CATVと防災・減災における連携協定を締結

4月28日、NHK広島拠点放送局は、県内のケーブルテレビ事業者8社で構成する広島県ケーブルテレビ連絡協議会と、地域の防災・減災における連携協定を締結しました。

地域に根ざしたケーブルテレビのネットワークを活かしながら、広島県内で発生する地震・津波・風水害などの非常災害時に、より多くの人の生命、暮らし、財産を守り、安心・安全につながる情報を伝えるため、相互に連携を深めていきます。

▲ ページの先頭へ