2020年11月19日 (木)広島テレビとNHK広島コラボ第5弾は『被爆75年あの日の記憶を伝える』」


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

第71回NHK紅白歌合戦の

出場歌手が発表されましたが、

Sexy Zoneの名前はありませんでした。

「れいわのへいわソング」に出演し、

NHK広島の番組にも協力いただきましたので、

中国地方のセクラバのみなさんの

期待は大きかったと思います。

松島聡くんも戻り、勢いに乗っていただけに、

残念な声も強くあると思います。

ada_201119_03.jpg

セクラバ犬・トントンも

少しばかり元気がありません。

ada_201119_01.jpg

しかしこれから1年は

グループ結成10周年イヤーに入ります。

来年の紅白には

5人で元気に復帰して欲しいと願っています。

 こうした中で、20日の午後6時からBSプレミアムでは、

ザ少年倶楽部プレミアム おかえり松島聡!SexyZone×キスマイ」が

放送されるようです。

僕も、元気になった松島くんと、セクゾくんたちを

テレビで応援したいと思います。

ぜひ、ご覧ください。

 

さて、広島テレビNHK広島のコラボ番組が

今月30日に放送されることが決まりました。

今回のテーマは

「被爆75年 あの日の記憶を伝える」です。

内容はいま、詰めている段階ですが、

広島テレビ馬場のぶえアナウンサーと、

NHK広島松尾剛アナウンサー

一緒に広島市内の被爆建物を訪れます。

原爆ドーム旧陸軍被服支廠をはじめ、

広島市には被爆した建物がいくつも残っています。


ada_201119_02.jpg

こうした建物が、いつ、何のために建てられ、

そこにどのような営みがあったのかを

紹介し、その建物が語り伝える

ヒロシマを考えていきます。

また、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大によって、

被爆者の証言活動にも影響が出ています。

被爆者の多くは高齢や健康上の問題がありながらも、

若い人たちに被爆の体験や、当時の状況を伝えたいと願って、

活動を続けています。

広島にいる僕たちに何ができるか、

番組のなかでしっかり考えていきたいと思います。

ada_201119_05.jpg


一方、核軍縮が期待通りに進まない中で、

核兵器禁止条約が発効し、

条約をめぐる国内外の議論も活発になっています。

ヒロシマの声をどのように世界に広げていくのか。

民間放送の広島テレビ

公共放送NHKの立場は違えども、

世界で最初に原子爆弾が

投下された被爆地・広島にある放送局として、

改めて、その意義を考える番組にしたいと、

スタッフ一同、張り切っています。

 

今月30日総合テレビ

広島県内向けに17時台と18時台

2回にわたって、放送します。

広島テレビとNHK広島のコラボ放送は

これで5回目となります。

僕も広島テレビのピッピくんと

ずいぶん仲良くなりました。

ada_201119_04.jpg

ぜひ、ご覧ください。

adachibucyou4.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:17:00


ページの一番上へ▲