2018年01月20日 (土)

ママ友とのつきあい方 <番組内容>


今回のテーマは「ママ友とのつきあい方」。

みなさんは、「ママ友」について、どんなイメージを持っていますか?

43001.jpg 43002.jpg


尾木ママのイメージは・・・
 学校の先生は「ママ友」によくないイメージが強いと思う。
 自分が学年主任だったときは、ママ友のボスとボスはクラスを別にした。
 ボス同士が同じクラスになっちゃうと、派閥争いが激化して、学級が崩壊することもある。

世の中でも・・・
 「ママ友いじめ」や「ボスママが怖い」など、ネガティブなイメージもある。

しかし、番組アンケートでは・・・
 「ママ友が必要」と考える保護者が81%
 「ママ友と子育てや自分の悩みを相談する」という声も74%

43003.jpg 43004.jpg


スタジオに来てくれたホゴシャーズは・・・

43022.jpg

●仲のいいママ友10人…夕顔さんのママ友イメージは「戦友」
 ママ友がいなかったら、子育ては乗り越えられなかった。
 一緒に泣いたり、笑ったり。どうするどうする?って一緒に悩んだり。

●仲のいいママ友が20人…ポニーさんのイメージは「助け合える」
 幼稚園の緊急連絡先になってもらったり、子どもを預かってもらったりと、助け合っている。

●仲のいいママ友5人…ハリネズミさんのイメージは「作るのは大変」
 主人が転勤族なので、転勤するたびに一からやり直し…新たにママ友を作るのは大変!
 でも、今までに仲良くなった人の中には、「ママ」という文字がいらず本当に「友」と呼べる人もいる。
 子どもを通じて知り合った「ママ友」というより、「親友」という感じになっている。


そんなママ友がいるホゴシャーズにも
距離感の取り方や、つきあい方が難しいという悩みがある・・・


◆お悩み① ポニーさん

 子どもの人数が4人と多いので、ママ友からの誘いが増えます。
 あまり断り続けると感じが悪いかなと気にしてしまい、すごく疲れてしまいます。

・友だちだったら「予定パンパンだから無理」「もう今月は空いてない、行けない」と言えるが、
 そこまでじゃない関係だと、断ったとき「あの人付きあい悪いな」と思われるのではと気にしてしまう。
・週に3回もランチ&お茶になってしまうと、家計にも響く…
・学生のときだったら断れたが、ママ友が相手だと「関係が悪くなると、子どもに何か影響があるんじゃないか」と考えてしまう。
・子どもがいることによって、やっぱりちょっと大人も対応をしなければいけないと思う。
・「この人にはOKして、でもこっちの人は断っちゃった」と、面倒くさいことを自分の中で振り返って考えたりする。


◆ホゴシャーズの意見
・私は嫌われてもいい。100人いても100人全員と仲良くなれるわけではないから。
・こちらの事情を分かってもらえなかったら、それだけの人。大変だなと分かってくれる人が残る。
・断り方もあるかも…だけど、ランチ断ったぐらいで「あの人って~」とはならないのでは?


◆育児相談室カウンセラー・佐藤めぐみさんの意見
・「嫌われるのが怖い」と感じてしまいがちな人は、心の中でネガティブにストーリーを展開させてしまっているケースがほとんど。
・例えば、挨拶したらスルーされたと感じたとき、「私変なことしたかな?」「昨日の○○が原因だったのかな?」、さらに「ひょっとして私のこと嫌いなのかも」と、どんどんネガティブに展開してしまう。
・こんなときには、逆に話の展開をポジティブに変えていきましょう!例えば「単に考えごとをしていて、声が届いていなかったのかもしれない」「今日はコンタクトをしていなくて、見えていなかったのかもしれない」など。
・意識すればポジティブ思考に変えられます!
・ポニーさんは「断って嫌われたらどうしよう」ではなくて、断ってもあれこれ考えない。
・「できるときに参加すればいい」と自分に主体性を持たせると、楽になります。


◆尾木ママの意見
・自分は自分らしく生きるということを大事に。
・自分に自信を持ったほうがいいと思う。
・無理をしなくても、気が合う人が必ず1人や2人います。


43005.jpg43025.jpg

◆お悩み②ゴリラママさん


 息子がわがままで、乱暴なところがあります。
 迷惑をかけることが多く、引け目を感じてママ友づくりに踏み切れません。


◆ホゴシャーズの意見
・自分も、子どもが相手にケガをさせたり迷惑をかけたことがあるが、ママ友に励まされて乗り越えた。
・迷惑をかけていると思っても、相手にも同じような気持ちがあり、「助け合っている・支え合っている」という関係もある。
・遠慮していたが、自分も頼られたいと思うから、もっとママ友に頼ればいいのかなと思った。
・自分をさらけ出して、飛び込んでいっていいのかも。


◆ホゴシャーズの「ママ友」に持つ意見・イメージ
・一生の友達でいたい。
・身内みたいなもの。子どもが育っても、一生付きあいたい。
・一緒に子どもを育てていくチームのようなものかもしれない。
・メディアでは面白おかしく取り上げることが多いから「実際は違うよ」と言いたかった
・ちょっと怖いなというイメージがあったが、考えすぎずに関係を進めていいのかなと思った。


◆尾木ママのメッセージ
・「ママ友」という言葉にとらわれないで!
・一番大事なのは、自分らしさを失わないということ。
・自然体でいて。全員となかよくしなきゃ!と意気込まないこと。


43021.jpg


END

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top