2020年06月19日 (金)緊急特番 河井前法相夫妻逮捕の波紋を放送します


NHK広島放送局放送部長の安達宜正です。

きのう衝撃のニュースが駆け巡りました。

広島県選出の2人の国会議員、

河井克行衆議院議員と妻の案里参議院議員が

公職選挙法違反の買収容疑で逮捕されました。

adachi20061901.jpg

 adachi20061902.jpg

克行議員は司法行政を司る、法務大臣の経験者。

中央政界への影響はもちろんですが、

検察当局は広島県議など、

県内の地方議員にも現金を配ったとみています。

今後、広島県政に与える影響も

はかり知れないものになるかもしれません。

 

事件の舞台となった、

去年7月の参議院選挙広島選挙区は定員が2人。

自民党現職、溝手さんと野党3党が推す現職、

森本さんに案里候補らが挑む形でした。

僕の取材実感は広島選挙区、

まさに、中選挙区時代の選挙と感じました。

現在、衆議院は小選挙区比例代表並立制です。

小選挙区では定員1人のため、各党は候補者1人を擁立。

基本的に政党と政党の戦いになります。

しかし、参議院広島選挙区のように

定員が2人以上の選挙区には、1つの政党、

主に与党の自民党から複数の候補が

立候補する場合があります。

そうなると、

自民党の派閥やグループが別々の候補を支援し、

野党候補との戦いというよりも、支持層の重なる、

保守票の奪いあいとなります。

平成はじめの選挙制度改革の議論では

それが「政治とカネ」をめぐる問題の温床になる

という指摘がありました。

もちろん、中選挙区でも買収などは問題外ですし、

小選挙区制は民意を正確に反映しない

などといった指摘や批判があります。

選挙制度にはそれぞれに長短があり、

ここで議論の深入りはさけますが、

去年の参議院広島選挙区は

同一政党から複数の候補が立候補し、

競い合う選挙戦を

久しぶりに見た印象を持ちました。

NHK広島では今夜19日午後7時30分からと

20日午前7時30分から総合テレビのラウンドちゅうごくで、

中国地方向けに

「緊急特番 河井前法相夫妻逮捕の波紋」

をお伝えします。

kawaihusai.jpg

この事件に関連しては、

河井案里議員の公設秘書が

運動員に規定を超える報酬を支払ったとして、

有罪判決を受けています。

政治家と秘書の関係について、

かつてSexy Zoneの中島健人くんや

松島聡くんと議論したことがあります。

僕が「役割分担でパートナー。

秘書は政治家の黒子となって、

その政治家を一所懸命支えている」

などと説明すると、中島くんが、

「アイドルとマネージャーに似ている」

と指摘してくれたことがありました。

河井夫妻とその秘書の関係が

そのような関係だったかわかりませんが、

今回の事件で改めて、

注目を浴びた政治家と秘書の関係について、

22日17時から、ラジオ第一の「ひろしまコイらじ」で、

僕が解説します。

NHKのネットラジオ、

「らじる★らじる」では地域を広島にあわせていただければ、

全国でお聞きいただけます。

こちらもぜひ、お聞きください。

adachibucyou4.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:15:00


ページの一番上へ▲