ページの本文へ

ひろしまWEB特集

  1. NHK広島
  2. ひろしまWEB特集
  3. 佐藤茉那アナウンサー 「広島で過ごす時間が楽しみ」

佐藤茉那アナウンサー 「広島で過ごす時間が楽しみ」

  • 2024年05月22日

熊本局を経て2024年4月に広島局に着任した佐藤茉那アナウンサー。平日の朝、7時45分からの「おはようちゅうごく」を担当しています。広島で過ごす時間が楽しみだという佐藤アナウンサーをどうぞよろしくお願いします!

▽出身は?

神奈川県横浜市出身です。幼稚園と小学校の途中まで、兵庫県西宮市に住んでいたこともあります。いまでは関西弁が出ることはほとんど無くなりましたが、同僚によると、単語のイントネーションが“関西風”になっているときがあるようです。

西宮市に住んでいたころ

▽どんな子どもでしたか?

自分が得た新しい豆知識を、他の人にも共有したくてたまらない!というおしゃべりな子どもでした。幼稚園にいるとき「きょうは帰り道で、お母さんにこれとこれとこれを話そう!」とワクワクしていた記憶があります(笑)

▽小さいころの夢は?

たくさんの人に感謝される仕事をしたい!という気持ちがありました。はっきりとした夢はなかったですが、小学校低学年ぐらいまでは両親に「お医者さんになりたい!」と言っていたそうです。

▽中高の部活は?

金属の棒を回したり空中に投げたりするバトントワーリング部でした。基本的に外のグラウンドで練習をしていたので、日焼けで真っ黒。砂の上でハードな動きをするので、全身砂だらけになっていました。

▽アナウンサーになりたいと思ったきっかけは?

子どもの頃から、新しい発見などを周りの人に話して、驚きや感動を共有するのが好きでした。情報を扱う「マスコミ」の仕事に就けたらいいなと思い、自らのことばで発信する機会の多いアナウンサーの道に進もうと決めました。

▽早起きのこつは?

おはようちゅうごく担当の日は、4時前に起きます。毎朝目覚ましを20個くらいかけてから寝ています。あとはベッドから手の届かないところに目覚まし時計を置いて、イヤでも立たなければいけない状況を作ります(笑)でも実は、学生時代から、早起きは得意な方だと思います。朝の新聞配達の音で目覚めて、朝ご飯を食べる前に勉強をしはじめていたくらい。とはいえ油断すると寝坊することもあるので気を付けないと…。

ドライブで訪れた大竹市の下瀬美術館

▽至福のひとときは?

平日は、仕事から帰って、家でドラマなどを見ながらゆっくりしているときが至福の時間です。それでつい夜更かししてしまい、次の日後悔するのですが…。休日は、お出かけしてきれいな景色を眺めて、リラックスするのが好きです。

▽広島の印象や好きなところは?

美しい風景がたくさんあり、散歩していて気持ちの良い街だと感じます。あと、美味しい料理を食べられるお店が多い印象です!とてもありがたいですが、このままだと自炊しなくなりそうです…(笑)

村上キャスターとは熊本局時代から大の仲良し!

▽広島のみなさんにひと言!

県内のいろんな場所をめぐり、たくさんの人と出会いたいです。ドライブするのが好きなので、おすすめスポットがあれば、ぜひ教えてください。広島で過ごす時間が楽しみです!これからよろしくお願いします!

ページトップに戻る