2021年02月26日 (金)三次市吉舎町!


こんにちは、水野貴絵です。

今回は吉舎町に行ってきました。

210225_m01.jpg


「ユキワリイチゲ」という花が咲く場所。

実際に見るのははじめてで、

ワクワクしていました。

 

地区のコミュニティセンターの館長、

平末正巳(ひらすえ・まさみ)さん案内してもらい

ユキワリイチゲの自生地に案内してもらいました。

210225_m02.jpg

到着して見てみると、

 

「あれ??」

210225_m03.jpg

開いていない!!!

 

光にとても敏感な花で、

日が照り始めると花を開き、

夕方、夜になると閉じてしまうそう。

このときはまだ朝10時頃だったので閉じていたのです。

「あと1時間くらいするとだんだん開いてくるよ~」

ということ。

皆さんとお話をしながら待つことに・・・。

 

15年ほど前からこの地区の野草を管理してきた

福場建二(ふくば・けんじ)さん

ユキワリイチゲのことについて聞いていると、

あっという間に時間がたちました。

210225_m04.jpg長い時間お付き合いいただいて

ありがとうございました。

 

そして見てみると・・・。

210225_m05.jpg

開いていました~~~!

わ~!かわいらしいなぁ。

 

福場さんも平末さんも、花を見に来た方たちに、

花について少し説明をしたり、

雑談をして笑い合ったり・・・。

花にもですが、

お二人の温かい雰囲気にも癒やされました。

210225_m06.jpg

 

 

次に平末さんに紹介していただいたのは

進藤茂利(しんとう・しげとし)さん

210225_m07.jpgというのも、気づきましたか?

ユキワリイチゲの幟の横に、

くるくると回っていた風車あったこと。

210225_m08.jpg花が開くまでの待ち時間にお聞きしたところ、

風車の設置や修理を行っているという

進藤さんのことを教えていただきました。

進藤さん、とても活気にあふれる方で、

挨拶させていただいた時から

なんだか私まで元気になっていきました。

風車が飛ばされないよう、

試行錯誤を繰り返しているんだそう。

210225_m09.jpgそれが楽しいんですって!

目が輝いていました。

 

つぼみが開くのが毎日楽しみなユキワリイチゲ

風を感じさせてくれるキラキラとまわる風車

210225_m10.jpgそれを守る方たちや

盛り上げていく方たちに出会えたロケでした。

 

みなさん本当にありがとうございました。

投稿者:みっけ!リポーター | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲