Special 特集

一覧ページにもどる

向島電機での出来事をおさらいしましょうね。まだまだ間に合いますよ。

東京・墨田区の向島電機で働き、仲間たちとの共同生活でさまざまな経験をしたみね子。
『ひよっこ』第5〜10週をおさらいしておきましょうね。

乙女寮で集団生活スタート!!

向島電機に着いたみね子(有村架純)、時子(佐久間由衣)、澄子(松本穂香)、豊子(藤野涼子)は、寮長の幸子(小島藤子)や優子(八木優希)たちから歓迎を受け、乙女寮での生活が始まります。

コーラスでお出迎え。「ぼくらはみんな生きている〜♪」

工場での仕事は、トランジスタラジオの部品を流れ作業で挿していくこと。不器用なみね子は何度もベルトコンベヤーを止めてしまいますが、仲間たちに支えられ、徐々にミスを減らしていきます。
乙女寮では、時子との言い合いをきっかけに、豊子が少しずつ変わっていきました。

ブーーーーー「4番!」「すみません…」「大丈夫、そのうちできるようになるから。」
「もういいでしょ?かわいぐないよ、素直になりなよ。」「わがりました。時子さんのしゃべったとおりに…します。」
警察官・綿引が乙女寮へ

東京で行方不明になった父・実(沢村一樹)を捜してくれていた茨城出身の警察官・綿引(竜星 涼)。「実を見かけた人に会った」と乙女寮にやってきます。しかし、みね子は「それなら、なぜお父ちゃんは連絡をくれないのか?」と、かえって不安になります。

初めてのお給料日。みね子は、父と母が訪れた赤坂の「すずふり亭」へ足を運び、店主の鈴子や料理長の省吾たちと出会います。

「ようこそ。お母さんからお手紙いただいてたのよ。」「いつ来てくれるのかなぁって楽しみにしていたんだよね。」
時子は初めてのオーディションへ

一方、女優志望の時子は、念願だったテレビのオーディションに。しかし、緊張からうまくいかず、落ちてしまいます。

いってらっしゃい。
  • 「全然ダメだった…」
久しぶりの幼なじみ3人集合!

落ち込む時子を励まそうと、みね子は日本橋の米屋で働く三男を誘って、3人でお出かけ。三男の励ましの言葉で、時子は元気を取り戻します。

「俺の嫁さんになれ!」「神様〜、どうか私を女優にしてください。」
乙女たち、1965年の夏!

上京して4か月。お盆休みも寮に残ることにした乙女寮の仲間たち。幸子の婚約者・雄大(井之脇 海)、綿引と一緒に、海水浴に出かけることに。
しかし、当日は朝からどしゃぶり…夕方前にやっと雨は上がり、みんなは念願の海へ。

「I love you〜yes I do〜♪」

楽しい時間もつかの間、綿引は家庭の事情で茨城に帰ることに。綿引がいなくなると聞いたみね子は「ひょっとして私は恋…してたのでしょうか?」と不思議な感情を抱きます。

「みね子ちゃんのお父さん、東京で探すことができなくなってしまうんだ..」
向島電機、倒産!乙女寮、閉鎖

みね子たちは、ライン長の松下(奥田洋平)から向島電機の倒産と、工場の閉鎖を告げられます。閉鎖までの1か月、残った部品でラジオの生産を続けつつも、それぞれが転職活動を開始。優子は最終日を待たずに故郷・秋田に帰ってしまいます。

  • 「この向島工場は、12月20日をもって、閉鎖いたします。」
  • 「幸子〜」「優子〜」

そして工場閉鎖の日。最後のラジオを作り終えたあと、豊子が突然工場に立てこもり、初めて自分の気持ちをぶつけます。みね子たちの必死の説得の末、豊子は冷静さを取り戻し、工場から出てきます。
機械が運び出され、いよいよ向島電機が最後の日を迎えました。

「いやだ。みんなと一緒に働きてぇ。ここはおらが本当の自分でいられるところなんだ。」「中学出たばっかで、女の子たった一人で親元離れて、初めての職場なんだ。なくなるのが嫌だっていう気持ち、あんただってわかるだろ。」
乙女たち、新たな職場へ

新しい就職先が決まり、乙女たちは次々と寮から出ていきます。

  • 幸子は雄大にプロポーズされ、雄大の工場で一緒に働くことに。

  • 豊子は食品会社、澄子はせっけん工場に再就職。

時子は、銀座の喫茶店で住み込みの仕事をしながら、演技の勉強をする学校に。

そして、みね子は次のステージへ!

「すずふり亭」の店主・鈴子(宮本信子)の提案で、「すずふり亭」のホール係として働くことが決まったみね子。
すぐ裏のアパート「あかね荘」で暮らすことになり、みね子の新たな生活がスタートします。

「君が悪いんじゃないかな。今度から気をつけて。」「うちで働く?裏のアパート、大家さん仲良しで借りられるし。」

[見どころを5分でご紹介]

これまでに放送した1週間ごとの見どころを5分でご紹介する「5分でひよっこ」。あらすじページからご覧ください。

» 第5週「乙女たち、ご安全に!」
» 第6週「響け若人のうた」
» 第7週「椰子(やし)の実たちの夢」
» 第8週「夏の思い出はメロン色」
» 第9週「小さな星の、小さな光」
» 第10週「谷田部みね子ワン、入ります」

Special 特集

more