2020年08月07日 (金)被爆75年関連番組 9日はセクゾ君に、森滝市郎さん、世代を超えて平和を考えたい


 NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

被爆75年の原爆の日。

きのうの広島平和記念式典には

コロナ禍にあっても、

政治リーダーが集まりました。

hbk080606.jpg

広島市の松井市長は

平和宣言で核兵器禁止条約について、

核兵器不拡散条約と並んで、

核兵器の廃絶に不可欠な条約と

位置付け、日本政府に対し、

条約への参加を求めました。

また、広島県の湯崎知事は

核抑止力による平和を

虚構と述べたことが印象的でした。

一方、安倍総理大臣は

「立場の異なる国々の橋渡しに努め、

各国の対話や行動を粘り強く促すことによって、

核兵器のない世界の実現に向けた

国際社会の取り組みをリードしていく」

と述べました。

「核兵器廃絶」

という言葉は同じでも、

国政の指導者と

被爆自治体のリーダーでは

そこに至る過程の違い、

それ以上に政治的立場の違いを

改めて感じました。

hbk080605.jpg

 

 

 中国地方では昨夜、

NHK広島・被爆75年関連番組、

「れいわのへいわソングFROM HIROSHIMA」

が放送されました

Sexy Zoneの中島健人くんとマリウスくんが4年前、

「シブ5時」で広島を訪れた場面が流れました。

楽屋では佐藤勝利くん、菊池風磨くんも一緒に、

原爆資料館の話になり、

3歳の男の子が乗ったまま被爆した三輪車の話などをしながら、

鶴を折っていました。

セクゾ君たちの曲「MELODY」

僕は今回初めて、聞いたのですが、

「今覚えたばかりの歌

メロディが君と僕を繋いでる」

という部分です。

きのうの平和宣言で核兵器廃絶に向けた、

市民社会の「連帯」の重要性が語られていただけに

平和を考える番組に

ふさわしい曲だったと喜んでいます。

セクラバ・トントンも大喜びだったと思います。

adachi08061.jpg

また、最後はHIPPYさんの曲

『日々のハーモニー』

をみんなで大合唱。

セクゾ君たちも、リモートで参加。

平和を訴えました。

今回、松島聡くんがいないことは残念ですが、

近い将来、広島を再訪して欲しいと思います。

全国放送は長崎原爆の日の

9日総合テレビ午後3時5分からです。

全国のみなさんに広島、

そして平和を考えるきっかけになればと願っています。

adachi08062.jpg

 同じ9日の広島県向けですが、

総合テレビで午前7時45分から

「ヒロシマの心 忘るまじ~森滝市郎の日記から~」

をアーカイブス編成し、放送します。

みなさんは森滝市郎さんを知っていますか。

被爆者であり、哲学者。

原水爆禁止運動のリーダーです。

アメリカや旧ソ連などが核実験を行うと、

森滝さんは慰霊碑の前にありました。

抗議の意味を込めて、座り込み、

その数は470回を超えます。

一方、戦時中、

広島高等師範学校の教師時代に工場に教え子を動員、

一緒に被爆したことについて、生前、

強い後悔の念を語っています。

原水禁運動は国内外の政治状況にも翻弄されて、

統一と分裂を繰り返しました。

この番組は森滝さんが1994年に

亡くなった直後に制作され、

ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎さんらが、

その歩みを振り返っています。

今回、松尾剛アナウンサーと僕で

新たにスタジオ部分を収録しました。

森滝さんの歩みを振り返ることで、

戦後、ヒロシマ、平和運動の歩みを考える試みです。

さらに終戦の日15日には

「らじらー!サタデーIN広島」です。

MCはHey! Say! JUMP八乙女光さんと伊野尾慧さん。

広島の若いリスナーと平和について語り合います。

実は僕は解説委員時代、

2人と一緒に「らじらー」に出演したり、

セクゾ君たちにメールを

読んでもらったりしたことがあります。

ちょっぴり自慢です。

このようにNHK広島の被爆75年関連番組はまだまだ続きます。  

adachibucyou4.jpgのサムネイル画像

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:11:00


ページの一番上へ▲