2017年02月17日 (金)

子どもと向き合う時間がない! <番組内容>

今回のテーマは「子どもと向き合う時間がない!」。
仕事などで忙しい保護者が子どもと向き合う時間をなかなか作れないという悩みを、尾木ママ&ホゴシャーズ6人で語り合った。
舞台は、東京の荒川区立汐入小学校。番組初となる公開収録を行った。

3311.png   3312.png


【ホゴシャーズの悩み】
保険の営業として働くもみじさんは、平日帰宅が夜6~7時頃。着替えもそこそこに夕食の支度を始めるが、その最中にも仕事のメールや電話が来る。なので小学2年生の娘が話しかけて来ても、つい「後でね」。そのせいか、いつも数人で登校していた娘が1人で通学するようになったとき、友達とケンカしたことを隠されてしまった。「どうせママは聞いてくれない」と思っているのではないかと不安…。

3313.jpg

一方チェリーさんも、高校1年生の長女が「親を当てにしていない」という。洗濯、食器洗い、ぞうきんがけ…と常に家事をやり残している気がしてしまい、子どもと向き合うことを後回しにしてきた。そのため、大事な高校受験も本人任せにしてしまい、長女が危うく受験会場に到着できなくなるハメに(その後、無事合格)。そんな親は当てにならないと、長女は文句があっても口にせず自分で何とかしてしまうようになったのではないか、と申し訳なく思っている。

3314.jpg


【尾木ママのアドバイス】

親が子どもの話を耳で「聞く」だけだと、子どもの心は離れてしまう。子どもにとっては機械に向かって話しているのと同じで、こちらに向き合ってくれていると感じられないからだ。大事なのは、心で「聴く」こと。コツは、子どもが話したことの語尾を繰り返すこと。子ども「きょう楽しいことがあったんだよ」、親「楽しいことあったんだ」という具合。もし違ったら、子ども自身が「楽しいんじゃない。きつかったんだよ」と訂正してくる。そしたら「きつかったのね」と再び、語尾を繰り返す。これを続けていると、心と心がキャッチボール出来るようになる。

3315.jpg


【親子間で「向き合う」ことにズレ?】
一方で、チェリーさんの長女に話を聞くと意外なことが判明。「親が自分と向き合ってくれない」という不満を感じたことはないというのだ。理由は「親は、ちょっとした顔色の違いに気がついて声をかけてくれた」からだと言う。
尾木ママは、この違いについて「子どもと向き合う“時間”ではなく“質”が問題」だと指摘する。

3316.jpg   3317.jpg


【向き合い方の“質”を高める工夫】
1.親子で共同作業
夕飯を作りながら娘のピアノ練習を見てあげるようにしているもみじさんに対し、尾木ママは「もっと手を抜いていい」とアドバイス。忙しい親が子どもの世界に行って何かをしてあげるのは大変。そこで親の作業を子どもと一緒にする。たとえば一緒に夕食を作り、その中で親が「きょうはお客さんがたくさん来たよ」と仕事の話を子どもにしてみる。子どもに料理や食器洗いをやらせると「危ない」「食器を割るかも」と心配になるものだが、割ってはいけない食器は先に片付けるなどして、一緒にやってみよう。「子どもはやりたい時だけやって、満足したらやめてしまうもの」、そのくらい楽に構えるのがコツ。

3318.jpg   3319.jpg

2.スポーツで「共視体験」
中学1年生の娘と、週末スポーツセンターでランニングマシンに乗ったりバドミントンをしているカラスウリさん。娘が、小さい頃一緒にお風呂に入った時のようにいろいろな話をしてくれると言う。
しかしさらに良い方法があると尾木ママ。それは外を一緒に走ること。同じ景色を見て感動する「共視体験」を得ることができるからだ。思春期に入った子どもとは<向き合う>とうまくいかないこともあるので、親子で<同じ方向(景色)を見る>ことが重要になる。

33110.jpg   33111.jpg

3.家族のスケジュールをカレンダーで可視化
時期によっては週末もずっと仕事というカシスさんは、自分のスケジュールをカレンダーに書いて、「いついつになったらお出かけしようね」と子どもに伝えるようにしている。子どもにとって「今日パパは遅いんだな」と分かるのはとても良いことと尾木ママ。さらに、ママの欄、子どもの欄と家族全員のスケジュールを共有すればなおよし。

33112.jpg


【今回のまとめ】

33113.jpg

                      (ディレクターS)

投稿者:制作スタッフ | 投稿時間:21:54


page top