2020年08月03日 (月)「被爆75年『土門拳のヒロシマを探して』。ナレーションは山田裕貴さん」


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

先日のブログで

「れいわのへいわソングFROM HIROSHIMA」

の制作にあたって、セクゾ君たちと久しぶりに

再会したことを報告したところ、

セクラバのみなさんからは、

SNSで自分のことのように

喜んでくださる声をたくさんいただきました。

松島聡くんに会えなかったことは残念でしたが、

人気アイドルに成長した彼らが

全く変わらずにいてくれたことは

うれしい限りでした。

中島健人くんが

トイプードルのボニータ君

を可愛がっているのは知っていましたが、

佐藤勝利くんのダックスフントの話も

ほほえましく感じました。

我が家のトントンセクラバの一員として、

仲間に入れていただきたいと思います。

200803adachi03.jpg200803adachi01.jpg

すでに番組のPR動画がHPに上がっています。

STU48のみなさんや平原綾香さん、

コトリンゴさんらの場面もあります。

ご覧になっている方も多いと思いますが、

みなさんも覗いてみていただけたらと思います。

https://www4.nhk.or.jp/P2063/

「れいわのへいわソング」の放送は

▼中国地方向けの放送は8月6日の総合テレビで午後7時30分から、

▼全国放送は総合テレビで9日午後3時5分からです。
さて、被爆75年関連番組の1つ、

土門拳のヒロシマを探して 

  戦後75年を生きた人たち

のナレーションに俳優の山田裕貴さんが決まりました。

山田さんはNHKの連続テレビ小説「なつぞら」

で和菓子屋さんの長男・小畑雪次郎

演じていただきました。

父親は広島カープの山田コーチです。

山田さんにはゆかりある、

広島の番組でナレーションを

つとめていただきます。

みなさんは土門拳さんをご存知でしょうか。

昭和の写真家で、

昭和33年に写真集「ヒロシマ」を刊行しています。

土門さんは戦後10年以上たって、

広島を訪れた時、

次のような言葉を残しています。

「僕などは『ヒロシマ』を忘れていた。

忘れていたというより、

何も知っていなかったのだ。

今日もなお、ヒロシマは生きていた」


NHK広島では土門さんが撮った人々を

およそ半世紀ぶりに再訪しました。

番組では、ヒロシマ、

被爆者たちの戦後の歩みを取材し、

75年たった、いまの広島を、

山田さんのナレーションで

考えていきたいと思います。

この番組は

中国地方向けに総合テレビ8月6日午後8時15分からです。

NHK広島では8月6日の

原爆の日の平和記念式典を午前8時から、

総合テレビラジオ第1

全国に向けて放送します。

200803adachi02.jpg

テレビは出山知樹アナウンサー

ラジオは土方康アナウンサーの担当です。

原爆取材を、長年続けている、

2人のアナウンサーです。

こうした番組を通じて、

全国のみなさんに被爆75年の広島を

考えて欲しいと思います。

被爆75年関連番組の紹介はまだまだ続きます。

adachibucyou4.jpgのサムネイル画像

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:11:30


ページの一番上へ▲