バックナンバー

トップ  バックナンバー  2019年  6月  第351回 物語に魅せられて 更級日記・平安少女の秘密

物語に魅せられて 更級日記・平安少女の秘密

●本放送 令和元年 6月12日(水) 22:30~23:20 総合 全国
●再放送 令和元年 6月25日(火)
15:08~15:58
総合
全国
※放送予定は変更されることがあります。地域によっては放送の有無もあります。当日の新聞・最寄りのNHKのHPなどでご確認下さい。

配役:菅原孝標(すがわらのたかすえ)の娘 役:朝見 心/菅原孝標の娘(少女時代)役:守殿愛生/乳母 役:宮嶋麻衣

エピソード1 わたしは物語が好き!

少女は「物語」にあこがれ、育てられた(ドラマパートより)
平安時代、ひとりの少女が「物語」に魅了され自分も日本文学の歴史に大きな足跡を残した――それは「菅原孝標の娘」。『源氏物語』の感想を記した「最古」の女性ともいわれる彼女は壁に仏様も描いて物語の入手を祈願したり、その文章を丸暗記したり……思春期を「物語オタク女子」として過ごします。
 

エピソード2 平安少女に何が起こったか

菅原孝標の娘は、大人になるとみずからも「物語」を著したという記録が残っています。しかし、自身の『更級日記』ではそうした記述は皆無。そのわけは自分の栄達に物語を「利用した」ことへの後悔があるため、と近年言われています。成人した彼女が苦悩した葛藤に迫ります。
物語作家の経歴を彼女は隠したのか?(ドラマパートより)
 

エピソード3 そして更級日記は生まれた

菅原孝標の娘(石山寺縁起絵巻)と更級日記
日記、とありますが実は『更級日記』は晩年にまとめて書かれたもの。なぜ何十年も前の出来事を記述できたのか?それを支えたのは和歌、そして少女の頃したためた「メモ」があったらしいこと。さらに更級日記を書くことは、菅原孝標の娘が葛藤で負った心の傷を癒やす行為でもあったと考えられています。
 

参考文献

『更級日記全注釈』(福家俊幸 角川学芸出版)
『更級日記の遠近法』(伊藤守幸 新典社)
『日本名筆選 更級日記 藤原定家筆』(二玄社)

Page Top