2020年01月29日 (水)アメリカ大統領選挙について解説します


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

年が明けてから、まもなく1か月。

広島にとって、ことしは被爆75年

大事な年です。

カープには、去年の雪辱を果たしてもらいたいと思います。

トントンはことしの干支・カープねずみ

興味津々です。

20200129tontonomotya.jpg

 20200129tonton.jpg

 

また、政治の分野では

安倍総理が衆議院の

解散総選挙に踏み切るかどうかも注目です。

 

ことし最初のテーマは

アメリカ大統領選挙です。

来週からアメリカの

二大政党・民主・共和両党の候補者選びが

本格化します。

アメリカ大統領と言えば、

みなさんはどんなイメージでしょうか。

政治的・経済的、そして軍事的に超大国の

アメリカ。

アメリカ国内はもちろん、国際社会に対しても、

絶大な権限を持っています。

NHKの先輩であり、ジャーナリストの

池上彰さんはアメリカ大統領を

「首相」「国王」を兼ねたような存在と

評しています。

各国の首相のように行政権・政治を

執行する権利を持つのと同時に、

国王というのは比喩ですが、

対外的に国を代表する立場も兼ね備えているとしています。

(参考・池上彰「アメリカ」小学館)。

これだけ考えてもすごい権限です。

先の戦争で広島への原子爆弾の投下を

最終的に決めたのも、

当時のアメリカ大統領ですし、

被爆地・広島を訪れた大統領もいます。

 

今回の大統領選挙の特徴は

いくつかありますが、

かなり年齢の高い候補者同士の戦いになりそうです。

共和党の候補者は

現職のトランプ大統領でほぼ決まりです。

一方の民主党はバイデン元副大統領、

サンダース上院議員、ウォーレン上院議員らが

争っています。

トランプ氏は現在、73歳、

民主党側はそれぞれ77歳、78歳、70歳です。

トランプ大統領が当選するまで、

最も高齢で大統領に初当選したのは

レーガン大統領で69歳でした。

誰が当選しても、高齢者の大統領となります。

 

アメリカ政治学を専門とする、

北海道大学の渡辺将人准教授は

11月の本選挙まで続く、

大統領選挙を勝ち抜くには

「玉」「風」「技」の3つが必要だと

指摘しています。

「玉」というのはいい候補を担ぐことができるかどうか。

「風」は時代が求める風、

世論を湧き起こす風を起こすことができるか、

そして「技」とは有効な選挙キャンペーンができるかどうか、

選挙スタッフの力量にもかかっているという意味です。

 

前回4年前・シブ5時で

Sexy Zoneのメンバーと何度か、

大統領選挙について議論しました。

「玉」「風」「技」の話をすると

中島健人くんは、するどく、

「アイドルも少し似ている」と

言ってくれました。

松島聡くんは政党のイメージマスコットが

民主党がロバ、共和党がゾウということに興味を持ち、

佐藤勝利くんはセクゾのイメージは

「クマ」と言うと、中島・松島両くんは

「そうなの」というような感じでした。

懐かしい思い出です。

 

今回はNHK広島、

ラジオ第130日(木)午後5時5分から放送する

「コイらじ」のなかで、

広島のアイドルグループ

SPL∞ASHの高田萌子さんらと、

アメリカ大統領選挙について考えます。

NHKネットラジオ「らじる★らじる」では

地域を広島に合わせていただければ

全国でお聞きいただけます。

ぜひ、お聞きください。

 

adatibutyou.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:15:45


ページの一番上へ▲