ページの本文へ

ひろしまWEB特集

  1. NHK広島
  2. ひろしまWEB特集
  3. いま大注目!子どものマネー教育

いま大注目!子どものマネー教育

ひるまえ子育てプロジェクト ♯12
  • 2023年11月15日

子どもの金銭感覚をどう育む?

森直美

フリーアナウンサーの森直美です。
普段はキャッシュレスでの買い物がほとんどで、まもなく3歳になる娘も私をまねて、おままごと中に電子マネー決済をする始末。お金が見えづらくなってきた昨今、その価値や金銭感覚をどう教えたらいいのか…。
ファイナンシャル・プランナーの住谷一幸さんにお話をうかがいました。

出山知樹アナ ファイナンシャル・プランナー 住谷一幸さん 森直美
 
ファイナンシャルプランナー・住谷さん

2人の子育てに奮闘中!
保険代理店で働くかたわら、子ども向けのマネー教室を開催。
お金の知識や大切さを伝える活動をライフワークにしています。

子どものマネー教育が注目を集める理由

いくつか理由がある中で、やはり電子マネーやネットショッピングなど急速に進むキャッシュレス化で、実際のお金が見えづらく、価値を理解する機会が減っていると、多くの人が感じているそう。
さらに18歳からクレジットカードが作れるようになり、トラブルに巻き込まれるケースが急増していることも背景にあります。

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

大人になってトラブルに巻き込まれないよう、リスク管理という意味で、お金が理解できるようになる3~4歳から、金銭感覚の土台を築いておこうという機運が高まっているんです。

家庭内でのマネー教育 3種のチャンス!

①おかいもの

森直美

家庭には、お金について学べるチャンスが実はたくさんあるそうです。
まずは、「おかいもの」
商品の選択からレジの支払いまで、積極的にお金に触れる経験をさせてあげることで、感覚が育まれるんですって。私も積極的に実践してみたい!

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

単に買い物をするより、効果的なのが「予算内やりくり大作戦!」
例えば、「○○円でカレーの材料を買おう」と伝え、材料を選ばせます。量の違いなどで値段が異なる気づきや、「入れたい具材だけど高い」など、「欲しいもの」と「必要なもの」を区別できるようになります。

②おてつだい

森直美

そして「おてつだい」というのは?

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

お金は、欲しいときにどこからともなくやって来るものでも、無限にあるものでもありません。奉仕や仕事の対価として得られるものだと学ぶには、体感するのがいちばんです。おてつだいをして、その対価としてお金をもらうことで、そのことをを学ぶというのも一つの方法です。

③おこづかい

森直美

「おこづかい」は、何歳ごろからあげたほうがいいですか?

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

子どもにお金の概念ができたら、渡してあげたほうがいいですね。
私の家では4歳から子どもに月に1000円を渡しました。
限られたお金でやりくりする経験、我慢する心、また早いうちから失敗をさせて、学ぶきっかけをたくさん与えるべきだと考えています。

子どもの金銭感覚を惑わす!?親のNG行動

おこづかいは、より実践的にお金について学べるチャンスですが、逆に子どもの金銭感覚を惑わせてしまうこともあるので注意が必要!

森直美

ついつい親がやってしまいがちなNG行動があるそう。いくつか住谷さんに
ポイントをあげてもらいました。私も気をつけないと!

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

おこづかい制でなく、親が何でも買ってしまうと、金銭感覚は身につきません。ポイントは「おこづかいで買うものは何か」というルールを決めること。例えば「お菓子はおこづかいで買う」と決めた場合は、買い物に行ったついでに、親がお菓子を買ってあげるのはNG。

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

「もう、おこづかい全部使っちゃたの?」「こんなの買ったの?もったいない!」などいちいち口出しすると、子どもは萎縮していきます。
お金を貯めるのが目的になるのではなく、バランスよく上手に使えるようになることが大切です。

ファイナンシャルプランナー・住谷さん

ある程度の金額を計画立てて使うにはお年玉の管理も重要。
そこで、ひとつ提案が!
お年玉を使う際に、子どもに、何に使いたいかというプレゼンをしてもらうこと。
お金を使う前にしっかり考える訓練にもなります。

お金の教育は、子どもが将来、豊かな生活を送るために欠かせないことです。
幼少期から金銭感覚の土台を築いて、年齢とともに少しずつ段階を上げて学んでいくことが大切です。


★「ひるまえ直送便」のこれからの放送内容は、ホームページでご確認ください。
https://www.nhk.jp/p/chugoku-hirumae/ts/DKPRN351YZ

★NHKプラスで、1週間の見逃し配信もおこなっています!
https://www.nhk.jp/p/chugoku-hirumae/ts/DKPRN351YZ/plus/

 

子育てのお悩み&「こどものゲンバ」大募集!

子育てを応援する「ひるまえ子育てプロジェクト」では、
子育ての悩みや取り上げてほしいテーマ、子どもたちが集まる「こどものゲンバ」など、
みなさんからの投稿を募集しています。
子育て中のご本人だけでなく周りの方からも大歓迎です。

投稿フォームはこちら → https://forms.nhk.or.jp/q/V04PKI25

 

ページトップに戻る