ページの本文へ

ひろしまWEB特集

  1. NHK広島
  2. ひろしまWEB特集
  3. Nコン2023 広島県コンクール 中学校の部 参加校紹介

Nコン2023 広島県コンクール 中学校の部 参加校紹介

  • 2023年07月18日

    第90回 NHK全国学校音楽コンクール広島県コンクール~中学校・高等学校の部~
    [放送日時]8/26(土)後3:50~(6:00)<総合テレビ/広島県内向け>

    Nコン (NHK全国学校音楽コンクール) 広島県コンクール。8月9日(水)に行われる中学校の部の参加校をご紹介します。

    (以下 受付順)

    安田学園 安田女子中学校

    ▼練習の様子

    「そこであなたに会えたんだ」という歌詞。
    「あなた」ってどんな人?特別な人?
    1人ひとり 思いを巡らせて歌っていました!(取材・井澤泰輝)


    ▼放送

    「そこであなたに会えたんだ」という歌詞。身振り手振りも交えて、感情を込めます。
    「あなたに会えた」喜びをどう表現するか。
    1人ひとり思いを巡らせることで、よりよい合唱を目指します。

    大瀬戸友萌さん(3年)
    「学年だけじゃなくて、パートだったりとか全体でのつながりを意識して協力することを頑張りました」

    以南優佳さん(3年)
    「歌った後にやりきったとか、悔いはなかったって思えるように、みんなで1曲を作り上げていくっていうのを大事にしたいです」

    安芸太田町立加計中学校

    ▼練習の様子

    全員が運動部に所属しています!
    午後1時台に響き渡る歌声。練習は昼休みの15分間のみです。
    短い時間でポイントを絞った練習を心掛けます。(取材・藤井ちなの)


    ▼放送

    午後1時半ごろ、給食を終えた生徒たちが、楽譜を持って集まります。
    昼休みの15分のみ、週3日の練習です。

    教諭
    「ちょっとはっきり。もう1回ここいこう」

     短い時間で、ポイントを絞った練習を心がけます。

    栗栖瞬さん(3年)
    「練習時間が短いので、間違えた所とか、難しい所とかを中心にずっと練習していたら、ほかの所の練習ができなかったりとか、そういう所が難しいです」

    佐々木夕苺さん(3年)
    「歌った後にやりきったっていう達成感が味わえたらいいと思います」

    東広島市立高屋中学校

    ▼練習の様子

    歌うように数を数えながらの “伝統の20種類の筋トレ”。
    高音も低音も響く歌声につながるといいます。
    自宅では、ほかの筋トレもしているそうです!(取材・大川純)


    ▼放送

    練習の冒頭には “伝統の20種類の筋トレ”。腕立て伏せのほかにも、さまざまなメニューをこなします。

    生徒
    「1・2・3…」

    腹筋や体幹などを鍛えます。このトレーニングで、高音も低音も響く歌声につながるといいます。

    竹田桃果さん(3年)
    「私たちの課題が声量なので、声量を鍛えるために、腹筋を鍛えて頑張ろうっていう取り組みです」

    大角息吹さん(3年)
    「去年できなかった全国大会に出場することは部員の思いでもあると思うので、まずは中国大会を突破して、全国大会で悔いなく歌うことです」

    鶴学園 広島なぎさ中学校

    ▼練習の様子

    練習中にタブレット端末を持って歌う生徒たち。
    楽譜を見るだけではなく、アプリで音を確認しながら練習するそうです!(取材・前川萌)


    ▼放送

    教諭と単語1つひとつの発音や表現を確認します。
    「春」ということばにあたたかみを持たせるにはどうしたらいいか。
    息継ぎの場所も考えて、意味通りの音声表現を目指します。

    田村歌音さん(3年)
    「ブレスの位置が変わると、ことばとしておかしく聞こえてしまうので、ブレスは意識しています」

    専名昭宏さん(3年)
    「全国大会に出られるように頑張っていきたいと思っています」

    呉市立安浦中学校

    ▼練習の様子

    ピアノや指揮も生徒が担当。
    教諭が設定したメニューに沿って、生徒が主導して練習します!(取材・田中涼佳)


    ▼放送

    教諭が書いたホワイトボードには、 練習メニューが書かれています。
    これに沿って、生徒自身が練習を進めます。

    生徒①「ここ切った方がいい」
    生徒②「はい!」 

    意見を出し合って、よりよいハーモニーを目指しています。

    伊藤優羽さん(3年)
    「みんなでできることを最大限全部やって、いい結果が残せるように頑張りたいです」

    銭谷圭太さん(3年)
    「みんなと集まって、歌える喜び、思い出が作れたことに感謝していきたいと思います」

    大本瀬奈さん(3年)
    「精いっぱい頑張ります」

    ノートルダム清心中学校

    ▼練習の様子

    歌詞への理解を深めるため、部員全員で歌詞の解釈をディスカッション!
    そんな捉え方もあったか!と、思わず唸ってしまう場面も!(取材・前川萌)


    ▼放送

    パートごとに集まって話しているのは 「歌詞の解釈」。
    ほかの人の意見も参考にしながら、どう歌うか、考えを1つに絞ります。
    こうすることで、歌にまとまりが生まれるといいます。

    大下絢子さん(3年)
    「意見を1つにして、目標に向かって歌っていけるのも、たくさんの人の心を合わせることにつながると思うし、楽しいと思うんですよ」

    井上璃子さん(3年)
    「いろいろ話し合って、1つの正解にたどりつけたので、自分たちの意思が決まって、その歌を歌えるようになったと思います。みんなで頑張って中国大会に行きたいと思っています」

    広島女学院中学校

    ▼練習の様子

    手を使って音程を取るユニークな練習をしていました。
    低音から高音への移動がなめらかになるそうです!(取材・前川萌)


    ▼放送

    練習する生徒たち。 内容は自分たちで決めています。

    小島由稟さん(3年)
    「3年生全員で話し合って、『これやったらいいんじゃない』っていうのをどんどん出し合って、毎回コロコロメニューを変えています」

    練習のポイントはもう1つ。 個別に教諭からアドバイスを受けます。1人ずつ、課題の克服に取り組みます。

    入山結衣さん(3年)
    「直さないといけない所を新しく発見できるので、1人ずつアドバイスを受けることによって、もっと上達して自信にもなるので、いいなと思っています」

    生徒たち
    「目指せ!全国!金賞!」

    広島大学附属中学校

    ▼放送

    天井の高さが特徴の、学校内の施設「情報館」。声が響くことから、演奏会など、発表会の前はここでも練習しています。本番をイメージして音合わせができるといいます。

    下薗理子さん(3年)
    「このメンバーでみんなの前で歌うのはこれが初めてなので、みんなで楽しんで全力を出したいなと思っています」

    志々田美優さん(3年)
    「思いっきり楽しく歌って、観客の人たちに『合唱楽しい』と思っている私たちの気持ちが届くように頑張りたい」

      ページトップに戻る