Story あらすじ

第11週
あかね荘にようこそ!

6月12日(月)〜6月17日(土)

あかね荘で、みね子(有村架純)の新しい生活が始まった。母が作ってくれたまんじゅうを手に、大家の富(白石加代子)や、ほかの部屋の住人にあいさつに回る。あかね荘の住人は、ちょっと変わった人ばかりだった。クールな雰囲気のオフィスレディー・早苗(シシド・カフカ)。漫画家志望の青年・啓輔(岡山天音)。さらに、みね子の隣の部屋には、あのすてきな感じの大学生・島谷(竹内涼真)が住んでいた。そして、すずふり亭での仕事が始まった。高子(佐藤仁美)からホールの仕事を一つ一つ教わっていたのに、あまりの忙しさに頭が真っ白になってしまうみね子。見かねた秀俊(磯村勇斗)が運ぶのを手伝ってくれるが、申し訳ない気持ちになってしまう。昼の営業が終わると、鈴子(宮本信子)は、みね子と高子、安江(生田智子)にも声をかけて柏木(三宅裕司)が切り盛りする和菓子屋へ。あんみつを食べながら女だけの新人歓迎会が開かれる。それから数日たっても仕事に慣れず落ち込んでしまうみね子。自分の言い方がみね子を怖がらせているのではないかと誤解した省吾(佐々木蔵之介)は、休憩時間にみんなを集め、鈴子も知らなかった若いころの自分の経験を語り始める。

見逃した…と思ったら、NHKオンデマンド(第1回から配信中!)

Special 特集