2017年07月04日 (火)ドラマ「ふたりのキャンバス」ロケ日誌・5月13日(土)1日目


●ドラマの題材になっている「原爆の絵」の取り組みが行われている

広島市立基町高校から撮影開始。

学校内各所で撮影をさせていただき、

大勢の生徒さんが、エキストラ出演でも協力してくれました。

 

 

v1-school01.JPG

 

 

●実際に「原爆の絵」が描かれている油絵教室での撮影。

イーゼルや椅子、画材や参考資料など、ほぼそのまま使わせてもらっています。

油絵の具の汚れや、散らかり具合は、再現できないリアリティがあって、

素晴らしいです。


v1-school02-resize.jpg

03.JPG


 

●主人公、里保(小芝風花)が先生に呼び出された場面。

美術教官室には色々と変わったモノがあります。

奇妙なお面や、水牛の角なんかも・・・

美術のモチーフにするために集めてあるモノをたくさんお借りしました。

教官室のシーンを注意して見てみると、不思議なモノがあちこちにありますよ。


v1-school04.JPG v1-school05.JPG

 

●物語の発端となる場面。

里保が、憧れのクラスメイトである奏美(中村ゆりか)と初めて会話をします。

小芝さんと中村さんも初めて一緒に演じたシーンで、

互いの距離感を探りながらのお芝居がドラマの設定と重なって、

リアルな感じになっています。


v1-school06.JPG

 

「ヒロシマ8.6ドラマ ふたりのキャンバス」ホームページへ

投稿者:☆更新スタッフ | 投稿時間:14:00


ページの一番上へ▲