2020年07月08日 (水)NHK広島・被爆75年関連番組を発表しました


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

きょう、広島放送局で記者会見し、

ことし被爆75年関連番組の概要を発表しました。

このうち、若い世代に

被爆の記憶を継承するために制作する

「れいわのへいわソング from HIROSHIMA

になんとSexy Zoneの出演が決まりました。

このブログで何度も紹介していますが、

中島健人くんとマリウス葉くんはシブ5時で

広島を訪れたことがあります。

2人は原爆資料館で被爆者の佐々木禎子さんが

原爆症に苦しみながら、千羽鶴を折り続けたものの、

亡くなった話に胸を打たれていました。

その後、禎子さんの死をきっかけに建立された、

「原爆の子の像」を一緒に訪れました。

番組ではメンバーの平和への思いを語ってもらい、

パフォーマンスにつなげてもらえるものと

期待しています。

「れいわのへいわソング」はハライチやSTU48などの

みなさんにも出演いただきます。

総合テレビで8月6日午後7時30分から、

中国地方向けに放送します。

ことしの8月6日は被爆75年という節目の年です。

加えて、3つの特別な意味があります。

1つは1945年の被爆当時、

広島には「今後75年は草木も生えない」

と言われました。

美しい都市に生まれ変った広島ですが、

多くの被爆建物が現存し、

当時の惨状を訴え続けています。

200708a01.jpg

200708a02.jpg

NHK広島ではこうした

被爆建物を8Kカメラで撮影し、

「語りだす被爆建物」と題し、

8月1日から8日かけて、

総合テレビやBS8Kで全国に向けて放送します。

2つ目は被爆者の平均年齢が83歳を超えました。

「被爆者なき、ヒロシマ」をどのように伝えていくのか、

若い人たちに対し、

考えるきっかけを作りたいと考えています。

▼8月6日の「れいわのへいわソング」

Sexy Zoneに出演いただくほか、

▼8月15日にはラジオ第1午後8時から、

全国放送「らじらー!サタデーIn広島」を放送します。

Hey!Say!JUMPの八乙女光さん、伊野尾慧さんをMCに

「若者が語る戦争」がテーマです。

3つ目です。

ことし2020年は世界平和都市首長会議が

「地球上のすべての核兵器を解体し、

核の恐怖から解放された平和な世界を目指す」

とした年です。

残念ながら、それは実現していません。

これまで多くの被爆者や市民、

行政当局が原水爆禁止、被爆者援護、

被爆体験の継承のために取り組んできました。

NHK広島にはそれを扱った、

多くの番組があります。

それを集中編成します。

広島県内向けの放送になりますが、

7月26日午前7時45分からは

「21世紀のヒロシマへ~平和行政を見つめる」

8月2日午前7時45分からは

「ドームと生きた男・原爆一号・吉川清」

9日午前7時45分からは

「ヒロシマの心忘れまじ~森滝市郎の日記から」

を編成します。

第1回と第3回の放送では僕も出演します。

キャスターは松尾剛アナウンサー。

シブ5時以来、2年ぶりにコンビを組んで、

広島の戦後を考えたいと思っています。

被爆75年関連番組の情報はまだまだ続きます。

このブログでも随時、お伝えしていきますので、

また覗いてみてください。

adachibucyou4.jpgのサムネイル画像

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:18:00


ページの一番上へ▲