2020年12月18日 (金)会食と職場がリスク


今月に入ってからの広島県内の感染者を

居住地別に見てみると、最も多いのが
▽広島市で全体の73%を占めています。
次いで、
▽福山市が66%、
▽東広島市が44%、
▽呉市が35%、
▽府中町が26%、
▽廿日市市が15%などとなっています。

 

感染者が最も多い広島市について
どこで感染したのか推定される場所を見てみると
▽会食が34%、
▽家庭内が23%、
▽職場内が14%、
▽接待を伴う飲食店が11%などとなっています。

会食、接待を伴う飲食店、それに職場が全体の6割を占めていて、
飲食にともないマスクを外す際に注意することや
職場でも「密」にならないよう人との距離を取ったり
飛まつが飛ばないような対策の徹底が必要です。

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:12:33


ページの一番上へ▲