Special 特集

前田みね子役 有村架純さん インタビュー

連続テレビ小説『ひよっこ』から約2年。『ひよっこ2』で戻って来たヒロイン・前田みね子を演じる有村架純さんに、久しぶりに会ったメンバー のことや今後の『ひよっこ』について、お話をうかがいました。

ヒデさんと一緒に茨城へ

  • Q:『ひよっこ』に帰ってきたなぁという瞬間は?

    茨城にロケに行ったときですね。お父ちゃん(沢村一樹)もお母ちゃん(木村佳乃)もよくしゃべるのでにぎやかですし、笑いが絶えない現場です。それと今回は、初めてヒデさん(磯村勇斗)と一緒に茨城に行くシーンが描かれるんですが、磯村君は「あ、この場所見たことある〜!」って楽しそうにしてましたね(笑)。

ロケは9月末だったんですが、実はその時期、まだ別のドラマの撮影中だったんです。だから、みね子なんですけど、どこか違う人のような感じもあって…(笑)。12月にスタジオで撮影が始まったときも、別のドラマのクランクアップ直後で、監督から「声が違う。早く戻ってきて!」って言われちゃいました(笑)。でもリハーサルのとき、他のキャストの皆さんもちょっとずつ役と違って、お互いに「え?誰ですか?」みたいな感じで(笑)。それぞれ色んな現場を経験されてきたんだなっていうのが垣間(かいま)見えて、おもしろかったですね。

みね子のワクワク度が上がっています

Q:『ひよっこ2』では、どんな変化がありましたか?

やっぱりみね子とヒデさんが結婚してからの生活が描かれていることでしょうか。クランクインのときに「前田みね子役の…」と紹介されて、「そっか、もう谷田部じゃないんだ」と思ったり、いつも結婚指輪をしているとか、分かりやすい変化がありましたね。みね子とヒデさんって本当に初々しくてかわいいんです。距離感的にはそこまで変化はないのですが、みね子のワクワク度は上がっている気がしますし、“これからが楽しい時間”といった感覚です。

それといつも強がりな時子(佐久間由衣)が、『ひよっこ2』では、めずらしく弱気になる場面がありますね。お互いに違う経験を重ねて成長はしているけれど、関係性は変わらなくて、由衣ちゃんと「前にもこんなシチュエーションあったよね」って言いながら一緒のシーンを撮ったこともありましたね。由衣ちゃんとは『ひよっこ』が終わってからも、プライベートで仲良くさせてもらっています。あと、三男(泉澤祐希)やヒデさんとご飯に行くこともありますね。

  • 『ひよっこ』の現場にいると、みね子の性質が自分自身にも影響しているのか、笑いのツボに入ることが多くて、元治さん(やついいちろう)や宗男さん(峯田和伸)のやり取りはお腹が痛くなるくらい笑いますし、時子と三男とのシーンは、なぜか顔を見るだけで笑っちゃう(笑)。乙女寮やあかね荘のメンバーとの楽しい会話も変わらず健在です。

豊子に彼氏が出来てほしい

Q:今後の『ひよっこ』はどうなっていってほしいですか。

みね子には、いつか子どもが生まれて、また新しい幸せも感じてほしいし、これからも日常を大切に生きてほしいなと思いますね。それと、豊子(藤野涼子)に彼氏が出来たらうれしいです(笑)。

『ひよっこ2』は前回のキャストがほぼ総出演しますし、放送4日間の中のどこで誰が出てくるのかを楽しみに見ていただきたいです。大きな山や谷があるわけではないですが、そんな日常の中に大切なセリフがしっかりと出てきます。皆さんにも、小さな気づきや幸せを感じてもらいながら、いっぱい笑っていただきたいですね。

Special 特集