2020年11月30日 (月)若鯉シリーズ③大盛穂選手


カープ担当の松山です。

今シーズン飛躍を遂げた

若手選手を紹介するシリーズ、

最後の3回目は

育成出身から這い上がってきた

2年目の外野手

大盛穂選手です。

oomoriface.jpg

 

大盛選手は

1軍の試合に出場できない

育成選手からはい上がり、

昨シーズンのオフに支配下登録。

 

そしてことし7月に1軍に初昇格し、

層の厚い1軍の外野の一角に食い込みました。

持ち味はなんといっても俊足。

プロ初ヒットは足を生かした内野安打、

さらに9月19日のヤクルト戦では

タイムリー内野安打で

決勝点をもぎ取りました。

 

2軍では体験できないので、

大勢のファンの方に

囲まれてプレーすることは

本当にうれしい。

走塁にこだわってきたので、

1軍の舞台で

いい走塁や盗塁ができていることは

本当にいいことだと思っている

 

大盛選手は

平成31年に静岡産業大学から

育成ドラフト1位でプロ入り。

高校・大学とも

全国レベルでの実績はなく

注目を集める存在ではありませんでした。

そんな大盛選手に目を付けたのが

カープの松本有史スカウト。

これまで菊池涼介選手の守備や

西川龍馬選手のバットコントロールなど、

一芸に秀でた選手を見いだし、

獲得にこぎ着けてきました。

松本スカウトは、当時、

他の球団からの調査はなく

社会人野球からも声がかかっていなかった

大盛選手の足の速さに

目が止まったといいます。

 【松本スカウト】

2年生のときに

別のピッチャーの子を見に

静岡産業大学に行きまして、

そうしたらセンターで

足が速くて肩強いのがいるなと思って。

年々、また力つけているなと思い

4年生のときは

『もしかして指名したら

おもしろいんじゃないかな』

という感じでした。

他球団の調査がなかったのが

分かっていたので

育成ドラフトで指名しましたが、

支配下にはすぐ上がれると

思っていました。

 

1年目の背番号は

育成選手がつける3桁の「124」

この3桁の背番号に

悔しさを感じながら

努力を続け支配下登録をつかみました。

 

入団できたら立場は変わらないと

言われますけど、

やっぱり自分のなかでは

『背番号2桁』と『3桁』

という壁があった。

本当に悔しい気持ちを持って、

絶対に支配下になるという

気持ちで毎日取り組んでいました

 

ちなみに

松本スカウトは気にかけて

入団後も連絡を取っているということで、

松本スカウト流の激励も。

【松本スカウト】

名前が『大盛』だけど、

ご飯食べるのは

本当に『小盛』しか食べないので、

komori.jpg

『ギャグみたいな名前なのだから、

名前と同じくらい飯を食え』って

いつも言っています。

本人はゆっくりでもいいから

しっかり食べるように、

努力している最中。

まだ線が細いですけど、

体が大きくなってきたら、

もっと打てるようになると思う

 oomori.jpg

そんな大盛選手が

入団前から対戦したい

ピッチャーとしてあげていたのが、

巨人のエース、菅野智之投手。

9月29日の巨人戦では、

開幕から11連勝中だった

菅野投手と対戦し、

第1打席で「自信になった」と

スリーベースヒットを打ちました。

しかし、

そのあとの2打席は連続三振。

球界を代表するエースを前に、

大きな力の差を感じました。

 

すごいです。

ピンチの場面だと人が違うというか、

ギアチェンジがあった。

本当にそういうのがあるのだなと

身をもって体験しました

 oomorirenshuu.jpg

大盛選手の課題は三振の多さで、

低めの変化球に手を出してしまうこと。

粘り強いバッティングを

身につけるため、

変化球を中心に

広角に打ち分けることを

意識して練習に取り組んでいます。

 

練習の中では追い込まれてから

粘り強くというのを意識している。

練習で『何かないかな』と思いながら、

毎日取り組んでいます

 

競争の激しいカープの外野争い。

その中で今シーズン

貴重な経験を積んだ大盛選手。

さらなるレベルアップを遂げ、

1軍定着、

そしてレギュラー獲得を目指します。

 

3割はバッターとして残したいし、

盗塁も2桁はしなければいけない立場。

自分は上を目指してやるだけ。

支配下になっても

育成から上がってきたというのは

消えないので、

ハングリー精神を持ちながら

レギュラーを取るくらいの気持ちで

取り組んでいきたい

 oomoriface.jpg

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:17:00


ページの一番上へ▲

新着記事

カテゴリー

カレンダー

2021年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

RSS