あのときを取材中@山陰山陽放送局

きょうは中国地方で何が起きた日?
今につながる“あのとき”をSNSで発信中!

ツイッターアカウントはこちらから

#あのときを取材中@山陰山陽放送局とは

“あのとき”は 今につながっている

 カープ初優勝の瞬間、石見銀山が世界遺産になった日、豪雨災害が襲ったあの夜…。中国地方で起きたさまざまな“あのとき”を取材、SNSで同じ日付につぶやきます。
 新しい証言や資料を掘り起こし、アーカイブス映像もひもときながら、今につながっている“あのとき”の物語をスマホとテレビで再発見。
 “あのとき”を知れば、“当たり前の今”がちょっと違って見えてくるかもしれません。そして、山陰山陽がもっと愛おしくなるかもーー。

“山陰山陽放送局”のメンバーたち(※実在しない架空のキャラクターです)

  • タカスギ
  • ミズキ
  • モウリ
  • ヤクモ

人口が減り、地域コミュニティーが縮小するなか、人々の営みや記憶を次世代へつなぐことが難しくなってきています。そんななか、“あのとき”を取材し、同じ日付で伝えることにより、もう一度、地域を見つめ直すきっかけを作れればと考えました。

誰かにちょっと話したくなるエピソードを掘り起こし、再発見していく伴走者として設定したのが、“山陰山陽放送局”に勤める4人の架空のキャラクターです。年齢も職種も多様なこの4人の目線で、“あのとき”を取材するプロセスを一緒に味わっていただければと思います。

ツイートを作成するのは、中国地方5県のNHK職員 スタッフ。地域の先人たちに思いをはせたり、大切な教訓を受け継いだりしながら、世代と世代をつなぐ会話が生まれたらうれしく思います。

PR動画

動画クリップを見る