.jpg


棚村政行さん(早稲田大学教授・弁護士 家族法が専門)
・別姓にしなければならない制度と誤解して反対している人もいるが、名字を同じにしたい人は一緒にすればいいし、変えたくない人の自由を認めようというだけ。

80805.jpg

・世界的に見ても、法務省が把握している限りでは夫婦同姓を義務付けている国は日本しかない。


もし選択的夫婦別姓制度が導入されたら・・・
・法改正後1年間はすでに結婚している夫婦も別姓を選べる。(1996年の法改正案の経過規定より)
・子どもは15才になったら名字を変更出来る(現行民法および1996年の法改正案より)


でもやっぱり子どものことが気になるという声も。
そこでホゴシャーズの親子で話し合ってもらった。


【夫婦別姓になったら、子どもはどう思う?】
ユーカリさんは、夫婦別姓を選択できるようになったら、名字を元に戻したいと思っている。
結婚前から続けてきた仕事に支障が出ないよう旧姓を使っているが、2つの名字を使い分けることに違和感を抱いてきた。
長男に思いを伝えてみた・・・

ユーカリさん「ママは自分の名字を選びたいんだよ。自分のままでいたいしさ。ママが元の名字に戻すの、どう思う?」

長男別にいいんじゃない

80806.jpg



一方、人見さんは、結婚した当時、夫の名字を名乗ることに違和感を抱いたという。
もし、今から名字を戻したら子どもたちはどう思うのか。

長男僕たちに関係ないし…

長女「できれば戻さないでほしい。名字が違うと家族がまとまってないって感じがする」

人見さん「自分が結婚するとき、もし名字を選べたらどうする?」

長女「私はずっと今の名字を名乗っていきたい。今の名字にすごく親しみがある」

長男「僕はどっちだっていいよ。こだわりないから」

80807.jpg




【親子の話し合いを受けて…ホゴシャーズの意見】
ミーアキャットさん
「夫の名字に変わることを私はネガティブに捉えたことがない。私の娘も家族がバラバラになった感じがするから嫌だと言っていた」

ヒグマさん
家族の中だと名字で呼ぶことはないので、家庭内ではあまり違和感ないのかな」


イジメを心配するホゴシャーズの意見も出ると…
チャボさん
「娘のクラスに外国籍の方がいて(親と子の)名字が違うけど、仲間はずれになっていない。子どもたちの方がこだわりはない


尾木ママの意見】
夫婦別姓が当たり前になったら、逆にイジメは起きないと思う。

80808.jpg




【今の制度のもとでも夫婦別姓を選んだ家族に聞いてきた…】
内山由香里さんと小池幸夫さんのご夫婦。
内山さんが夫婦別姓を望んだきっかけは、女性が夫の名字に変えるのが当たり前にされてきたことに違和感を感じたことだった。
夫の小池さんは最初のうちは戸惑いを見せたが、2人で話し合いを重ね、理解したという。

小池さん「姓を変えることによって自分自身じゃない存在になっていくのは大変なことだなと」

内山さんは別姓だが、子どもたちは小池の名字にするため、結婚と事実婚を繰り返してきた。
両親の別姓が当たり前
で何不自由なく育った次女の真実さん(大2)は、高校生の時、「夫婦別姓」について調べ映像作品を作った。この制作を通じて、両親の別姓に対する思いを初めて知ったという。
お互いの当たり前を持って理解し合って、ちゃんと話し合っていろいろ決めてきたのが感じられて、いいなぁと思った」

80809.jpg



【専門家棚村政行さんのまとめ】
自分らしく生きられることが大事。
・家族のあり方を法律がどう支えていくのか。実態が変わっているので、それに合わせて使いやすい制度になればいい。


尾木ママのまとめ】
・多様な考えがあって、夫婦が話し合って理解し合っている姿が子どもに与える影響はすごく大きい。
次世代の子どもたちのためにどういう社会を展望して作っていけるのか、話し合うことができたのが良かった。

80810.jpg



 END

 

 

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:30


page top