2020年07月10日 (金)被爆75年関連番組で松尾剛アナと久しぶりに


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

先日のブログに被爆75年関連番組に

ついてお知らせしました。

「れいわのへいわソング FROM HIROSHIMA」への

Sexy Zoneの出演などをお伝えしたところ、

多くの期待の声をいただきました。

NHK広島にご意見を寄せていただいた方もいました。

ありがとうございました。

解説委員当時、

中島健人くん、マリウスくんと

一緒に広島を訪れる前、

ニュースシブ5時の

「ニュースがわかるようになる検定」

戦争と核兵器について、

セクゾ君たちと学んだことがありました。

確か、3回のシリーズの最後に僕から、

5人に対し、

「みなさんも平和のために歌ってください」

お願いしたところ、

みんな目を輝かせて、

「がんばります」と応じてくれたことがありました。

僕の中では4年たって、

実現することになります。

僕も楽しみにしています。

「れいわのへいわソング FROM HIROSHIMA」

8月6日午後7時30分から

総合テレビで中国地方向けに放送します。

Sexy Zoneのほか、

ハライチSTU48平原綾香

コトリンゴのみなさんなどに

出演いただきます。

 

さて、

「シリーズ被爆75年・平和都市を築いた人々」

放送にあたって、きょう、

松尾剛アナウンサーと打ち合せをしました。

adachi_20200710_01.jpg

シブ5時時代は連日、打ち合わせをしていたので、

何だが懐かしい気分になりました。

このシリーズを担当する、ディレクターなどと一緒に、

1回目に放送する、

「21世紀のヒロシマへ~平和行政を見つめる」

内容を検討しました。

歴代広島市長の取り組みを紹介した番組で、

松尾さんから、「広島市長とは」と問われました。

僕は

「世界の地方政治のリーダーなかでも、『特別な存在』

と答えました。

世界で初めて原子爆弾による

被害を受けた都市のリーダー。

毎年、8月6日原爆の日には

世界に向けて、「平和宣言」を発します。

1945年当時、核兵器保有国は

アメリカ1か国でしたが、

その後、核兵器は拡散し、

ことし1月現在、世界各国は推定で

1万3400個の核弾頭を保有しています。

こうした中で、被爆者・被爆地の思いを

世界に訴える存在が、広島市長です。

番組では歴代市長が広島を、

核廃絶をどのように

訴えてきたのかを問います。

放送は広島県向けに

総合テレビで

7月26日午前7時45分からです。

また、NHK広島放送局では

NHKが過去に制作した

平和関連番組を見ることができる

「平和アーカイブスコーナー」

設置しました。

adachi_20200710_02.jpg

会館3階のハートプラザでご覧いただけます。

NHK広島にお立ち寄りいただき、

過去の番組を見ながら、

平和について、考えていただければと思います。

adachibucyou4.jpgのサムネイル画像

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:16:40


ページの一番上へ▲