2018年10月19日 (金)「臨時国会が始まります~中国地方にも重要な課題が議論されます」


広島カープ快進撃です。

 

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ。

 

大瀬良投手で始まり、

ジョンソン投手、新井選手、菊池選手らが

大活躍。

 

あと1つで日本シリーズ進出です。

 

NHKではラジオ第一放送

最終戦まで、連日お伝えします

 

 

 

 

こうした中で、僕の専門分野。政治の話ですが、

週明け24日から、臨時国会が始まります。

みなさんは臨時国会って知っていますか。

国会には3つの種類があります。

 

 

1つ目は通常国会

憲法の規定で毎年1月に必ず召集されて、

次年度の予算案などが審議されます。

 

 

2つ目は特別国会

衆議院選挙が行われた後、

国会は新しい総理大臣を決めなければなりません。

そのために新しい国会議員が総理大臣指名選挙を

行うのが特別国会です。

 

 

そして、3つ目が臨時国会です。

緊急な課題に対応するため、政府が召集します。

 

 

今度の臨時国会は中国地方にとっても重要な課題

議論されます。

 

ことし7月の西日本豪雨。

広島県、岡山県を中心に中国地方全体に

大きな被害が出ました。

みなさんのなかにも

被災された方、家族や友人が被害にあわれた方、

まだ避難生活を強いられている方も

いらっしゃるかと思います。

政府はこの国会に西日本豪雨をはじめ、

北海道での地震など一連の災害の復旧・復興に向け、

総額でおよそ9400億円の今年度補正予算案を提出します。

野党側も対策を講じるよう求めていますから、

この国会で成立する見通しです。

 

 

また、臨時国会は内閣改造後、初めての議論の場です。

岡山県選出の山下法相が入閣したほか、

与党幹部にも中国地方選出議員が起用されました。

 

安倍総理は臨時国会に先立ち、来年10月から予定通り、

消費税率を10%に引き上げる方針を決めました。

少子高齢化社会に対応するための社会保障改革や

財政再建のために欠かせないという判断です。

 

しかし、野党には反発が出ています。

増税が景気に悪影響を及ぼす懸念や、

軽減税率に反対する声もあります。

軽減税率とは食料品などを8%に据え置くものです。

例えばコンビニやスーパーなどでハンバーガーを買って、

持ち帰れば税率8%ですが、イートインコーナーなどで食べれば

基本的に外食とみなされて10%となります。

これが混乱を呼ぶという議論です。

 

さらに憲法改正問題、外国人材の受け入れ拡大などを柱とした、

出入国管理法の改正案なども焦点です。

こうした臨時国会での議論について、

 

 

あす20日7時40分から、

ラジオ第一「おはよう中国」

詳しく解説します。

 

ぜひ、お聴きください。

 

 

 

adatibutyou.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:10:37


ページの一番上へ▲