header

【放送予定】
8月8日(土) 午前10:55〜11:20 〈中国地方向け〉 ※広島県は再放送

番組の紹介・見どころ

昭和初期、戦時下の広島を舞台にしたアニメーション映画「この世界の片隅に」。その映画音楽を担当し、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞するなど、その音楽性が高く評価されるシンガーソングライターが、コトリンゴさんです。
原爆の投下から75年を迎えた今年、映画に込められた“今ある日常の大切さ”や“平和の尊さ”をテーマに、改めてコトリンゴさんの音楽に注目します。
番組では、6月上旬、広島のスタジオと東京都内のコトリンゴさんの自宅をリモートで結びインタビューを収録。コロナ禍にある今の心境や映画音楽の制作エピソード、そして広島への特別な思いを伺いました。さらにこれまでNHK広島が制作した番組から、コトリンゴさんの映画音楽の名演集を、貴重な広島ロケとともに振り返ります。
そして、今回の番組のために、コトリンゴさんにとって初めての試みとなるリモートライブを披露。選んでいただいた歌は、自身のデビュー曲「こんにちは またあした」。何気ない日々の暮らしの豊かさを優しい言葉で歌う、まさに今の時代にぴったりの歌です。コトリンゴさんの柔らかな歌声と美しいピアノの旋律、そして7人の音楽家たちの豪華編成によるスペシャルバージョンの「こんにちは またあした」。ぜひご覧ください。

担当ディレクター 川口誉(NHK広島)

【出演】
コトリンゴ 出山知樹アナウンサー

【VTR出演】
片渕須直(アニメーション監督)

【演奏】
藤堂昌彦(1st violin)、森本安弘(2nd violin)、梶谷裕子(viola)、徳澤青弦(cello)、須藤ヒサシ(acoustic bass)、副田整歩(flute/clarinet)、榎本裕介(trombone)、海上自衛隊呉音楽隊

【楽曲】
「悲しくてやりきれない」「New day」「みぎてのうた」「こんにちは またあした」

▲ ページの先頭へ